にいがた就職応援団ナビ2022 -新潟県で2020年に開催されるインターンシップ情報サイト-UX株式会社新潟テレビ21:先輩

にいがた就職応援団ナビ2022

先輩社員登場!

報道制作局 制作部
相馬 千尋
2014年入社/新潟大学卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

視聴者に“よりそう”番組づくりに日々奮闘!

現在の仕事について

詳しい仕事内容

報道制作部では、報道・制作・アナウンサーの3つセクションに分かれており、私は毎週土曜日放送の「まるどりっ!」をメインにディレクターの仕事をしています。スタジオのフロアディレクターとして、オンエア中はMC・ゲストと一緒になってコーナーの流れをつくり、いかに楽しい雰囲気づくりができるかを常に心がけています。

標準的な一日のスケジュール

嬉しかったこと

自分が提案した中継先の飲食店で、放送が終わった瞬間に問い合わせの電話が鳴ったのを聞いたときは嬉しかったです。中には新潟市内のお店だったのに佐渡の人から電話が入った時は、テレビの影響力の大きさを感じました。そして同時に達成感を味わうこともできました。

魅力・面白さ

出演者とスタッフが1秒1秒に集中する現場はとても熱くて刺激的です。その独特な緊張感とスタッフとの一体感は、なかなか味わえないのではと思います。もちろん生放送なのでトラブルが起こることもありますし、「もっとこうすればよかった」と反省することもありますが、先輩やプロの技術スタッフさんにアドバイスをいただきながら、どんどん出来ることが増え成長につながっていくので嬉しいです。

苦労・難しい点

定期的に中継ディレクターをやっており、「今、ここがアツい!」「これが美味しいよ!」という情報をどう視聴者に伝えるか、取材・下見・本番前まで悩み考えながら取り組んでいます。ただ映像を撮るだけではなく、どんな形で放送しようかを妄想しながら出演者・技術スタッフと相談し取り組んでいます。「正解」の形がない仕事なのでとても難しいですが、オンエアが終わった時やりがいと達成感はすごいです!

入社動機・この会社を選んだ理由は?

UXの良いところは、なんでもやってみる精神があるところです。今までにない周年特別番組を作ってみたり、部署のあちこちで“初の〇〇”がたくさん生まれています。次はなにをするんだろう、と社員の私もワクワクしています。面白そうならやってみる。若手・先輩は関係なく、アイデアは出したもん勝ちという環境で仕事ができる場所です。

職場の雰囲気について

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

インターンシップエントリーインターンシップエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?