にいがた就職応援団ナビ2020

  • ドキドキ!接客試験

    島津 香澄
    こんにちは、ヴィームスタジアム採用担当の島津です!
    9月の初め、接客等級試験が行われました!

    接客等級制度・研修については、今までお話ししてきたとおりなので、なんとな~くご理解いただければと思います。

    さて、半年に一度の接客試験についてですが、大きく3種類の試験を行います。


    1.接客・対応シミュレーション
    2.面接
    3.筆記試験


    1は、お客様が来店されてから、ホールでの接客、カウンター業務からお見送りまで、一連の動作を試験します。
    言葉で書くと簡単そうですが、下記のようなパターンもあります。

    「お客様から新台(新しく設置されたパチンコ台)の知識を問われた」
    「お客様がスマートフォンをなくされた(しかも見つからない!)」
    「お客様からのクレームに対し、どう対応するか。その後、部下への指導をどのように行なうか」

    ただ単純にご要望にお応えするだけでは、及第点なんです。
    及第点に加え、「どのような気遣い、お声がけができるか」
    「どうすればお客様がより満足していただけるか」
    が、試験では重要になってきます。




    2では、会社について、自分が勤める店舗について、
    はたまた時事問題や政治情勢、一般常識、ホスピタリティなどについて、面接方式で試験をします。


    3では、主に敬語や接客の基本など、選択問題や記述問題を解きます。
    100点採点です。
    (免除になる方もいます!)


    …という感じで行なわれ、無事合格すると1ランク昇格です。
    また、Bクラス、Aクラス、Sクラスに上がるごとに、内容もどんどん濃く難しくなっていきます。

    先ほどもお話しした通り、ただお客様のご要望にお応えするだけでは、合格するのも難しいのがこの接客試験。
    ご要望に対し、いかに自分で考え+αしていけるか、いかにお客様目線で行動ができるかが非常に重要になってきます。
    もちろん、この試験を受けることによって、それが日常にも活かされていきますし、仕事に対する心構えも変わってきます。
    ぜひ接客が好きな方、人と話すのが好きな方は、挑戦してみてほしい試験ということでご紹介でした!

    島津の雑記 | 2019.09.26 00:00
  • 当社イチオシ研修「接客研修」

    島津 香澄
    こんにちは、ヴィームスタジアム採用担当の島津です!
    それでは、前回に引き続き、今度は本題の「接客研修」についてお伝えします!

    Q.接客研修とは?

    A.その名の通り、個々の接客力を高めるための研修です!

      講師陣は前回お話しした通り、「JALの国際線を経験した、元CA」の方々。
      ハイレベルな接客マナーを学ぶことができます。
      接客のランクに応じて、研修内容も変わるのも特徴です!


    Q.ランク別でどう違うの?
    A.以下の通りです。


    ★C~Bクラス(一般社員・アルバイト取得レベル)


     …主にホールでの基本的なふるまい、動作を身につけます。
      敬語や身だしなみはもちろん、お客様にこう尋ねられた時、どう対応すれば良いかなど、
      基本的な接客動作を学びます。

    ★Aクラス(班長~副主任・主任レベル)


     …C~Bクラスの内容がさらに応用的になるほか、「クレーム対応」といった、
    より複雑な接客対応も対象になってきます。
    また、基本的なマネジメントの内容も含まれてきます。

    ★Sクラス(副店長~店長レベル)


     …Sランクになると、接客よりも主にマネジメントや部下指導がメインとなってきます。
      部下に対し、どのように指示・指摘をするのか等、責任者の最高クラスとしての力が試されます。

    ★本部クラス


     …本部の社員は、店舗の接客をしない代わりに、電話応対や来客応対、お茶出しなどを学びます。


    Q.どのぐらいの人数が参加するの?

    A.毎回おおよそ30~40人前後が参加します。

      ランクによっても差は出ます。(ランクが上がるごとに人数も減っていきます)

    ↓今年のBクラス・Aクラスの様子です↓



    Q.接客研修の面白さってどんなところ?

