にいがた就職応援団ナビ2020

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2020年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

新潟県の豊かな「農業」と「くらし」を金融面からサポートしています。
JAバンク新潟県信連

企業からの最新情報

企業データ

 『「一人は万人のために、万人は一人のために」という協同組合精神の基本理念に基づき、信用事業を通じて、新潟県農業の振興および農家経済の安定・向上を図るとともに、広く地域社会の発展に貢献します』
JAバンク新潟県信連は昭和23年の創立以来、この経営理念に基づき、JA(農業協同組合)グループの金融機関として、新潟県の豊かな「農業」と「くらし」を金融面からサポートしています。
事業内容 ●金融業務
 貯金(預金)・融資・為替・有価証券運用などの一般的な金融業務を行っています

●JAの信用(金融)事業のサポート業務
 県内23JAと当会からなる「JAバンク新潟」の本部として、JAに対し営業戦略企画・研修・相談・情報提供等の業務を行っています
創 立 1948年8月
出資金 562億円
代表者 代表理事理事長 水倉 朗
従業員数 175名(男性127名、女性48名)※2018年3月末時点
本店所在地 新潟市中央区東中通一番町189-3
事業所 新潟市中央区(本店一店舗のみ)
貯金残高 1兆6,931億円(2018年3月期)
貸出金残高 2,443億円(2018年3月期)
財務指標 [2018年3月期]
 経常利益/48億7,700万円
 当期剰余金/44億8,900万円
 自己資本比率/19.24%(国内基準4%)
交通機関 JR新潟駅万代口より西区方面行きバス各線乗車約10分、「東中通」停留所下車 徒歩1分
社会貢献活動 当会は、金融サービスの提供のほかに様々な社会貢献活動を行っております。下記はその一例となります。

●JAバンク食農教育応援事業(JAによる食農教育活動への助成、補助教材本の県下小学校への贈呈)

●新潟県障害者スポーツ協会へのサッカー観戦チケットの寄贈

●アルビレックス新潟および新潟アルビレックスBBが開催する「スポーツ教室・食育教室」への特別協賛

●環境保全への取り組み(カーボン・オフセットの実施、エコキャップ運動への参加など)

●役職員によるボランティア活動への参加(地域清掃、団体献血など)

●地域行事への参加(新潟まつり大民謡流しなど)

●認知症サポーターの養成
トピックス ●ハッピーパートナー企業の登録
 働きやすい職場環境づくり、仕事と家庭・その他の活動の両立支援、女性の能力を活かす取組に積極的に取り組む企業として登録されました(2012年3月6日)。

●次世代育成支援対策推進法に基づく認定を取得
 ノー残業デー(月2回)の実施や、小学校就学前の子を持つ職員を対象とした所定外労働の免除制度の導入などの取組みが評価され、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました(2014年6月16日)。

●農家レストラン事業への資金供給
 新潟市が国家戦略特区(農業特区)に指定されたことによる規制緩和を活用した農家レストラン事業に取り組む農業法人に対して、JAおよび日本政策金融公庫と協調して建設資金、運転資金の融資を実施しました(2016年4月11日、2016年5月11日)。

●「緑の募金」感謝状の受領について
 当会は、「エコ定期貯金」の受入れを通じて、公益財団法人にいがた緑の百年物語緑化推進委員会へ寄付金を贈呈しております。お客様の間接的な環境保護への参加を支援し、郷土の自然環境保護に貢献していることに対して、農林水産大臣より「感謝状」を受領いたしました。(2017年4月3日)

●次世代育成支援対策推進法に基づく認定を取得(2回目)
 ノー残業デー(月2回)の実施、有給休暇の取得日数の促進、男女とも子育て等を行いながら働き続ける職場環境を整備するための諸規程の充実化などの取組みが評価され、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を取得しました(2017年6月16日)。

連絡先

JAバンク新潟県信連 (新潟県信用農業協同組合連合会)
〒951-8570 新潟県新潟市中央区東中通一番町189-3
TEL/025-230-2131
E-mail/soumu-jinji@jabank-niigata.or.jp
担当/総務部 人事担当