にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社新潟三越伊勢丹:先輩

にいがた就職応援団ナビ2021

先輩社員登場!

(株)三越伊勢丹へ出向中
食品統括部銀座商品部/マネージャー
小島 健太郎
2009年入社

わたしの仕事を一言で表すと?:

「挑戦」だと思っています。
百貨店としていち早く新しいものを察知して、お客さまにご提供する。
お客さまから支持を頂けた時は嬉しいのですが、もちろん頂けない時もあります。これに臆することなく「挑戦」という気持ちで新しい取組みに励んでいます。  

現在の仕事について

詳しい仕事内容

現在は出向という形で東京で仕事をする機会をもらっています。
三越銀座店のレストランを担当しており、レストラン・カフェのイベント・新規ビジネスの計画が主な仕事内容です。
日々大変なことも多いですが、学ぶことが多くやりがいのある充実した日々を送っています。

標準的な一日のスケジュール

曜日によって変わってきます。土日は店頭になるべく立つようにしていますし、月曜は週明けでお取組先の方と電話や商談などでお話しする事が多いように、1日と言うより1週の中で動き方やスケジュールを立てるイメージです。

嬉しかったこと

お客さまとの接客の中で「何かあった時はいつもあなたにお願いするわ」と言われたときはとても嬉しかったです。
お客さまからオンリーワンを頂いたときは、この仕事をやって良かったなと嬉しく思います。

魅力・面白さ

企画から商品手配、広告製作まで経験できることはとても魅力的だと思います。
そして販売を通して直接お客さまの反応を感じる事ができます。
良い反応を得た時にチームで喜びを共感できることはとてもやりがいに感じられることです。

苦労・難しい点

時間に追われる時も多いので苦しいときはあります。
限られた時間の使い方を工夫して業務を遂行しなくてはいけないのですが、その点は難しいと今でも感じています。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

「大好きな新潟を元気にしたい!」という気持ちが強かったです。
都内の大学に通っていましたが、帰省する度に「もっといろんな人に新潟の魅力を感じてほしいなぁ」と考えていました。
新潟の百貨店として全国に新潟の魅力を発信できる、県内の方にも魅力をより深めることができる企業だと思い入社しました。

職場の雰囲気について

部署を超えてたくさんの出会いがあり、交流を深めることができる職場です。
同世代の方はもちろんですが、多くの先輩方からも声をかけて頂いたりします。
大変なことも多いですが、切磋琢磨して前に進もうという雰囲気が感じられるかと思います。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

本当にお客さまから愛されている百貨店なんだと感じました。
欲しいものがあるから買いに来ていただけていると思っていましたが、お客さまの中には「〇〇さんに会いに来た」という方もいらっしゃいます。
サービス・おもてなしに対しての考え方はさすがだな。と入社後に感じたのを覚えています。

就職活動中の学生さんへメッセージ

活動期間中はとても大変でご苦労されているかと思います。ですが人生の中の分岐点だと思いますし、中には生涯勤められる方もいらっしゃるかと思います。自分のやりたい事、信念を曲げずに後悔のないよう頑張ってください。
就職活動とは自分をアピールする場と思っていますが、この機会にしっかり自分を見つめ直し熱い気持ちを企業にぶつけてください!
エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?