にいがた就職応援団ナビ2022 -新潟県で2020年に開催されるインターンシップ情報サイト-社会福祉法人長岡三古老人福祉会

にいがた就職応援団ナビ2022

若手職員座談会

若手職員座談会
若手職員に聞きました
長岡三古老人福祉会ってどんな法人?

若手職員に、仕事内容から職場の雰囲気まで本音トークで語ってもらいました。

渡邉 峻史
リーダー
支援相談員
2012年入職
栗林 渓
支援相談員
2015年入職
神林 葵
支援相談員
兼 介護職員
2017年入職
渡辺 貴大
介護職員
兼 支援相談員
2019年入職
エルダー制度により入職時の不安も一掃
Q1
仕事の内容を教えてください。
渡辺 貴大

 私は通所リハビリの介護職員です。朝夕の送迎をはじめ、入浴・食事・排泄などご利用者が一人で行うことのできない部分の介助、ともに楽しめるレクリエーション活動を考えることが主な仕事です。

神林 葵

 通所サービスの介護職員として、渡辺(貴)さんと同様の仕事を担っています。また同時に相談員業務も勉強中。先輩相談員の訪問に同行したり、ご利用者の予定の確認などを行っています。

渡邉 峻史

 通所サービスの支援相談員のリーダーを務めています。ご利用者の日程調整を中心に、相談の受付、ご利用前の訪問など、新規ご利用者に対応する窓口業務も担当しています。また会議などでケアマネージャーをはじめ、ご利用者に関わる関係機関の方々に、現在の状態を伝えるのも大切な仕事の一つです。
 リーダーは、日々の仕事に加え、通所サービス全体のことも考えなくてはなりません。そのためご利用者の状態や職員の動きを把握し、継続的な運営につながるよう努めています。

栗林 渓

 相談員として、入所申し込みの面談や入所前の訪問などを行います。入所後も、今後の行き先や方針について、ご利用者やそのご家族と相談しながら進めています。
 またそれだけでなく、ご利用者の身体状態の維持や認知症の進行予防、在宅で介護するご家族の負担軽減などを目的とした短期入所の日程調整なども業務の一つです。

渡辺 貴大

 私も神林さんと同様に相談員の勉強をしていて、渡邉(峻)さんにエルダーとしてついてもらっています。今は介護がメインなので本格的な取り組みはこれからですが、先輩のご家族への接し方などを見て少しずつ学んでいます。

神林 葵

 エルダー制度※が導入されているのは、とても助かりますよね。エルダーの先輩が親身になって指導してくれるので安心して業務に就くことができます。分からないことは聞きやすいし、職場全体にそういう温かな雰囲気があるように思います。

※エルダー制度:マンツーマン方式で先輩職員が新人職員の指導をする制度のこと。

多職種連携でご利用者をしっかりサポート
Q2
仕事のやりがいは何でしょう。
神林 葵

 入職するまでは、ここ与板にあまり縁がなかったのですが、ご利用者には与板にお住いの方が多く、地域のことをいろいろと教えてくださるので楽しいです。また、昨日はこんなことをしたとかこれを食べたとか、施設にいるときとはまた違った一面を垣間見たり、「ありがとう」と感謝の言葉をいただいたときが一番うれしいですね。

渡辺 貴大

 私も介助やレクリエーションの後に、ご利用者から笑顔で「ありがとう」「楽しかった」と言われることがやりがいにつながっています。また語らいの中で、人生の大先輩であるご利用者から今まで知らなかったことを教えてもらえる機会も多く、そこに面白みを感じます。例えば子どものころの遊び一つとっても、自分の世代はゲームが主流ですが、ご利用者の時代にはそういうものがなく、道具を作ったり工夫しながら遊んでいたと聞きました。そういった話から得た知識は、その後、別のご利用者と話す際のヒントにもなるのでとても有意義です。

渡邉 峻史

 いかに普段の会話が大事かということを実感しますよね。知らなかったことを学べるのはこの仕事の良いところかもしれません。
 私は、ご利用者の在宅生活を考えたうえで支援するということにやりがいを感じています。多職種で相談しながら課題の解決に向かったり、ご家族から「最近、元気になりましたよ」との声をいただいたときはうれしくなりますね。

