ログインIDパスワード

応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ

応援団スタッフBlogは10月末をもって更新を終了しました。過去の記事は引き続きご覧いただけます。
  • 内定をもらった会社に就職するか迷っている方へ。

    応援団:長谷川
    みなさん、こんばんは。応援団 長谷川です。

    暑い日が続きますが元気に過ごしていますか?
    就活もあと少しと信じて頑張っていきましょう!

    さて、内定をもらったけど理想と離れている会社・仕事なので悩んでいる人、
    そろそろ多いと思います。
    今日訪問した企業さんでも、「迷っている学生がひとりいるんだ」と困っていました。

    学生の皆さんもどうしたらいいのか、判断に困りますよね。

    私はこの時期なら、内定をもらっているその会社に決めることをお勧めします。

    理由は、
    ①採用活動を継続している会社が相対的に少なくなり、選択肢も限られる。
    ②内定を出した方は「あなたがこの仕事(会社)に向いていると客観的に評価してくれている。
    ③人生で仕事が変わる可能性は非常に高い。(転職だけじゃなく、配置転換も含めて)

    特に③は最近痛感しています。でもそれも縁や適材適所なのです。

    後になってから「やっぱり行きません」では、ご迷惑もおおきくなります。
    ぜひ、決めてしまいましょう。
    仕事を決めた後に、どれだけ頑張るかが私はその人にとっての仕事の価値だと思います。
    気持ちを切り替えて残りの学生生活を満喫したほうが得策だと思います。



    応援団 長谷川
    就活アドバイス | 2017.07.31 20:18
  • ちょっと成長

    応援団/けんた
    応援団けんたです。

    先日の就職イベントで内定獲得学生の方から聞いた話です。

    「正直、自分は学業をほとんどやっていませんでした。その分部活に関しては誰よりもやりました。今思えばもう少し、勉強に注力することを考えればよかったです。」

    ・・・・と素直に認めたら内定を獲得できた。

    と言っていました。

    今までは変に取り繕ってしまっていて、学業の事を突っ込まれるとシドロモドロ・・・。
    というような流れで就活がうまくいかなかったようです。

    「素直になれた」ということは、ちょっとした成長かな?と思いました。

    やってこなかったはやってませんし、取り繕っても相手に不安を与えます。
    面接を何度かやるうちに、それに気づいて反省の弁を伝えれたことがポイントだと思います。

    本心のほうが伝わる事例の紹介でした。
    (バカ正直になれ!と言っているわけではないので、勘違いしないでくださいー。)



    フリーテーマ | 2017.07.28 14:22
  • 最終形態になれるのはいつか。常に進化すれば最終形態すらないのかもしれません。

    応援団 すずき
    こんにちは。にいがた就職応援団の鈴木です。

    暑いですね。ジメジメしていて、髪の毛がちんちくりんです。


    さて、昨日の山田団員からは、
    自分の不都合のために企業からの連絡を避ける方への苦言がありましたね。

    苦手なこと、嫌なことから逃げることは、とても簡単なことなんです。人間って弱いですね。


    最近思い出す言葉。

     ・迷ったら大変そうな方を選ぶ
     ・歯を食いしばる
     ・もう少し頑張る
     ・現実に挑戦し続ける


    能力の高い人、やる気のある人ほど、負荷がかかるものです。

    負荷を回避しようと思ったら、サボればいい、全力を出さずに傍観するのも手ですが、
    不思議と自分の無礼はブーメランのように自分に返ってくるものです。


    努力をすることは、結局自分のためなのだと思う今日この頃。


    とある学生さんに

    「(内定がありそうなのに)なんで内定がないと自分で考えているの?」と聞いたところ

    「頑張っていなかった」
    「真面目にやっていなかった」

    と次々と反省の言葉が。


    それだと頑張って、真面目に活動した人と同じ結果にはならないかもしれません。

    自然体でいる限りは、能力はアップしません。
    外付け部品、オプションをつけるほど高機能になるパソコンのように、
    自分にいっぱい素晴らしい力を追加したいものです。

