にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社ナンバ

にいがた就職応援団ナビ2021

IPPO君がゆく!応援団ルポ
温暖化防止技術のパイオニアとして日本を代表する技術者集団

フロン対策の自社製品で世界へ!

設備会社の枠を超えるナンバの挑戦とは?

メイン画像PC用

ナンバは冷凍・空調設備を中心とした各種設備の設計・施工・メンテナンスを行う会社です。メイン顧客はスーパーマーケットや食品工場など。そこにある大きな業務用冷蔵庫や陳列ケースなどを思い浮かべるとイメージしやすいかもしれません。設計だけでなく施工部門を自社に持つことで、スムーズな業務連携と、顧客への細やかな対応を可能にしているのがナンバ最大の強みです。

培った技術と高い志を投影し、同社はフロン漏えい検知システム「フロンキーパー」という自社製品を開発しました。地球温暖化防止にも大きく貢献するこの製品、実は世界からにわかに注目を集めているんです!

イメージ
熱い使命感から生まれた二つの自社製品

冷凍・空調設備に使われるフロン。これは「温室効果ガス」と言われ、大気に放出してしまうと地球温暖化の原因となるそうです。その悪影響たるや、種類によっては二酸化炭素の4千倍というのだから驚き! そこでナンバは決意しました。「フロンを扱う会社の責務として、絶対にフロンを漏らさない方法を追求しよう!」と。そして生まれたのが二つの自社製品なのでした。

一つは、フロンの漏えいを10年間無償で保証する「10年保証」。難波社長に解説してもらいましょう。「これは、技術を高めることでフロン漏えいのリスク回避を目指す取り組み。つまり『漏らさない施工』でリスクヘッジする保険商品です。自社に施工部門を持つ当社だからこそ実現しました」。

もう一つが、フロン漏えい検知システム「フロンキーパー」です。2012年の発売時には、世界初の仕組みとして注目されました。それを改良し、昨年にはIoT版の新型を発表。設備を改造しなくても設置できることから、さらに好評を得ています。これぞ、「当社施工の機器以外にも対応しなければ、フロン放出の歯止めにならない。どんどん世界に広めなくては」という思いから生まれた肝入りの製品。その気概、さすがです!

イメージ
数々の受賞は、高い技術と本気度への評価

そもそもフロンがオゾン層を破壊すると分かったのは、今から40数年前。当時、その情報は「学術上のこと」と軽視され、フロンを使った機械はどんどん世の中に普及していきました。でも同社は違ったのです。当初から「絶対にフロンを漏らすな」を念頭に自社製品の開発へ。その後、フロン排出抑制法が施行されたことで、ナンバの取り組みは一気に注目を浴びました。

そんな先取の姿勢と確かな技術は、様々な形で実り、高い評価を受けています。「10年保証」は、オゾン層保護・地球温暖化防止大賞と優良省エネルギー設備顕彰を受賞しました。「フロンキーパーでも、同じく優良省エネルギー設備顕彰を受賞。主要新聞や業界紙、様々なテレビ番組に多数取り上げられています。それらをきっかけに、今よりもっと注目が集まるといいですね」と難波社長は話します。ナンバの製品で地球温暖化に歯止めをかけたい! その信念を胸に、冷凍・空調設備のプロ集団が本気で取り組む製品開発。それは着々と実を結んでいるようです。

イメージ
NEDOを通じて世界へ事業展開

設備の設計・施工・メンテナンスと違い、全国展開できるのがフロンキーパーの大きなメリット。同社は展示会を活用するなどして、より広域へとアピールしています。そして昨年、ついに海外へとフィールドを拡大するチャンスが訪れました!

「NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業に採択され、日本を代表してマレーシアへ。政府にこの製品をプレゼンし、大変うれしい評価をいただきました。これを足がかりにASEAN諸国への展開も計画しています」。

「最近では公的機関の検証によって、フロンが30%漏えいすると、電気代が約60%増加するという結果が出ました。これはかなりインパクトのあるニュース。フロンキーパーは省エネにも効果的だということがはっきりしたわけです」と難波社長。フロンキーパーの効用を裏付けるファクトは増えていく一方です。今後のカギとなるAI化も、長岡技術科学大学との共同研究により順調に進行中! ナンバは広い世界へと照準を定め、全力で走り始めています。

イメージ
先輩社員に聞きました。この仕事の面白みは?

入社3年目の石坂さんは、担当顧客を定期訪問し、機器の運転確認や新商品の提案などを行う営業職です。この仕事のやりがいは何でしょう?「お客様にとって冷凍設備や空調設備は、決して安価ではない商売道具。例えばそれが壊れてお困りのときは、私たちの迅速で正確な対応が求められます。緊張感もありますが、工事完了時のお客様のうれしそうな様子を見るとホッとします。入社前は何気なく利用していた飲食店やスーパーも、その裏に当社が関わっていると思うと見方が変わるし、そこに面白みと誇りを感じますね」。

職場は「社員同士が仲良し」と石坂さん。仕事終わりに同僚や先輩と飲みに行ったり、休日はキャンプに出かけたりと親しく交流しています。同社は「家族サービスや趣味の時間を充実させてほしい」と働き方改革にも積極的なので、ノー残業デーや休日には、心置きなく大好きなラーメン店めぐりを楽しんでいるそうです。

「入社後、1年間の研修でしっかり教育してくれるのも当社の特徴。私は専門知識ゼロでしたが、先輩に同行して多くの現場を見ることで着実な学びを得られました。また、部署間の連携がうまくいっているので仕事がスムーズ。それはお客様へのより良いサービスを実現するだけでなく、私たち社員の働きやすさにもつながっていると思います」。

イメージ

IPPO君の独り言

若々しくハツラツとした社長の印象が、そのまま同社を表しているよう。若手社員が多く、活気あふれる雰囲気がステキです!
 設備会社の枠を超えて活躍する先進性は、様々な取り組みにも生かされていて、例えば同社ならではの人事評価制度もその一つ。上からの一方的な評価ではなく、社員自ら目標を定め、それに対する努力や成果を上司が評価するのがナンバ流です。その結果に応じた昇給は年2回! やる気次第でどんどん成長でき、相応の待遇を得られるといった仕組みです。事業同様、進歩的な考え方が随所に生かされているのは同社の大きな魅力ですね!

イメージ

インターンシップエントリーインターンシップエントリー済み
仕事・社風に注目!
仕事・社風に注目!
仕事・社風に注目!
仕事・社風に注目!
人物に注目!
人物に注目!
人物に注目!
人物に注目!
事業内容に注目!
事業内容に注目!
事業内容に注目!
事業内容に注目!
応援団 取材記事 IPPOくんが行く! 応援団ルポ
応援団 取材記事 ワークスタイル新潟
応援団 取材記事 ズームアップ! 働き方改革企業
応援団 取材記事 新潟の企業ディスカバリー
応援団 取材記事 突撃!インターンシップ
応援団 取材記事 企業リサーチMOVIE