応援団ピックアップ企業
先輩社員座談会
応援団ピックアップ企業
先輩社員座談会
株式会社セントラルパートナーズ

2006年に岐阜県で創業し、2008年に青森、2013年に新潟支店を開設した株式会社セントラルパートナーズ。複数の大手生命保険会社の商品を取り扱う保険代理店として、第三分野と呼ばれる医療保険やがん保険をメインで販売しています。また、電話による「テレマーケティング」に特化していることが大きな特徴です。

社員の平均年齢は28.5歳。若い社員たちが互いに刺激し合い、共に成長していこうという活気にあふれた職場です。今回は、新潟支店で働く入社2〜6年目の先輩社員に、仕事のやりがいや会社の魅力についてざっくばらんに語ってもらいました。

基本データ

  • 設立/2006年1月17日
  • 資本金/1億9000万円
  • 本社所在地/岐阜県大垣市神田町1丁目1番地 弘光舎ビル5階
  • 本社連絡先/0584-83-4021
  • 新潟支店所在地/新潟県新潟市中央区万代4-4-27 NBF新潟テレコムビル10階
  • 新潟支店連絡先/025-368-8877
  • 社員数/230名(2019年2月現在)
  • 売上高/11億8900万円(2018年9月期実績)
採用情報を見る
この記事のPDFファイルを取得Adobe Readerのダウンロードはこちら

座談会参加メンバー

staff

今井 貴広

2014年度入社
新潟情報専門学校出身

staff

小嶋 優希

2016年度入社
新潟青陵大学出身

staff

星 電

2018年度入社
新潟大学出身

staff

五十嵐 千香子

2018年度入社
新潟青陵短期大学出身

社内の雰囲気が明るくて元気が良かったのが入社の決め手!

イメージ
ippo君

応援団:テレマーケティングでの保険案内とは、どんなことをするのですか?

staff

今井:全国のお客様に、医療保険を中心とした生命保険のご紹介、パンフレットの送付、その後の商品内容の詳しい説明・提案、契約に至るまでを全て電話で行っています。

staff

小嶋:それらの業務をチーム制で行っているのも特徴ですね。その中でも役割があって、今井さんと私は「トップアタッカー」というチームを引っ張っていく立場にいます。

ippo君

応援団:星さんと五十嵐さんは、この中で最も若手ですね。入社動機はどんなことだったのですか?

staff

星:私は大学で教育学部だったのですが、教育実習先で東日本大震災で被災して新潟に避難していた子どもたちに出会いました。その子たちの話を聞いて、日々の中でどんな人にも災害や病気が起こる可能性があるのだと痛感し、多くの人に危機意識を持ってほしいと考え、保険業界を目指そうと思いました。

staff

五十嵐:私は説明会で社内を見学させてもらい、職場の雰囲気が良かったのが入社の決め手でした。保険会社というと静かで黙々と仕事をしているのかなと思ったら、みんな元気でノリが良くてびっくりしました! それにチームで仕事を進めるのもいいなと思いました。
電話での保険案内は難しそうなイメージがありましたが、入社前の研修で社会人のマナーや言葉遣い、保険の基礎知識も勉強できました。実際の仕事で分からないことがあれば、先輩や上司がすぐ近くでサポートしてくれるので安心感があります。

staff

星:研修で学んだ電話応対の基本的なマナーは、特に日々の仕事に生かされていますね。

staff

小嶋:私が後輩によくアドバイスしているのは、まずお客様と仲良くなることが大事だっていうこと。相手の顔が見えない電話だからこそ「保険の話をする」というより、お客様と仲良くなることを意識して話すといいよと。実はこれ、今井さんから教わったことなんですけど、すごくためになるので代々後輩に伝授しています!

staff

今井:そうなんだ(笑)。私も新人の頃は、電話で話すのは緊張しました。でもお客様は年齢層の高い方が多いので、私のことを「世間話ができる相手」として思ってもらえるといいのかなと思い、話す内容や話し方を工夫しています。

チーム制だから、その場で学べてすぐに実践できる!

イメージ
ippo君

応援団:仕事をしていて成長を感じるのはどんなときですか?

staff

星:入社して1年ですが、我ながら成長を実感することがあります。一つは大学時代には全く縁のなかった保険の知識が身についたこと。もう一つは、テレマーケティングを通じてコミュニケーション能力が上がったことです。

staff

今井:確かに、新人の頃からすごく変わったと思う。初めはどうしても商品のことばかり伝えようと一生懸命になってしまうんだけど、最近はお客様とちゃんと「会話のキャッチボール」ができてるよ。

staff

小嶋:私は五十嵐と同じチームなんですけど、すごく成長しています。トークもスムーズになったし、上司から学んだことを全て生かして言葉にしているところがすごいなと思います。

staff

五十嵐:小嶋さんはいつもすごく元気! 声も明るくて、つられて私も元気になります!

