にいがた就職応援団ナビ2020

インターンシップ プログラム一覧

製品の設計を実体験。模型実験で落石を止める!

自然災害が多発する日本。自然災害から人々や生活を守る仕事の存在を知っていますか?
災害から道路や民家を守る製品の設計を実体感します。
会社の存在意義と仕事のやりがいを肌で感じてください。

「自然災害から人命や財産が守られ、世界中の人々が安心できる社会。」
これが、私たちが実現したい未来です。

土砂崩れなどから人命を守る「防災構造物」や「施工機械・器具」を
開発・製造する「技術者集団」の製品開発メーカーです。

落石の危険のある道路、山間の鉄道路線、急斜面に面した民家、
日本には災害対策が必要な箇所が無数にあります。

20年以上に渡たり「新しい価値・性能」を加えた新製品・新技術を開発。
災害対策の製品開発メーカーの仕事を体験して下さい。


「自然災害から人命や財産が守られ、世界中の人々が安心できる社会。」
これが、私たちが実現したい未来です。


土砂崩れなどから人命を守る「防災構造物」や「施工機械・器具」を
開発・製造する「技術者集団」の製品開発メーカーです。

落石の危険のある道路、山間の鉄道路線、急斜面に面した民家、
日本には災害対策が必要な箇所が無数にあります。

20年以上に渡たり「新しい価値・性能」を加えた新製品・新技術を開発。

災害対策の製品開発メーカーの仕事を体験して下さい。


1.開発・設計職の体験コース

(1)災害危険箇所のデータから状況を把握し、設計条件を設定
  ・崩壊土砂、落石の発生が予測される現場の状況を把握
  ・データから危険性のある石などを識別して、その危険度を判定
  ・石の大きさや点在している高さから、災害規模を算出
  
(2)設計条件を設定して、最適な対策製品選定
  ・災害規模(設計条件)から、適用可能な製品を設定
  ・製品を構成する部材の耐力を設定して、製品の詳細の構造を検討
  ・工事実施の可否や、設置費用なども考慮した上で最終的な提案製品を決定

(3)模型実験に挑戦(グループワーク)
  ・民家裏の落石災害を想定して、対策製品の模型を作成
  ・落石の衝撃エネルギーを算出
  ・決められた材料を使って、自分だけの対策製品模型を作成
  ・実際に衝撃を加えて、その性能を確認


2.営業職の体験コース

(1)災害対策品の提案を営業職の視点で体験
  ・顧客はだれか?業界の構造は?・・・営業が把握すべきこと理解する
  ・設計職へ提供する情報をどのように把握するか?
  ・設計条件を決定する要素を理解する

(2)営業ストーリーを描く
  ・災害を最も効果的に防ぐ製品を選定
  ・顧客に理解してもらうための説明内容を検討

(3)製品提案(プレゼン)の実践
  ・検討した提案製品とストーリーをもとにプレゼンを実施
  ・自分のプレゼンした製品が採用されるか?

(4)模型実験に挑戦(グループワーク)
  ・民家裏の落石災害を想定して、対策製品の模型を作成
  ・落石の衝撃エネルギーを算出
  ・決められた材料を使って、自分だけの対策製品模型を作成
  ・実際に衝撃を加えて、その性能を確認


■当日のスケジュール(例)

9:30~10:30 「会社説明」 
          自然災害対策の業界・事業を詳しく説明

10:30~11:30 「自然災害講座」
          仕事体験の前に必要な知識を分かりやすく解説

11:30~12:00 「仕事体験〈その1〉」
          講座で得た知識をもとに仕事体験
 
12:00~13:00 「昼食懇談会」
          先輩社員と一緒にランチ
          仕事やプライベートの話をどんどん聞こう!

13:00~15:30 「仕事体験〈その2〉」
          午前中のつづき

15:30~17:30 「模型実験(グループワーク)」
          特定の材料で災害から家屋を守る製品を製作
          皆さんの自由な発想で災害被害から民家を守って下さい!

※場合によって、プログラムの若干の変更がある可能性があります。

参加予定のイベント

日時 イベント名 会場 主催者
19.1.5(土) 13:00 - 17:00 【150名限定/完全予約制】
ざっくばらんな仕事研究フェスタ<理工系スペシャル1月>
朱鷺メッセ 2F メインホール
MAP
にいがた就職応援団

連絡先

株式会社 プロテックエンジニアリング 東京支社
〒105-0014
東京都港区芝1-5-9 住友不動産芝ビル2号館6F
TEL/03-6435-2680
担当/企画管理部 秋元