にいがた就職応援団ナビ2020

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2020年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

業務用調理器具 業界No1!(2018年自社調べ)
国内外の優良メーカーと提携、自社ブランドTKG(Total Kitchen Goods)を展開。
全国のプロ料理人も納得の調達力と管理力で、日本の食文化をリードしています。
遠藤商事株式会社

企業からの最新情報

19.3.1(金)

2020年度新卒採用がスタートしました!エントリー受付中です!

遠藤商事株式会社の採用情報ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当社に興味を持っていただいた方は、ぜひエントリーをしてください。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

企業データ

【遠藤商事とは?】

当社は、厨房用品・機器の専門商社。業務用調理器具で業界売上No1を誇ります。(2018年自社調べ)
得意先は全国の金物卸問屋様。そのお客様であるプロの料理人の皆さまの多彩なニーズに応えるべく、
全国・世界の優良メーカーから多種多様な商品を調達しています。
業界でも圧倒的な商品在庫数、厳正な品質管理・在庫管理のもと、迅速かつ柔軟な商品提供を実現。
ここ燕市から日本の食文化をリードし、その新たな可能性を創造しています。


【ここが自慢です】

●業界NO1の商品在庫量。その数なんと89,000点!!
受注からの即日出荷を実現し、お客様の信頼に応えていること。
また自社オリジナルブランドの展開や、メーカーとタッグを組んでの商品開発、自社カタログの制作など、
卸売会社の枠を超えた取り組みで、モノづくりの楽しさも実感できる会社です。

●抜群のチームワーク
創業から70年近く経過し、今や従業員数は200名を優に超えますが、家族4人で事業をスタートした当初から
それは変わっていません。倉庫には毎日、役員はもちろん(むしろ社長も!)出荷業務を担当します。
転勤もなく、腰を据えて長く活躍する社員が多い当社。その一因として、こうして役職や年齢、
経験年数に関係なくみんなで協力し、みんなで成長しようという居心地の良い社風が挙げられます。
事業内容 【業務用厨房用品・機器の卸販売】

得意先は、全国の金物卸問屋様。その先には、飲食店や病院、ホテルなどで働く、いわゆる「プロの料理人」のお客様が無数に存在します。
それぞれの厨房で生ずる様々なニーズに応え続けられるよう、多種多様な調理器具・キッチンウェアをラインナップ。多様化する食文化の創造に、スピーディーかつ柔軟に対応しています。
設立 1951年(昭和26)1月
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役社長 遠藤 茂
社員数 294名(2018年11月現在)
男性:123名 女性:107名 パート職員:64名
所在地 新潟県燕市物流センター2丁目33番地
売上高 約201億円(平成30年6月期)
関連会社 株式会社テイケイジイコーポレーション(新潟県燕市)

<事業内容>
ソフトウェアの設計・開発・運用、カタログ製作
洋食器・厨房用器具の製造・販売
※当社の取扱商品に関するインターネットを通じた情報発信や販促、
 輸入・販売業務などを担当しています。
沿革 1942年(昭和17年)  新潟県燕市幸町に金物卸問屋を創業
1951年(昭和26年)  遠藤商事株式会社 設立
1970年(昭和45年)  業務拡張の為 燕市廿六木へ移転
1976年(昭和51年)  更なる業務拡張の為、燕市物流センターへ移転(旧本社)
1989年(平成元年)   新社屋(現在地)完成
1999年(平成11年)  第一倉庫(A棟)完成
2001年(平成13年)  海外輸入部門を(株)テイケイジイコーポレーションとして分社化
2004年(平成16年)  第一倉庫(C棟)[自動倉庫・施工:IHI株式会社]の完成
2008年(平成20年)  事務所練及び倉庫を拡張(1~4F)
2012年(平成24年)  第一倉庫(B棟)の完成、これにより第一倉庫A・B・C棟の
          一括運用が可能となる

現在に至る

連絡先

遠藤商事株式会社
〒959-1298 新潟県燕市物流センター2丁目33番地
TEL/0256-63-2710
E-mail/soumu@endoshoji.co.jp
担当/総務 齋藤