ながおか医療生活協同組合:メッセージにいがた就職応援団ナビ2023 -新潟の就職・新卒採用情報サイト-

にいがた就職応援団ナビ2023

先輩社員登場!

通所リハビリテーションながおか生協診療所 生活相談員
反町 翠
2018年入職/新潟県立大学 人間生活学部子ども学科卒
社会福祉士、保育士、幼稚園教諭一種

わたしの仕事を一言で表すと?:
半日型の通所リハビリテーション施設で働く生活相談員です

現在の仕事について

詳しい仕事内容

<相談員としての業務>
・ケアマネージャーさんやご家族からの新規利用相談の受付・連絡調整、利用曜日と時間の検討
・見学対応(事業所紹介や利用に関する説明、人物像・ニーズの把握等)
・利用開始に必要な書類準備、契約へ同行し説明
・請求業務、リハビリ会議の準備等の事務作業の補助(事務担当の職員さんが主に行っています)
・地域包括支援センター・居宅介護支援事業所への実績配布・営業   など

<現場に入っているときの業務>
・靴の履き替え等の身の回りの準備の手伝い、バイタルチェックの補助
・移動や運動機器の乗降の見守り、運動プログラム実施の補助
・集団体操やレクリエーションの実施・補助
・作業活動の実施の補助   など

*週に何回か、現場には入らずに相談員業務や事務作業をする時間を設けています。

標準的な一日のスケジュール

〇8:30~ 
・朝礼で1日の予定を確認、午前の準備
・職員同士の情報伝達、電話連絡等
〇9:00~12:00/13:30~16:30(午前/午後利用の利用者様が来所、利用)
・利用者様に関する申し送り事項の確認、ミーティング
・相談員業務or現場の業務
〇12:15頃~
・お昼休憩、午後の準備
〇16:50~
・掃除、電話連絡等
〇17:00
・退勤

嬉しかったこと

利用者様と少しずつ関係ができていくことです。口数が少ない方が本音をぽろっと話してくださるようになったり、お話する中でお互いに“分かってくれた”と通じ合えたりする瞬間が一番嬉しいと感じます。
利用者様一人ひとりのことを完璧に把握するのは難しいですが、その人の輝くなにかを知って、共感して、その方にとって心地よい時間を共有できるといいなと思っています。

魅力・面白さ

毎日違った方と関わって、様々なことが起きて、たくさんの経験や気付きを得ることができることです。利用者様は、私よりも長く生きていて、一人ひとりに歴史があります。仕事でも、仕事以外のことでも、学ぶことが本当にたくさんあります。また、私は、利用者さんの今の、これからの人生に関わっている一人だと思うと、たった半日のリハビリでもすごく重みを感じるし、一つ一つ丁寧に関わりたいと考えながら仕事をすることができています。

苦労・難しい点

色々な職種の職員、利用者様で成り立っている職場であるぶん、出てくる意見や問題も様々であることです。“私はこう思うけど、リハビリ的にはどうなのか?利用様的にはどうなのか?”など、各々の背景を読み解きながら話を進めるようにしています。現場は自分一人だけではなく、職員・利用者みんなでつくるものなので、お互いの意見を理解し、すり合わせながら方針を考えていくことが大切だと思っています。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

大学卒業後は、地元である長岡市で働きたいと思っていました。いつか私が親になった時にも働き続けられる、産休後の復職体制や福利厚生が充実しているところがいいな、と考えながら就職先を探していた覚えがあります。ながおか医療生協は市内に多くの事業所があり、各事業所の規模が小さいので、利用者様一人ひとりと深く関わることができるという点に魅力を感じました。また、高齢分野だけではなく障がいや児童の分野の事業も展開しているので、様々な分野で仕事をしながら成長できるかも、と思ったのも理由の一つです。

職場の雰囲気について

全体的に穏やか、でも決める時にはきちっと決める、メリハリのある職場だと思います。また、職員間で相談しあえる雰囲気があり、若手の職員も思ったことを発言・提案しやすいです。経験豊富な職員さんが多く、困ったことがあった時に気軽に聞くことができるのも安心です。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

職員のほとんどがPT・OTさんである事業所で、自分の職種がどのように活かせるかを考えるようになりました。PT・OTさんは身体機能や精神機能を専門的に見るのが得意です。私自身は、利用者様と、利用者様を取り巻く環境、資源などを客観的に見ることが大事なのかなと思っていて、自宅での過ごし方や、家族の状況などにも視点を向けて意見を出すようにしています。

