にいがた就職応援団ナビ2023 -インターンシップ情報サイト-三條信用組合

にいがた就職応援団ナビ2023

応援団ルポ

顧客との距離がぐっと近い!“地域密着”がキーワードの金融機関

真のコミュニティーバンク「三條信用組合」の仕事をルポ!

「三條しんくみ」の愛称でお馴染みの三條信用組合は、三条市を中心とした小さなエリアに7店舗を展開し、近く深く顧客と関わる金融機関。「地域密着」をキーワードに地元の人々や企業をサポートし、さらに地元の夏祭りでは民謡流しに参加したり、小学校のサッカー大会を後援したりと、様々な場面で地域に貢献しています。

そもそも信用組合とはどのような組織なのでしょう。
銀行との違いって? 職員さんたちの仕事とは? さっそく、職場に潜入して聞いてみました!

人事担当

羽賀さん

「職員は60数名。一人ひとりの顔と名前が一致する、和やかでアットホームな職場です!」

まずは「信用組合」を知ってみよう!

ところで金融機関と一口に言っても、その呼び名も持ち味も様々。
案内役の羽賀さんに聞きました。そもそも信用組合と銀行の違いって何でしょう?

例えば、株式会社ゆえに利益を株主に配当することを目的としているのが銀行だとしたら、信用組合が第一に考えるのは組合員の利益。相互扶助を目的とした非営利組織であることが特徴なんですよ」。

また名称も目的も似ている信用金庫より、さらに深く地域に根ざし、組合員を手厚くサポートするのが「三條しんくみ」のような信用組合。本当に困っている方々に寄り添い、ともに考え、プロとして最良の提案をする。このようにセーフティーネットとしての役割を果たしているのも強みなんですね。

「もちろん、融資や預金が成立したら終わりではありません。定期的にお客様を訪問し、新たな問題が発生したら解決に向けてさらなる提案をさせていただきます。長いお付き合いが続くのも、私たち信用組合ならではだと思います」。

  • 地域の行事やボランティア活動にも積極的に参加。地域に密着し、貢献できる活動を今後も大切にしていく考えです。

  • ほかにも営業店ごとに、小学生のサッカー大会や地区のゲートボール大会などのスポーツイベントなども後援。

人間性を磨き、お客様の喜びを自らの喜びに

では、職員の皆さんはどのような仕事をしているのでしょう。まずは渉外係の斉数さんに聞きました。「渉外係とは一般企業でいう営業職のようなもの。担当地区のお客様のもとへ伺い、集金および融資や預金のセールスなどを行っています」。

中には、借り入れの負担に苦しむ方や経営不振に悩む企業も。そのような方々にこそ力を尽くし、家計再建や経営支援をお手伝いするのが三條しんくみの真骨頂です。そのため、「ここまでやってもらえるんですね!」と感謝されることも度々だとか。

「とはいえ、お客様から契約をもらうことが先立つのではなく、まずは理解、納得してもらうのが第一。その上で、収支や売上といった数字には表れないところにお客様への信用を見い出して融資を実現し、それによって状況が良くなったことを喜んでもらえると大きなやりがいを感じます」と斉数さん。

  • 2018年入組の北支店・渉外係/斉数さん。三條しんくみを一言で表すと「地元と生きる共同体です」。

  • この仕事の魅力は「見聞が広がること」とも。職業も年代も様々な人と深くつながることで人間性を磨くこともできるなんて、とても素敵です。

人間関係良好、穏やかな職場で頑張っています

続いて、窓口係の坂井さんです。「9時から15時の窓口営業時間帯は、ご来店されたお客様の応対が主な仕事。振り込みや引き落としの設定、渉外係の訪問活動を受けての入出金なども大切な業務の一つです」。

やりがいはお客様との関わりの中に。「例えば、『今日は寒いね』『いい天気だね』など、何気ない世間話が生まれると心を開いてもらえたようでうれしくなります」。今後は頻度の少ない業務への理解も深め、先輩に聞かずとも一人で対応できるものを少しずつ増やすことが目標だそうです。

そんな坂井さんに聞きました。三條しんくみの良いところは?
「今の北支店が4店舗目ですが、これまで人間関係で悩んだことが一切ありません。優しい職員が多く、どの支店もとても穏やかな雰囲気です。また上司が手書きのマニュアルを作ってくれたり、先輩が業務のロールプレイングに付き合ってくださったりと、成長をきめ細かくサポートしてもらえるのも心強いです」。

  • 2017年入組の北支店・窓口係/坂井さん。「休日はSWITCHで運動したり、読書をしてリフレッシュしています」。

  • 窓口係は金融機関の顔ともいえる仕事。「元気で明るい挨拶と、お客様をお待たせしないよう迅速な事務処理を心掛けています」。

学びの機会と働きやすい環境づくり

入組後2年間は、通信教育と検定試験へのトライを通じて金融知識をしっかりと蓄え、配属先ではOJTをベースに実践で経験を積む。それが三條しんくみの教育プログラムです。上司や先輩職員からのサポートも手厚いので、着実にスキルアップできるでしょう。

学びの機会づくりだけでなく、働きやすい環境づくりにも注力。年間休日120日、さらに年に1度5連休を取得できるため、まとまった休みでゆったりと旅行を楽しんでリフレッシュする職員も多いとか。ワーク・ライフ・バランスに配慮した制度がきっちり整っています

また、接客能力の向上を目的とした「接客委員会」や、想定できる様々な事態を未然に防ぐための「事務改善委員会」など、業務改善につながる委員会活動も活発。それは若手職員が意見を反映できる場としても機能し、より良い職場づくりに役立っています。

金融の仕事は、お客様の大切な財産に携わる責任のある仕事。各職員がそれに打ち込むことができるよう、環境整備にも力を入れていることがよく分かりました!

  • 入組後の研修・教育体制が整っていて、上司や先輩たちのサポート体制もバッチリです。

  • 本店 店長・鈴木さん(左)は「毎日、職員一人ひとりに声をかけて状況を把握し、若手が常に気持ちよく働けるような環境づくりを心掛けています」。

金融機関というと、まじめでお堅い職場をイメージする人が多いと思います。同組合も「地域の人たちの力になりたい」という信念のもとで仕事はキッチリ。その一方、職員の誕生日には理事長の直筆メッセージ付きのプレゼントが進呈されるなど、ちょっぴりシャレた取り組みも好評なんです。また、ユーモアにあふれた理事長の人柄は実に魅力的。適性に応じて若手もどんどん店長に登用するなど、柔軟な姿勢で職員の活躍を応援してくれます。家族のように一人ひとりの頑張りを見守る経営陣の温かな目こそ、三條しんくみの良いところだと実感しました!

イメージ

他にこんな企業も見てみませんか?