にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社ツノダ:先輩

にいがた就職応援団ナビ2021

先輩社員登場!

製造課
K・A
敬和学園大学卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

【製造技術職】生産管理と試作開発です。

現在の仕事について

詳しい仕事内容

生産管理は、営業と納期を相談し、より確実にお客様に製品を届けられるように全体をコントロールする仕事です。生産管理で特に意識していることは、納期を守ることです。一部の工程が遅れると、当然ながら他の工程にも響いてきます。遅れを予測して納期を調整することが大切です。
試作開発は、その製品を製作する上で欠かせない工程を洗い出したうえで、計画を立て、必要となるプログラムを作る仕事です。

標準的な一日のスケジュール

一日の決まったスケジュールは特にありません。
日々、優先順位が変わるので、効率よく仕事を進められるように努めています。

嬉しかったこと

初めて加工プログラムを仕上げたときです。
製品を作る機械にはまず、加工プログラムを入力しなくてはいけません。プログラムはロボット言語でできています。プログラム構築を習得するのはとても難しいです。どのくらい難しいかというと、私は1ヶ月間泊まり込みの研修スクールに通わせてもらい、基礎レベルをやっと習得できました。さらに、研修後は、勉強した知識を使って自社でひたすら実践を繰り返します。経験豊富な上司がわかりやすく教えてくれて、徐々にレベルアップしている実感がありました。
ある日、新製品のプログラムを作る機会があったのですが、その時にいつもサポートしてくれる上司は出張でいませんでした。自分一人でプログラム構築に挑戦し、失敗を繰り返しながらも、完成させることができました。一人できたことがとてもうれしかったですし、今の自信になっています。

魅力・面白さ

一つの試作品を完成させるためには、2.3ヶ月~1年かかり、苦労も多いですが、ゼロから製品を作れるところがおもしろいところです。ヒアリングと改良を繰り返し、お客様の要望に応えられる製品に近づけていきます。

苦労・難しい点

プログラム構築の習得に苦労しました。
しかし、難しいことを任されるということは、期待されているということだ!と自分を鼓舞して勉強しました。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

自分の強みを生かした仕事ができそうだったからです。
もともと、趣味の車いじりで工具を使うことが多く、工具に愛着がありました。また、英語を話すことが好きだったので、この二つのキーワードで仕事を探していました。
そんな時に出会ったのが、ツノダです。ツノダは海外にもたくさんの製品を輸出していますし、海外営業部門もあります。

職場の雰囲気について

皆さん、面倒見がよいです。的確にアドバイスがもらえることが多いです。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

実は、当初は営業志望でしたが、自社製品の強みを知らないとお客様に伝えられないので、製造課からキャリアをスタートしました。製造をやってみると、奥が深く、自分の手で新製品を作るおもしろさがありました。

就職活動中の学生さんへメッセージ

自分の意見や想いは、自信を持って企業の方にお話した方が良いと思います。
伝えないままだど後悔をしてしまいますし、憶せず言いたいことを伝えるようにしましょう。ぜひ、あなたの夢を語ってほしいと思います。入社した際に何がしたい、どう活躍したいなどの目標を聞かせてもらえると企業もあなたに魅力を感じること間違いなし!
エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?