にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社新潟食品運輸

にいがた就職応援団ナビ2021

日本海側最大級の物流センター!

「進化する物流」をリードする、日本海側最大級の物流センター誕生!

 今や物流には、ものを運ぶにとどまらず、多様なニーズに応える総合力が求められています。食品の物流を専門とする当社は、仕分けや保管なども広く担う独自のシステムを構築してきました。そしてさらなるサービスの向上を目指し、既存のNCLセンターに加えて、新たに「NCL第2センター」を開設!日本海側トップクラスの規模を誇るこの場所から、物流の可能性に挑戦します。

NCL第2センターとは?

 「NCLセンター」とは全国に広がる当社の物流ネットワークの拠点。お客様の商品を安全に保管し、スムーズに発送するための施設です。新たに開設した「NCL第2センター」は、集荷から出荷まで、365日24時間体制で管理する日本海側最大級の物流センター。もし太平洋側で災害が発生した場合、全国の食のインフラを確保するという役割にも期待が寄せられています。
 最大の特徴は、自動倉庫システムを採用している点でしょう。トラックから下ろした商品を倉庫前室の定位置にセットすれば、あとは自動的に正しい格納場所へ。それにより省人化が可能となり、約6,800パレットの大量保管と低コストを実現しています。

NCL第2センターの設備は?

 最大のこだわりは徹底した温度管理です。マイナス50度の超低温倉庫をはじめ、マイナス25度の冷凍庫、0~5度の倉庫、5度~常温対応の倉庫を設置し、多様な商品それぞれの最適な保管環境を実現。「集荷したたときと変わらない品質のまま出荷する」という物流の使命をまっとうしています。また、災害時の電源確保も万全に。停電の際は、倉庫のフォークリフトが予備電源の役割を果たし、バッテリーをつなぐと自動で事務所に電源が供給されるシステムを導入しています。
 また入出時のセキュリティー管理や、入庫時の衛生管理も充実。フードディフェンスに努めることで多くのお客様からの信頼を得ています。

新潟食品運輸の福利厚生紹介

 NCL第2センターは、社員が快適に過ごすための施設も充実しています。たとえば、デザインにこだわったカフェ風の休憩室。窓に面したカウンター席や小上がりがあり、昼食をとったり横になったりと様々な使い方が可能です。また一角には、24時間入浴OKの広い浴室、繁忙期や積雪時に帰宅が困難になっても安心して宿泊できる半個室の仮眠室などを完備。従業員やドライバーがリラックスできる、快適な環境づくりに努めています。
 そのほか、新年会や花見、豪華賞品付きのゴルフコンペといった、社員同士が交流できる機会も多数。インストラクターを招いてのヨガレッスンなど、心身のリフレッシュと健康増進への取り組みも社員に好評です。

エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?