栗林 渓

 様々なニーズに対して、多職種で連携して支援できることには私もやりがいを感じています。思うようにいかないこともありますが、ご利用者やご家族と一緒に進めていくのは楽しいですし、経験したことは必ず今後に生きてくると考えています。ご利用者の希望や願いが叶い、その方らしく生活できるようになることが第一だと思うので、ご家族から「少し元気になったようです」「以前のようにできるようになったんですよ」といった声が届くと、やりがいやモチベーションにつながりますね。

学びの機会に恵まれた温かな職場です
Q3
就活生へメッセージをお願いします。
渡辺 貴大

 職場はコミュニケーションがしっかりとれていて、とても話しやすい雰囲気です。仕事に慣れるまでは大変なこともありますが、先輩職員が優しくフォローしてくれるので安心ですよ。皆さんが少しでも当法人に興味を持ってくれたらうれしいです!

渡邉 峻史

 困ったことがあっても相談しやすく、また多くの学びを共有できる職場のため、着実に成長できます。介護や相談員の仕事が初めてでも、経験豊かな職員をはじめ、施設全体で新人職員を支えていく体制が整っているので、働きやすいのではないでしょうか。福祉は人と人が関わり合う仕事。だからこそ、まず人と接することが好きだということが大切だと思います。

神林 葵

 入職時は何かと不安だと思いますが、エルダー制度や各種研修があるため、学びのチャンスは充実しています。ご利用者と話すのは楽しいですし、ご高齢の方と交流することに興味がある人ならば、やりがいや面白みを感じられると思います。

栗林 渓

 研修は施設内外にたくさん用意されており、基本からより詳しい知識や技術まで、しっかりと学べる機会に恵まれています。
 また働く職員の年齢層も幅広く、例えばお子さんがいれば時短勤務ができたりと、それぞれの事情に配慮した働き方をサポートしてくれる職場です。初めてでも安心し、さらに充実感を持って働けることが一番の魅力だと思います。

とある1日のタイムスケジュール
介護職員
8:00 出勤・送迎

出勤したら、その日の予定を確認しご利用者の送迎へと向かいます。

10:00 通所サービス開始

到着したご利用者の心身状況を確認します。それぞれの過ごし方に寄り添ったケアを行い、並行して入浴介助を行います。
昼食前には、声を出したり体を動かしたりして、飲み込みをスムーズにするリハビリ体操や嚥下体操を行います。

12:00 休憩

休憩後は、午前中のご利用者の状況記帳や記録の入力などを行います。その後、活動の一つとして、音楽に合わせて体操をすることや、頭を使うもの、体を動かすもの、映像を流しながら行うものなど、内容は週替わり。担当職員がアイデアを形にして、ご利用者とともに楽しみます。

14:30 茶話会

ご利用者におやつと飲み物を提供。会話を楽しみながらのティータイムです。

15:00 帰りの準備

排泄の介助などを行いながら、ご利用者の帰宅の準備をお手伝い。

16:00 送迎

朝と同様にご利用者を送迎します。
その後、相談員、リハビリ職員、看護職員など多職種でミーティング。ご利用者の様子など、様々な情報を共有します。

17:00 退勤
相談員
8:00 出勤

朝礼、ミーティングにより1日のスケジュールを把握します。
夜間帯のご利用者の状況記録を確認し、直接ご利用者の状態把握や必要に応じて関係部署との調整を図ります。

10:00 訪問
11:00 面談

事前申し込みを受けていたご家族と面談。ご本人の様子やご希望などを把握しながら施設の説明・見学対応を行います。

12:00 休憩
13:30 入退所の送迎

施設からお帰りになる方、これからご利用になる方の送迎も相談員の仕事の一つです。

14:00 サービス担当者会議

ご利用者とご家族、担当職員とともに、今後の方針などを相談します。

15:00 事務的業務

電話対応や日中の訪問記録、ケアマネージャーから報告を受けたご利用者の情報などをパソコンに入力して職員で共有。ほか契約書の作成なども行います。

16:00 ミーティング

ご利用者に対するケア内容をはじめ、控えている新規ご利用者の状態や、施設全体の動きなど、共有しておきたい情報を交換します。

17:00 退勤
インターンシップエントリーインターンシップエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?