にいがた就職応援団ナビ2021 -新潟県の就活情報サイト-JAえちご上越(えちご上越農業協同組合)

にいがた就職応援団ナビ2021

JAえちご上越の3つの仕事を知る

営農指導員の先輩対談
営農部
上越営農センター所属
齊藤 航
2019年入組(1年目)

営農部
上越営農センター所属
渡辺 康介
2018年入組(2年目)
Q.『営農指導員』とはどんな仕事?

渡辺:生産者である農家を対象にした、定期的な農業についての指導会の開催や圃場(田んぼや畑、菜園)の巡回、そのほか「この雑草に効果的な薬は?」「稲にこんな病気が出たらどうしたらいい?」といった、よりよい農作物をつくるための様々な相談に対応するのが主な仕事です。

齊藤:さらに春には育苗センター、秋にはカントリーエレベーターでの仕事があります。カントリーエレベーターでは、米を乾燥させる大型機械のオペレーションをおこないます。

渡辺:中心となる仕事は、やはり研修会や指導会でしょうか。稲作を例にとると、育苗(苗を育てること)、中干(稲作中の田の水を落として、生育を調整すること)、穂肥(穂が出る20~10日前に肥料を与えること)などの作業を行う時期ごとに農家に集まってもらい、その際に気をつけてほしいポイントなどを重点的に伝えています。

齊藤:私はまだ1年目なので渡辺さんのように指導会で話す側ではなく、同行した先輩の説明を生産者とともに聞きながら学びを重ねている段階です。

渡辺:営農指導員はそれぞれ担当エリアが決まっていて、私は三郷地区を。

齊藤:私は直江津の保倉地区を担当しています。新人ですが、明るくコミュニケーションが活発な職場の雰囲気に助けられています!

圃場の巡回が日課です

カントリーエレベーターでのオペレーション

Q.仕事の楽しさややりがいは?

齊藤:工業製品と違い、農作物の育成は自然と大きく関わります。良い年も悪い年もあるなか、私たちも最大限のフォローをして「おかげで助かったよ」「ありがとう」と喜んでもらえたときにやりがいを感じます。

渡辺:そう、圃場の巡回も大切な仕事の一つですが、農家から「見にきてくれて助かるよ」「また来てほしい」と言われたりね。

齊藤:まだ知識が足りなくて、聞かれたことにすぐ答えられないことも多いのですが、後日調べて回答して「ありがとう」と言われると、もっと頑張ろうとやる気になります。

渡辺:やはり現場に出ることの多い仕事なので、農家と直接交流するなかで面白みを感じることが多いですね。

齊藤:だからこそ、積極的にコミュニケーションをとり、そこで得られる学びを大切にしながら人間関係を築きたいと思っています。

渡辺:私も単に情報を提供するだけでなく、農家にとってより良い提案ができるようになりたいです。そこから信頼も生まれると思うので。

カントリーエレベーターでは米の乾燥調整などを行います

フォークリフトでお米の運搬も

貯金担当の仕事紹介
金融と接客のスペシャリスト
JAバンクの窓口でお客様をお出迎え。
貯金に関わる窓口業務と、後方での出納業務が主な仕事です。

板倉支店所属
小林 蒼花 2017年入組(3年目)

 貯金窓口として入出金や振込、口座開設などの業務を主に、また、金庫の管理をはじめとする出納業務を担当しています。月末や年金支給日は事務手続きが多くなるので、必要な作業は早めを心がけ、周囲と協力してスムーズな仕事を実現しています。また、窓口ではお客様との会話も楽しみの一つ。「天候が悪くて収穫に響いた」「今年は良い農作物ができたよ」といった何気ない会話から情報を得て、その後の接客に活かすことも多くあります。

 あるとき、振込用紙の記入に時間がかかってお困りな様子のお客様がいらっしゃいました。ATMなら簡単に手続きできる旨を伝え、操作の仕方を説明しました。「すぐ相談すれば良かったわ。ありがとう」と喜んでお帰りになる姿を見て、こちらもとてもうれしい気持ちに。また同時に、周りに目配りできるようになった自分の成長も実感しました。今後は必要な資格取得などにも取り組みながら、より信頼される職員を目指します。

葬祭の仕事紹介
心温まる葬祭のつくり手
故人様のお迎えから葬儀の打ち合わせ、司会、お見送りまでの一連を担い、
ご遺族の心にそっと寄り添います。

葬祭部 セレモニーサービス課所属
清水 和馬 2015年入組(5年目)

 20歳で父を亡くしたとき、親身になって心を尽くしてくれた葬儀屋さんが印象的で、この仕事を志しました。今は葬儀を進行する立場として、遺体のお迎えと搬送、日程の段取り、祭壇や棺など必要品目の相談、供花と料理の打ち合わせなどを行っています。またお通夜や葬儀の司会進行も大切な業務の一つ。それらが無事に進むよう、ご遺族の心に寄り添いながら、適切な提案と案内をするのが私たちの役割です。

 ご遺族と一緒に無事に故人をお見送りできたとき、そしてご遺族から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいたときにやりがいを感じます。限られた時間内に多くのことを行う仕事なので、相手に合わせて説明する力が必要になり、自分自身のスキルアップを実感できるのも楽しさの一つですね。
 感情労働のためオンオフの切り替えは最も大事。職場には明るくハツラツとした人が多く、先輩や上司とも話しやすい雰囲気です。

エントリーエントリー済み

他にこんな企業も見てみませんか?