    A.私個人の意見としては、ハイレベルな「接客」を学べるところと、「他店舗の従業員と交流」ができるところです。

     「接客」はプロから学べ、毎回参加しても多くの気づきを得ることができます。
      また、自分が勤めている店舗以外の従業員も多く参加し、顔ぶれも毎回変わります。
    その分店舗の風土も感じられ、多くの交流ができ、とても楽しいです!


    …と、ヴィームがいかに接客にも力を入れているか、少しでも感じていただけたでしょうか?

    前回お話しした通り、アミューズメント業界が持つ強みの一つは「接客」「人の力」にあります。
    だからこそ、現場で働く従業員を大切にし、成長のチャンスを多く与える環境を整えています。

    まだまだ就活もこれから!という方が多いと思います。
    「自分がその企業で成長していけるのか」「会社はどれだけ後押ししてくれるか」にも目を向け、ぜひ頑張ってください!

    島津の雑記 | 2019.09.12 00:00
  • 当社オリジナル資格「接客等級制度」

    島津 香澄
    こんにちは、ヴィームスタジアム採用担当の島津です!
    本日は、「当社で行っている研修をゆる~くお伝えしようのコーナー」第四弾!

    いよいよ紹介する時がやってまいりました…
    「接客研修」をご紹介します!!

    …その前に、当社オリジナル資格制度の「接客等級制度」についてをお話しする必要がありますので、ご説明します。



    *接客等級制度*

    ヴィームスタジアムの独自資格制度の一つです。
    接客について、7段階のランクに分けられており、自分の取得必須ランク以上を取得すると、その差分に応じて手当がつく制度です。


    Q.対象者は誰?

    A.全従業員なので、社員やアルバイトに関係なく受験できます!


    Q.どうやってランクを上げるの?

    A.半年に一度、接客等級試験が行われるので、試験に合格すると1ランク上がります。
      この試験は、「接客等級研修」を元に内容が構成される部分が多いため、試験に受ける従業員は、研修を受けることがほとんどです。


    Q.難易度って高いの?

    A.ランクにより差はありますが、個人的には難しいと感じます。
      「接客研修」を行う講師陣は、実は当社社員ではなく、「JALの国際線を経験した、元CA」の方々なんです。CAは、接客レベルも他の接客業に比べ、レベルが高いと言われています。言葉遣い一つ姿勢一つから、本当に細かいところまで接遇についてを学べるため、時に厳しい…と感じることもありますが、やりがい・自己成長も感じられます!


    Q.どのぐらいの手当てがつくの?

    A.自分の取得必須ランクとの差分によって変わります。1ランク・2ランク程度ですと、毎月数千円のプラスですが、現在一番多く手当をもらっている人は月2万円以上となっています。
    また、アルバイトは時給にプラスという形になるので、数百円もプラスになっている人がいます。
    接客力が身につくだけでなく、目に見える形で会社から認められるというのは、うれしいです♪


    Q.最高ランクを取った人って何人いる?

    A.実はまだ0人なんです…。(その下のクラスは何人もいます!)
    ちなみに、最高ランクを取得すると、現在の講師陣に代わり、全従業員に接客を教えることができる「接客のインストラクター」になることもできます。
    このインストラクターを目指して日々接客に励む従業員もたくさんいます!



    …すごく話過ぎましたが!
    接客等級制度についてはこんな感じです!

    いかがでしたか?
    アミューズメント業界は、他の接客業と比べて、実はとてもレベルが高いと言われています。
    「競合他社」と差別化するには、「接客」も武器の一つだからです。
    当社としても、その「接客」を重要だと捉え、接客をする従業員にもっともっと成長してほしいという想いを込め、資格制度を設けました。
    当社制度に、少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです!

    いよいよ次回は「接客研修の模様」をお伝えします!お楽しみに( ´v`)

    島津の雑記 | 2019.09.05 00:00

他にこんな企業も見てみませんか?