にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-社会福祉法人長岡三古老人福祉会

にいがた就職応援団ナビ2021

先輩職員紹介!

私たちが伝えます!
~仕事のコト・職場のコト~
先輩職員が伝えたい!
長岡三古の魅力・働きやすさ
ほんわか・和やか・家族的

 当法人は、20代から60代まで幅広い年代の職員がいます。お父さんやお母さんのように面倒見の良い人や、頼りにされている大ベテラン、フレッシュな若手など個性もいろいろ。職場には、大家族のようにアットホームで和やかな雰囲気が漂っています。職員たちが口をそろえる法人の自慢は、チームワークの良さ。程よい距離感を保ちながら、困っている人にはさりげなく手を差し伸べ、助け合う関係性が築かれています。休憩中は仕事からプライベートまで、様々な話題で賑やかに盛り上がっていますよ。

私生活も充実! 休日数の多さ

 当施設では、日勤から夜勤まで勤務の時間帯が5分割されています。土日が休みとは限らないシフト制の仕事ですが、この桜ガーデンプレイス福住の施設では月に数日希望日を申請できます。そのため予定が立てやすいのは大きなメリット。友人と遊んだり、家族と過ごしたり、大好きなアーティストのライブを見に行ったりと、年間休日121日なので趣味の時間も十分に満喫できます。

先輩職員紹介!
 
有料老人ホーム福住
介護職員兼生活相談員
寺尾 風香 (2018年入職)
ご利用者の笑顔が一番の喜び

 関東からIターン就職しました。新潟の人はとても優しく、いつも親身になってくれるので助けられています。今の主な業務は、入浴、食事、排泄といった生活サポート、ケアプランの作成など。例えば身につけるご利用者の洋服が素敵だと思えば、直にお伝えするなど、日々のコミュニケーションでご利用者が笑顔で過ごして下さることが喜びの一つです。

ルールを決めて多様な勤務形態に対応

 勤務時間帯が5分割されているので、当初は生活リズムをつくるのに苦労しました。でも、勤務形態ごとに起きる時間や昼食の準備などの自分ルールを決めたら楽に。初めての一人暮らしを工夫しながら楽しんでいます。仕事の目標は、先輩を頼るだけでなく自ら考えて行動すること。大学で学んだソーシャルワークのスキルも生かしたいですね。

ちなみに職員教育としてエルダー制度が導入されているのですが、私もエルダーの先輩も星野源さんの大ファン。それでぐっと距離が近づき、休憩時間にはその話で盛り上がっています!

有料老人ホーム福住
介護主任兼計画作成担当者
藤井 優太郎 (2005年入職)
念願だった介護職に就いて

 介護職はいつか必ず就きたいと思っていた仕事。30歳で中途入職し、働きながら学んで資格を取得しました。今はご利用者の生活支援を中心に、ケアプランの作成、職員の教育や指導などを行っています。職員の健康に気を配り、みんなが笑顔で働くことができるような配慮も仕事のうち。それがご利用者へのより良いケアにつながると思っています。

ご利用者は大切なお客様

 私たちの仕事はサービス業です。だからこそ、お客様であるご利用者に快く過ごしてもらうことが第一。その視点さえブレなければ、先回りのケアや充実したサービスが可能だと思います。築いてきたことをしっかり継承しながら、ご利用者の生活の質や職員の働く環境をより良くしていきたいと思います。

有料老人ホーム福住
総括主任兼生活相談員
坂爪 奈里子 (1993年入職)
大切なのは笑顔と平らな気持ち

 ご利用者やご家族への対応をはじめ、稼働管理、他事業所との連携など、施設全体の調整役を担っています。「あなたがいてくれて良かった」「安心して相談できるわ」といったご利用者の言葉が喜びに。それぞれの不安が解消され、希望するケアに至ったときにはやりがいを感じます。常に笑顔と平らな気持ちを心がけて接しています。

挨拶プラス一言の声がけを

 職場に必要なのは程よい距離感のコミュニケーション。ご利用者に対してはもちろん、職員と話すときにも穏やかな表情と笑顔を心がけています。また新たに入職する人の不安や緊張を和らげるために、挨拶プラス一言の声かけも。職員に「ここで働いてよかった」と思ってもらえるような職場、長く働き続けられる環境づくりに今後も努めます。

インターンシップエントリーインターンシップエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?