    フリーザだって、魔人ブーだってどんどん進化し強くなりましたもんね。
    フリーテーマ | 2017.07.27 18:35
  • 内定辞退

    応援団 山田
    こんにちは、応援団山田です。

    最近、採用担当の方から聞いたエピソード(毎年のあるあるですが・・)です。
    ---------------------------
    内定者の顔合わせをしようと
    連絡をしたら、返事がない学生1人いる。
    メールの返信なし、電話の折り返しなし、何回かけてもノンリアクション。
    携帯でやっとつかまえたら、「いやー実は、他から・・」
    「連絡しようと思っていたんですが・・」
    ---------------------------

    卑怯はだめ!絶対ダメ

    辞退が決まれば、速攻連絡。
    一言ぐらい嫌味言われるかもしれないが、しょうがない。
    何カ月もかけて、内定だして、キミを評価してくれた人(企業)だよ。
    せめて礼儀をつくそうよ。

    1つの内定の陰に何十倍の不合格者がいる。1カ月早く辞退していれば、
    少なくても、誰か1人が救われたかもしれないし。

    このエピソードを聞いて僕は担当者にこう言いました。
    「良かったですね、卑怯者の採用を回避できて」
    担当者は、「ホント良かった」って。

    念のため、辞退が悪いといっているのではありません。
    一生を決めるといっても過言ではない就職先ですから。

    悪いのは、自分が嫌な事をさけて、無礼な振る舞いをすること。
    自分が嫌な思いをしなければ、他はどうなってもいいという考え。
    そこまで考えていないというかもしれないが、
    実際に迷惑がかかっている現実があることを考えよう。
    大人なんだから。

    辛口で、ごめんなさい。でもね、連絡とれなくなるとかさ、卑怯はよくないよ。


    フリーテーマ | 2017.07.26 09:00
  • 小さな一歩で、すでに変化は始まっている

    応援団:えだ
    こんにちは。応援団えだです。

    最近、私の朝はラジオ体操で始まります。
    半分寝ぼけながらも、音楽が流れると自然と体が動き
    一通り終えると、体も脳も非常にすっきりとした目覚めを
    迎えることができます。

    みなさんもやりましたよね、夏休みの「ラジオ体操」。
    当時はなぜ早起きをしてまでみんなで集まってするのか
    私にはわかりませんでした。
    せっかくの夏休み、ゆっくり寝ていたいし、
    もっと他にやりたいことだってあるのに・・・と。

    しかしです。ラジオ体操を侮るなかれ。

    運動不足解消をしたくて
    1日のわずかな時間で何か継続してできることはないかと
    思い巡らしていたところに
    ラジオから聞こえてきた、あの懐かしい音楽。

    何十年ぶりの体操でも不思議と体は覚えていて
    一つ一つの動作を改めてしっかりやってみると、
    今まで眠っていた筋力が刺激されて非常に心地良かったのです。

    1日10分、これならば、私にも継続できそうだと
    毎朝、ラジオ体操を取り組むようになりました。

    この1歩から得られるものはただ体力を養うだけでなく
    精神的にも、毎朝気分よく、1日をスタートできており
    やがて、この毎日の10分がさらなる良い変化に繋がるのかもしれません。


    変化を望む時、何か目に見える大きな一歩で
    その状況を一変させないと、と思う時があります。
    もちろん、ここぞという時のジャンプが必要な時もありますが
    それよりも、日々の行動の積み重ねがすでに変化のプロセスであることを
    忘れてはいけません。

    就職活動真っ只中のみなさんも
    今、まだ何も結果が出ていない、先が見えないこともあるかもしれませんが
    やるべきことをやっていれば、毎日の行動の積み重ねが
    自ずと結果に結びついていくと思います。

    諦めずに、着実に行動し続けてください。応援しています。



    フリーテーマ | 2017.07.25 13:56