にいがた就職応援団ナビ2019

  • 正社員の仕事 PARTⅡ

    後藤 光洋
    皆さん、こんにちは!
    ヴィームスタジアム(株)人事部課長の後藤です。

    だんだんと暖かくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

    さて、以前紹介しました「新入社員の仕事」に引き続き、
    今回は「副主任・主任」という立場で仕事をする方々の仕事内容について紹介します。

    店舗には、
    社員⇒班長⇒副主任⇒主任⇒店長 と、こんな感じでそれぞれ配置されています。


    ですので、副主任・主任というのは、新入社員から見て2つ3つ上の役職者ということですね。
    年齢的に言うと、20代後半~30代中盤位が平均。
    もちろん、年二回ある昇格試験をコンスタントに受験して合格できれば、入社2年で副主任まで行くことは可能です(そこらへんは話すと長くなるので割愛)


    副主任・主任になると、店長不在時には店舗の最高責任者となり、
    実質「店長代理」という役割になります。
    そして仕事内容も、ホールでの接客だけでなく、仕事の内容がより管理的役割になります。
    ○店舗の開錠や施錠
    ○開店前における準備(現金・景品・遊技台・設備など)
    ○店長不在時の朝礼・終礼指揮
    ○営業中のホール段取り、店舗管理
    ○電話対応や業者様との対応
    ○本部とのやりとり
    ○カウンターの商品管理、発注責任者
    ○シフト表の作成
    ○人事考課
    ○エコ(経費管理)担当
    ○締め帳票や本部報告帳票の作成
    ○閉店後の集計(現金、景品)
    ○班長含めてスタッフの指導・育成

    などなどです。

    主任ともなれば次はいよいよ店長の座が見えてきます。
    店長になるには、よりシビアにマネジメントの勉強をし、人間的には部下の信頼を集める必要があります。店長になるためには、店長候補生として本部勤務を任命されますが、原則的には主任以上にならないと任命されません。

    以上、簡単ですが、副主任・主任の仕事紹介でした。いかがでしょうか?外から見ると「接客」の仕事がイメージしやすですが、それだけではなく裏方にも様々な仕事が存在します。
    次回は、いよいよ店長!

    では、また次回お会いしましょう♪

    人事TOPICS | 2018.04.30 09:00

他にこんな企業も見てみませんか?