にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社三條機械製作所 :先輩

にいがた就職応援団ナビ2021

先輩社員登場!

機械本部設計部電気設計課 (三条本社勤務)
山口健太郎
2017年入社/新潟大学大学院卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

デスクに座りっぱなしじゃない!工場へ、お客様の元へ、実物を見る、触れる現場主義エンジニア

現在の仕事について

詳しい仕事内容

印刷機、たばこフィルター製造機などの設計を行う部署で、私は現在印刷機を担当し、お客様のニーズを取り入れた設計を行っています。
ハード設計とソフト設計、さらには機械製作後に、社内で出荷前チェックをしています。それに加え、電気設計は電気機器が必要不可欠なため、電気機器の生産中止に伴って新たな機器の再選定や、メーカからの商品PR訪問にも参加します。
また、月に2回から4回くらい出張があります。お客様のもとで、電気部品の故障交換や機械に合せたパラメーターを選定後、動作が正常なのかを判断します。

標準的な一日のスケジュール

7:50 出社  8:00 朝礼 8:10~それぞれが担当している設計の作業  16:40 終業
社内のやり取りがけっこうあります。主に、お客様の要望確認・不具合を聞いてくる営業と、部品などの手配や工程の管理をする管理課とのやり取りが多いです。また、不具合対応で営業が判断できないときは、直接お客様と電話対応をします。

嬉しかったこと

出張ではうちの機械を使うお客様と実際に会えます。お客様のもとで工事をして無事に復旧できたときは、お礼を言われたりするのであたたかい気持ちになります。

魅力・面白さ

三條機械での一貫生産体制がいいと思います。設計時イメージが湧かないときに社内の製造現場で実機をみて確認できること、社内で性能・動作の確認が迅速にできるこの環境がありがたいです。

苦労・難しい点

不具合対応で営業が判断できないときは、直接お客様と電話対応をします。難しい不具合の電話対応はとても緊張するので、できればしたくないのが本心です。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

大学では電気情報工学専攻でした。学部は福祉人間工学科というところで、人間工学の勉強をしていました。簡単に説明すると、近年の高齢化社会問題を工学的にサポートする目的の学科です。
就活当初は、ものづくりメーカには興味がなかったのですが、小さい頃、父と何かを作っていたのが楽しかった記憶から、ものづくりが好きだということに気づき、この会社にたどり着きました。

職場の雰囲気について

入社以後、ずっと感じている事ですが、先輩たちは教え方や受け答えがとても親切で、分からないことなどを質問しやすい職場です。会社全体をみても、そういう雰囲気の職場が多いと感じます。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

就職活動中の学生さんへメッセージ

自分が手掛ける製品を間近で見て、触って、お客様にもお会いできる!そんな設計者冥利に尽きる会社です。ぜひ一度見に来て下さい!
エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?