にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-株式会社田中衡機工業所

にいがた就職応援団ナビ2021

事業紹介

モノづくりの現場に欠かせない「基準」を提供
田中衡機工業所の仕事とは?

田中衡機工業所は創業以来116年にわたり、工業用はかりの設計・製造・販売を手掛けてきました。
数kgから数百tまで、様々な対象物に合わせた計量機を提供。
丈夫で壊れにくいという特性を極めながら、多方面からの信頼を集めています!

実はこんなところにも! 田中のはかり、大活躍

 小中学校の健康診断で使われる体重計や、ボクシング選手の計量シーンでお馴染みの、あのはかり! 田中衡機工業所の製品を目にしたことのある人は多いでしょう。当社が大切にしているのは「常に正しい計量値を提供し、お客様との信頼関係を築くこと」。工業用なので「頑丈で壊れにくい」といった特性も、求められる大事な要素。そのために、当社は国内の各営業所でメンテナンス体制を整え、修理や検査などに即対応しています。

保健室でお馴染みのはかりから、
出荷するブタを計量する畜産用のデジトン、
薬の効き方に影響する錠剤硬度計など、あらゆる産業に計測はつきもの!
トラックスケール 車の積荷量を瞬時に測れる優れモノ!

積荷が過積載だと、横転事故を引き起こしたり道路の損傷を招くことも! 計量を行うことで防止につながります。

 歴史ある会社ですが、チャレンジ精神も忘れていません。世界中の様々な工場で、様々な人たちが、様々なはかりを使っています。今後も新たな分野にどんどん挑戦し、IoTを活用した生産性アップや省力化の提案にも取り組みながら、お客様のニーズを満たすはかりをつくっていきます!

「はかりの営業」ってどんな仕事をするんだろう?

 たとえば、ポテトチップス一枚とっても、原料のじゃがいもを受け入れる時に計量し、生地を伸ばしてまた計量、最終的にできあがったものを計量してパッケージへ、と全ての工程に必ず計量は行われます。このように、はかりはどの業界にも使われているものだからお客様は多種多様。訪問して困りごとやニーズをヒアリングし、それに合う最適なものを提案するのが私たちの仕事です。

 営業職のやりがいのひとつは、お客様が100%納得した上で自分の提案を受け入れてくれたとき。たとえば、車まるごとスロープを上り下りするタイプの計量機を使っていたお客様に、新潟の気象や利便性を考えて、積雪に強い建屋付きのフラットな計量機を提案。使用例を交えながら丁寧に説明した結果、スムーズな導入につながり、お客様にも喜んでいただきました!

世の中に重さという基準を提供する、設計・開発の仕事

 当社の製品は、計るものを乗せる『計量部』と、計量値を表示する『指示部』、それをもとに機器を制御する『制御部』、コンピューターと連動してデータを管理する『パソコンプログラム』で成り立っています。それぞれを担当するのが、機械設計、計装設計、システムエンジニア、プログラマーです。

 その中の機械設計について少しご紹介。CAD(キャド)を使っての設計業務がメインで、自分の描いた図面が形になるのは大きな面白みです!さらに、幅広い業種の製品を経験できること、それを生かして、一つの分野で得たヒントを別の業界に生かすなど、様々な工夫ができることも、この仕事の醍醐味です。

 当社の設計・開発において大事な点は、世の中に“重さ”という基準を提供していること。数字の正確さを大切に、それを信頼して多くの人が動いていることを意識しながら業務に取り組んでいます。

次世代を支える若手の活躍に期待しています!

 ズバリ、はかりづくりの面白さは「計量機という製品づくりを通して、様々な産業において基準の単位となる“g”や“kg”を提供していること」。もし、この質量を正しく表示できなかったら、かなり適当な世の中になってしまうでしょう。あって当たり前だけど、ないと確実に困るのが計量機。

 今後は計量機だけでなく、そこに示された質量の正しさを証明するための機器の製造がカギに。チャレンジしてもらう環境は整えるので、若手の皆さんにはとんでもないものを開発して驚かせてほしい!と期待しています。

エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?