にいがた就職応援団ナビ2022 -新潟県の就活情報サイト-国立大学法人新潟大学:先輩

にいがた就職応援団ナビ2022

先輩社員登場!

自然科学系総務課 学系研究支援係
福島 冴彩
2020年入社/専修大学卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

学外から受入れる外部資金と呼ばれる予算の管理などを担当しています。

現在の仕事について

詳しい仕事内容

理・工・農・創生学部、佐渡自然共生科学センターの教員などが学外から受入れる外部資金と呼ばれる予算の管理を行っています。
その中でも主に総務省などの省庁や研究機関から業務委託され研究を行う「受託研究」や「補助金」、民間企業と共同で研究を行う「共同研究」、財団などから採択された研究費の「研究助成金」、寄附者から教員へ研究支援のための研究費の「寄附金」の受入手続きをしています。補助金については報告の業務も担当しています。

標準的な一日のスケジュール

出勤後、消毒作業
8:30  始業、メールチェック
9:00  受託・共同研究の受入れ手続き
10:30 課内ミーティング(月曜日のみ)
10:45 研究助成金・寄附金受入れ手続き
12:00 お昼休憩
13:00 受託事業の契約締結手続き
15:00 補助金の報告準備
17:15 終業

嬉しかったこと

魅力・面白さ

苦労・難しい点

入社動機・この会社を選んだ理由は?

職場の雰囲気について

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

就職活動中の学生さんへメッセージ

大学の事務職員の業務は多岐にわたり、その一つひとつが大学を支える重要なものであり、やりがいを感じられます。
大学の事務は学生と関わるイメージが強いですが、実際は予算を管理する部署や教員の研究を支援する部署、教員の採用に携わっている部署などもあります。
それぞれの部署において違った観点から大学を見ることができるため、人事異動により担当業務の変更があった際にとても役立つと考えています。
また、ダブルホームなどの取り組みもあるため学生や教員と業務上接する機会がない職員でも関わり持つことができます。
働きやすい環境が整っており、食が美味しい自然豊かな新潟で一緒に頑張りましょう!
エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?