株式会社エスエフシー新潟にいがた就職応援団ナビ2023 -新潟の就職・新卒採用情報サイト-

にいがた就職応援団ナビ2023

応援団ルポ

医療系ソフトウェアに特化し、全国トップシェアを確立

営業と開発の総合力こそ、最大の強み

中規模大規模病院向けソフトウェアの開発・販売・保守を一貫して行うエスエフシー新潟。看護職員勤務予定表作成、勤務管理、栄養管理、物流管理、臨床検査、科学研究費管理など、様々なアプリケーションソフトを手がけるなか、看護職員勤務予定表作成システムでは全国一のシェアを獲得しています。多くの取引から得た情報力を品質向上へとつなげ、確かな実績で顧客に安心感を与える同社。トップシェアがもたらす高利益体質こそ安定基盤の礎です。

同社の強みは営業職と開発職の総合力。双方の新入社員に、仕事の魅力や今後の目標、活躍できる人材へのヒントなどを聞きました。

左:営業部Sさん(2021年入社)

右:システム開発部Yさん(2021年入社)

それぞれの仕事について教えてください。

(営業部 Sさん/2021年入社)
上司に同行しての訪問活動をはじめ、見積書の作成や電話対応などが主な業務です。1年目なのでどんどん新規顧客の開拓に取り組むと思っていたところ、新型コロナの影響もあり、ユーザー様への挨拶回りが中心に。社会人マナーを身につける良い機会ととらえ、日々学びを重ねています。また東京や大阪、福岡など、緊急事態宣言の出た支店の先輩方とも積極的に情報交換。電話でシステムの説明を行う際のポイントなどを聞き、参考にしています。

(開発部 Yさん/2021年入社)
主な仕事は、電話対応、病院訪問、コーディングなど。SEはずっとパソコンに向かってコーディングをしているイメージでしたが、実際はお客様のもとを訪ねて打ち合わせなども行います。当社は営業職と開発職の境界線があまりないため、入社当初はそれがとても意外でした。また海外のブリッジSEに仕事を依頼し、それを社内でテストして納品するなど、社員だけでなく幅広い人たちが当社に関わっていることも新鮮でしたね。

  • Sさん「メールのCCに自分の宛先が入ってると、認識されたなと嬉しくなります。」

  • Yさん「自分が直したプログラムを納品した時は、達成感がありました。」

仕事のやりがいや面白みは何でしょう。

(営業部 Sさん/2021年入社)
看護部長や栄養管理室長をはじめ、事務部、企画課、情報課、業務課など、病院の様々な方と交流できます。名刺を渡すときは元気に挨拶を心がけ、まず自分の存在を知ってもらえるよう努めています。それが実を結んだのか、以前訪問した岩手県の病院に再度うかがったとき、「Sさん、お久しぶりです」と声をかけていただきました。覚えていてくださった喜びと、存在を認められたような誇らしさを同時に感じたのを覚えています。

(開発部 Yさん/2021年入社)
開発の仕事は、まずお客様の業務を理解することから始まります。大学時代、病院の情報課のインターンシップで医療系システムに興味を持った私にとって、病院の中身を細かく知ることができるのは最大の面白み。新たな知識を得られるのはとても楽しいです。またシステム不具合の調整に携わり、改めて納めたものが問題なく機能していることを確認した時は、お客様の役に立つことができたのかなと思い喜びを感じます。

  • Sさん「月に一度全体で行う会議は、全国の状況がわかるので情報収集と交流の良い機会になってます。」

  • Yさん「社内の雰囲気はフラットで先輩や上司にもすぐに質問できる環境なので助かります。」

どんな人が活躍できると思いますか?

(営業部 Sさん/2021年入社)
営業職は特に、お客様としっかりコミュニケーションできることが大事でしょう。私の場合、飲食店でのアルバイト経験が今に生きているように思います。また当社は先輩方との距離が近く、「自分はこう思うのですがどうですか」と気軽に相談できる環境です。だからこそ、自分と異なる考えも参考にしながらきちんと意見交換していくことが成長のカギに。それを繰り返すことで、コミュニケーション能力は磨かれていくと思います。

(開発部 Yさん/2021年入社)
IT業界は日々進化しています。だから常に学びをアップデートし、それを継続できる「向上心」と、様々なことになぜだろう?と疑問を持つ「好奇心」のある人は活躍できるのではないでしょうか。さらに言われたことをやるだけでなく、自ら課題を探して取り組む人も同様だと思います。また、学生時代からパソコンに慣れておくと入社後の学びがスムーズ。基礎的な知識やIT用語への理解があれば、なお良いかもしれません。

今後の目標、そして就活生にメッセージを。

(営業部 Sさん/2021年入社)
上司に同行すると、病院に入った瞬間に「エスエフシーさんだ」と分かってもらえることが多々あります。それは上司が地道に訪問を繰り返し、印象に残る営業活動を行ってきたからこそ。私もそれを見習って「エスエフシーといえばSさん」と言われるような営業を目指します。就活中の皆さん、志望する会社の事業や求める人材について、なるべく詳しく調べておきましょう。そして面接では自分の長所をしっかりアピールしてください!

(開発部 Yさん/2021年入社)
今は任されたことに一所懸命取り組むだけですが、これからは与えられるだけでなく、自分で考え行動できる人材へと成長したいですね。この仕事は3年やって一人前と言われているため、それまでにはシステムの開発から保守まで一貫して担当できるようになるのが目標です。社会において医療は不可欠。そこに関わる当社の事業は伸びしろしかありません。就活は大変ですが、心が折れたらそこで終了なので諦めずに頑張ってください。

新入社員の二人はフレッシュそのもの。新型コロナの影響で顧客訪問が難しい今、周囲と情報や意見を交換しながら、その中でできることを探す姿に頼もしさを感じました。

家族に医療従事者がおり、大学でも医療ITを学んだSさんと、インターンシップの経験から病院のシステムに興味を持ったYさん。二人にとって、医療系ソフトウェアに特化した同社は絶好のマッチング。さらに実践を交えた学びを得ることで、着実にスキルアップしているようです。

イメージ

仕事の必需品は会社支給のスマートフォンと営業車のカギ。お客様や同僚とのやり取りはもちろん、新型コロナ禍でも重要な病院への直接訪問に活躍します。

他にこんな企業も見てみませんか?