にいがた就職応援団ナビ2022 -新潟県で2020年に開催されるインターンシップ情報サイト-株式会社船栄:先輩

にいがた就職応援団ナビ2022

先輩社員登場!

壱勢 新潟店/主任
泉 海渡
2017年入社/新潟県立栃尾高等学校卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

居酒屋の調理、接客、在庫管理・発注など

現在の仕事について

詳しい仕事内容

日によってホールとキッチンのどちらも行います。キッチンではオーダーに沿って本格的な調理をしていますし、ホールではアルバイトさんに指示出しをして円滑な接客、入れ替えなどを行います。接客と調理を同時に行うカウンター担当は難易度が高いですね。

標準的な一日のスケジュール

開店前に食材の仕込みなどの営業準備。食事と休憩、打ち合わせと朝礼をして17時から開店。多くのアルバイトスタッフさんに声をかけながら一緒に営業をし、ピークを越えたら発注、仕入れなどの管理業務を行います。

嬉しかったこと

直接お客様から「おいしい」「楽しかった」とお褒めの言葉を頂けること。前回心を込めてお相手したお客様が「また来たよ」と声をかけてこられたるすると特にやりがいを感じます。

魅力・面白さ

まだまだできないこともたくさんあるのですが、キッチン・ホールともに助け合ってチームで結果を出す仕事なので、忙しい日などの方が達成感が大きいと思います。

苦労・難しい点

覚えるべきことがたくさんある上に、直接お客様に接する仕事だからこその難しさを感じます。お客様にとっては新人かベテランかは関係ないので、先輩に助けてもらいながら失礼がないようにしなければならないと思います。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

「人と接する仕事がしたい!技術を身につけたい!」と考えていたので、調理、接客、マネジメントを広く学ぶことができる船栄を選びました。

職場の雰囲気について

店長をはじめ、先輩方がよく可愛がってくれ、間に合わない時やミスをした時などすぐに気付いてフォローしてくれるので助かります。
すぐ上の先輩がいつも面倒を見てくれて、先輩方もこうして成長してきているので、親身になって相談に乗ってくれます。
全体的に社員、アルバイトさんに若い方が多く雰囲気も明るいので働きやすいと思います。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

社会に出る前は、「頑張るぞ!」というイメージが自分の基準というか、気分に左右されるところがあったと思います。社会では「このラインまでは必ず(たとえば時間、クオリティなど)」という基準があって、だんだんとそれがプロの仕事なのだと分かってきて、今は毎日「その上」を目指して頑張っています。
インターンシップエントリーインターンシップエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?