にいがた就職応援団ナビ2020

応援団 取材記事 IPPO君がゆく! 応援団ルポ
IPPO君がゆく!応援団ルポ
平均年齢28歳! 若手も活躍できる保険代理店

メリハリのあるワークスタイルが魅力

セントラルパートナーズのやる気アップの秘密をルポ!

メイン画像PC用

常にお客様の立場に立ち、よりお客様に合った保険の提案をモットーとしているセントラルパートナーズ。全ての社員が生き生きと働けるよう、休暇制度や楽しい社内イベントなどの福利厚生が充実し、「ハッピー・パートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)」や「イクメン応援宣言企業」にも認定されています。

社員の平均年齢は約28歳。活気あふれる職場は「保険会社のイメージが変わった!」と会社見学に来た学生も驚くほどです。そのパワーの秘密を探りに、万代の中心部にある新潟支店におじゃましました。

イメージ
チーム全員で目標達成を目指す。

セントラルパートナーズは、全国のお客様に電話で保険のご案内・ご提案をする会社です。新潟支店の他、岐阜県に本社、青森県にも支店があります。では具体的に、どうやって仕事をしているのでしょうか? 入社1年目の加藤瑠絃(るいと)さんを直撃しました!

「まず現在お客様が加入されている保険の内容を電話でおうかがいして、その方に合った商品の資料をご自宅にお送りします。資料が届いた頃に再度お電話し、内容の詳しいご説明と保障内容がより良くなるご提案をして、契約の際のお手続きについてもお電話で丁寧にご説明していきます」

なるほど、ファーストコンタクトから契約まで、全て電話で行うのですね。「はい。話がこちらからの一方通行にならないよう、『お休みの日は何をされていますか?』『健康の秘訣はありますか?』など、コミュニケーションを取ってお客様の言葉を引き出せるように心がけています」と加藤さん。学生時代にドラッグストアでのアルバイト経験もあり、初めての人や年配の方と話すのは楽しいと言います。

そんな加藤さんも、入社前は「保険の営業=厳しい個人ノルマがある」というイメージだったそう。「でも実際はそうではなく、1チーム約10人のチーム制になっていて、チーム全員で目標達成を目指します」とのこと。職場の雰囲気はとても和気藹々としているそうです。

その一方で、個人の頑張りが正当に評価されるシステムも。「例えば、新入社員の中で一番多く資料を送付した人に報奨金があるなど、成果が目に見える形で還元されます。モチベーションも上がりますよ」と話してくれました。

イメージ
新人を放っておく先輩は、ここにはいない。

同じく入社1年目の星電(ひかり)さんにも話を聞きました。福島県出身の星さんは、高校生の時に東日本大震災を経験。さらに大学時代に新潟市内の学校へ教育実習に行った際に福島県から避難していた子どもたちの話を聞き、保険業界を目指すようになったそうです。「災害はもちろん、病気もケガも、誰にでも起こりうるリスクです。その危機感を持ってもらいたいという思いがありました」と言います。

また、先ほどの加藤さん同様、保険営業は個人プレーというイメージがあったそう。「しかし実際は従業員同士の仲がいいオープンな雰囲気で、分からないことがあっても常に近くにいる先輩や上司にすぐに相談できる職場環境なので、良い意味で保険営業のイメージと真逆でした」

とはいえ、保険の知識を一から身につけていくので、つまずきそうになることも。そんな星さんを支えたのは、ある先輩の言葉だったと言います。

「仕事が思うように進まなかったとき、『保険営業に画一的なマニュアルはないし、君は君のやり方で、もっと気楽にやったらいいよ』という言葉をいただきました。気持ちが軽くなり、スランプから抜け出すことができました」と星さん。「この会社には、新人をそのまま放っておくような先輩はいないんです」と、力強く話してくれました。

イメージ
いい刺激をもらえる社内イベント。

普段から飲み会やイベントが多いそうですが、中でも社員に好評なのが、毎年恒例の社員旅行です。一昨年のタイ、昨年のグアムに続き、今年は3泊5日のハワイ旅行へ行ってきたそう。「出てくる料理がどれもアメリカサイズでびっくり! 手づかみで食べるエビやカニのシーフードレストランがおいしかったです。日程のほとんどは自由行動なので、おなかいっぱい食べて、買い物もして楽しかったです」と話すのは、2015年入社の松本佑果さんです。

旅行初日は、全支店の社員が集まって食事会。「楽しく飲んで食べて、ほとんどが他愛ないおしゃべりです。でも他支店にいる同期が最年少でサブマネージャーに昇進したと聞いて、私ももっと頑張ろうと思いました」と、いい刺激をもらった様子です。この他に、1月に名古屋で行われる新年決起会でも全支店の社員が集まり、大いに盛り上がるそうです。

さらに新潟支店では、毎月チームごとに決起会を開催したり、契約社員も含めた支店全体の忘年会(豪華景品付!)があったりと、イベントが盛りだくさん。「会社では仕事モード、イベントでは遊びモードと、とにかくメリハリがある会社。従業員同士の仲がいいのでいわゆる会社の飲み会という感じではなく、プライベートな会話で盛り上がったりとみんなが楽しめる雰囲気です」と笑顔で話してくれました。

イメージ
仕事も遊びもめいっぱい!が楽しさの秘訣。

「やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ!」をとことん貫くセントラルパートナーズ。オンもオフもパワフルに頑張れるよう、会社が設けているのが、誕生月の中の好きな1日を休日にできる「バースデー休暇制度」です。2016年入社の小嶋優希さんに、どんなふうに利用したか聞いてみました。

「私は9月の金曜日に休みをもらい、金・土・日の三連休にしました。そのうち1日は、ずっと行ってみたかった『大地の芸術祭』へ。普段はインドア派ですが、屋外のアート作品は、面白いものから不思議なものまでたくさんあって新鮮でした!」

さらに会社からのバースデープレゼントとして、5,000円分の商品券が毎年もらえるとか。「私は通勤用のバッグを買うのに使いました。いいものを持つと、会社に来る時のテンションがやっぱり違いますね」

そんな小嶋さん、実はとても努力家です。新人の頃はなかなか同期に追いつけず、悔しい思いをしたこともあったそうです。それでも懸命に勉強し、先輩や上司にアドバイスをもらいながら一歩ずつ成長。今ではチームを引っ張る「トップ」というエース的ポジションで活躍しています。「最近は、後輩を見るのが楽しみというかマイブーム(笑)。昔の自分と重ねて悩みに共感できるので、困った様子を見ると速攻でフォローしたくなります」とにっこり。「もっともっと頼りにされる先輩になりたい。すごい先輩が上にたくさんいるので、追いつけるよう頑張りたいです」と、どこまでも努力家の小嶋さんでした。

イメージ

IPPO君の独り言

セントラルパートナーズ新潟支店が開設して6年。新入社員だった皆さんがメキメキと成長し、「先輩」として活躍する姿が印象的でした。自分が新人だった頃に先輩や上司からもらった熱い言葉や想いが、着実に次の世代に受け継がれているようです。
 また、「人」に魅力を感じて入社を決める学生も多い同社。どんな先輩がどんなふうに働いているのか、ぜひ一度、あなたの目で確かめてみてください。

イメージ

応援団 取材記事 IPPO君がゆく! 応援団ルポ