staff

今井:私は、星が新人の頃に席が隣だったんですけど、私がお客様に話したフレーズをそのまま使っていたりして。聞いててうまいなあ〜って思ってました。

staff

星:それってまさに、チームで仕事をすることの魅力だと思うんです。先輩や上司が隣でやっていることをすぐに吸収して、仕事に生かせる環境なんです。

ippo君

応援団:逆に、仕事で大変さを感じたことは?

staff

星:私たちはあまり電話を使わずに育った世代なので、慣れるまでは少し大変でしたね。落ち込んだ時は、よく今井さんに飲みに連れて行ってもらいました。

staff

今井:そうだね。隣で見ていて何か元気ないなと思ったら「飲みに行く?」って。

staff

五十嵐:なかなか結果が出せなくて「これから大丈夫かな」と不安になった時も、セントラルパートナーズには話を聞いてくれる先輩がたくさんいます。

staff

小嶋:会社の中でも外に飲みに行った時でも、先輩たちはすごく丁寧に話を聞いてくれるよね。
ところで話は変わりますが、今井さんは昨年全社でトップの成績でしたよね!

staff

五十嵐:すごい人と一緒に仕事をしているんだなと思います。私、今井さんが電話で噛んでるの見たことないかも…。

staff

今井:何気にプレッシャー(笑)。でも自分にも当然1年目があったわけで、結構悩んだ時期もありました。周りと比べて結果が出せなかった時は「この仕事に向いてないんじゃないか」とも思いましたが、先輩のアドバイスや努力したおかげで今がある。乗り越えられて良かったと思います。

年齢や学歴は関係ない。頑張った分正当に評価される環境。

イメージ
ippo君

応援団:就活生にぜひ知ってほしい、セントラルパートナーズの魅力を教えてください。

staff

今井:成果を出したらその分きちんと評価してもらえるところ。年齢や学歴に関係なく、頑張った分しっかり給料に反映されます。

staff

星:スタートラインがみんな一緒なんですよね。逆に同期や後輩に追い抜かれないように、いい意味で緊張感もあるというか。

staff

小嶋:私は入社当初なかなか自信が持てなくて、それなのに負けず嫌いというややこしい性格で(笑)。でもセントラルパートナーズで仕事をして、少しずつ変われている部分もあると思います。素直に努力すれば誰でも伸びる、成長できる会社です。

staff

五十嵐:あとやっぱり、若さとパワーがすごいです!

staff

小嶋:毎年の社員旅行が海外っていうのもいいよね。ハワイとかグアムとか。自由行動も多くて大満足でした!

staff

今井:誕生月はバースデー休暇とギフト券をいただけるのもありがたいですね。それとこの前は新年決起大会があって、グループ会社のある名古屋に行きました。

staff

五十嵐:芸人さんも来たりして豪華な会でしたね! 他の拠点にいる同期にも久しぶりに会えました。

staff

星:入社式で会って以来だったね。久しぶりに話すと成長を感じて、自分ももっと頑張らなきゃ!と奮い立ちました。

staff

小嶋:あと、オフィスが駅近で通勤も便利です。周りに飲食店が多くて、お店の新規開拓も楽しいよね。

staff

星:それが仕事のモチベーションにもなりますよね。これが終わったら飲みに行ける!って。

staff

今井:お給料も同世代と比べるといただいている方かもね。

staff

小嶋:自分なりに頑張った時のお給料とかボーナスとか、「こんなに!?」って驚くこともあるほど。保険関係の資格を取ると資格手当もありますしね。その受験費用も出してもらえるのでありがたいです。

staff

今井:まだまだ語りつくせない良さも沢山あるし、どんな人たちがどんな雰囲気で仕事をしているか実際に見てもらった方がより伝わると思うから、学生の皆さんにはぜひ一度、会社を見に来てほしいよね。私たちも楽しみに待っています!

取材を終えて…

保険という商品も、電話という営業スタイルも、学生時代にはあまりなじみがないものだと思います。でもだからこそ、スタートラインはみんな一緒。頑張った分だけ評価してもらえることの良さがここにあると感じました。入社前の研修で基礎から学び、入社後は隣にいる先輩から日々いろいろなことを吸収して成長できる。そんな着実にステップアップできる環境が整えられています。何より、今回の取材でみなさんの仲の良さや、普段の楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

こんな職場で楽しく働きたい、人の役に立ちたい、自分の力を試してみたい。動機はどんなことでも、少しでも興味を持ったなら、会社説明会に足を運ぶ価値は大いにあると思います。

採用情報を見る
この記事のPDFファイルを取得Adobe Readerのダウンロードはこちら
応援団PICK UP企業 一覧へ戻る