就職活動中の学生さんへメッセージ

就活に実習、卒論など卒業に向けた準備、国家試験の勉強…今は、コロナで尚更大変だと思います。社会人になると、学生時代とはまた違った忙しさがあります。学生のうちに経験できること、学ぶことができることを思う存分やっておけるといいと思います。応援しています!!
人事メッセージ

気軽に話せるフレンドリーな総務職員 大崎(趣味:子供と遊ぶこと)と、現場経験豊富な人事担当 佐藤(趣味:日本史)が当社の採用担当です。採用担当者がそのまま新人教育担当をしています。採用した学生さんが「1人前」になるまでしっかりサポートします。採用活動では、マンツーマンで学生さんの就活相談に親身に対応する事をモットーとしています。

当社の魅力:
①当社の事業は「医療」「介護」「くらしのサービス」の3本柱です。
 こどもからお年寄りまで「地域での普通の暮らし」を切れ目なく、きめ細かにサポートします→多くの事業種、多くの職種、多くの職員と一緒に、「多職種連携」「地域包括ケア」を文字通り実践しています。
②職員の働きやすさが、良いサービス提供の基盤であると考えています。
 まずは職員の笑顔から・・働きやすい職場つくりを常に考えています!
③ワークライフバランスの良さには自信があります。
 残業なしの労働環境で毎日リフレッシュ!子育て世代も安心です。
④当社は小規模施設(定員30名程度)を多数運営しています。
 若手リーダーの育成に力を入れています。
⑤スキルアップや資格取得を応援します。
 社内で介護福祉士資格取得の仕組みが整っています。無資格者でも安心です。
⑥自宅から遠い(概ね車で1時間程度)方は、4年間無償で住宅を提供します。
 新卒から貯金ができます。

募集要項(2023年卒者対象)

下記5職種を募集

■生活相談員 2名
■介護職員  5名
■理学療法士 1名
■作業療法士 1名
■言語聴覚士 1名

求める人材像

①日常的に「多職種連携」が必要です。いつでも誰とでも仲良く仕事ができる人材を求めます
②チームワークを仕事の基本としています。自分の意見をきちんと言える人材を求めます。

これまでの採用活動について

記憶に残る・印象深い学生

①ガンガン質問してくる学生さん
②面接の時、「志望動機」を暗記しないで、その時の自分の言葉で必死に伝えようとする学生さん
③自分の良いところを良く知っていて、しっかり自己PRしてくる学生さん
④入社後の夢や希望を目をキラキラさせながら話をしてくれる学生さん

嬉しかったこと

①合同説明会の時に、真っ先に当社のブースに学生さんが来てくれたこと
②内定を出した学生さんが、友人を連れて合同説明会に再度来てくれたこと
③現場に行った際、笑顔で仕事をしている新入職員の姿を見る時

残念に思ったこと

①学生気分が抜けずに、遅刻をしたり提出期限が遅れたりする新入職員がいること
②敬語が使えず、ため口で仕事をしている新入職員がいること
③メモを取らずに先輩から仕事を教えてもらっている新入職員がいること

やりがいを感じた瞬間

①会社見学などで、たくさんお話をした学生さんが採用試験に応募してきてくれたとき。
②新入職員研修で回数を重ねるたびに、顔つきがしっかりしてくるのを見た時
③休憩室で、楽しそうに雑談している職員の姿を見る時

チェック・評価するポイント

①面接の際、緊張の中にも面接官の質問の主旨を理解し返答できている学生さんは評価が高いです。
②表情が良い学生さん、元気がよさそうな学生さんは第一印象が良いので評価が高いです。
③学生時代に色々チャレンジした経験がある、ポジテイブな発言が多い学生さんも良い印象です。

採用活動の中で心がけていること

①できるだけ学生さんの本音が聞けるよう、話しやすい雰囲気や表情で対応するよう心がけています。
②一人の人として敬意を示した対応を心がけています。
③短い時間で当社の魅力が伝わるよう、希望職種や学生さんの雰囲気に合わせ説明の仕方を変えています。

就職活動中の皆さんへメッセージ

①合同説明会の場では十分伝えることができないので、ぜひ会社説明会に足を運び職場の雰囲気を肌で感じていただくと良いと思います。
②働きやすい企業・・永く働ける企業・・自分が成長できる企業・・の視点で会社選びをすることをお勧めします。
③資格試験を控えている学生さんは、早く内定をもらって現役合格をすることに集中できると良いですね。働きながらの試験勉強はかなり大変です!

他にこんな企業も見てみませんか?