ログインIDパスワード

応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ

応援団スタッフBlogは10月末をもって更新を終了しました。過去の記事は引き続きご覧いただけます。
  • 就活スタートダッシュを決めるために。

    応援団:保苅
    こんにちは、応援団:保苅です。

    前回、私がブログを書いたのが11月末。
    あっという間にクリスマスも年末年始も過ぎ去って、
    2ヶ月近くが経ってしまいました。光陰矢のごとし、ですね。

    もう1ヶ月ちょっとすると就活の本格スタートです。
    皆さんの準備のほどはいかがですか?

    3月の就活エントリーの解禁を控え、
    今時期はインターンシップが連日のように開催されています。
    にいがた就職応援団ナビの
    「企業インターンシップ 日程・開催一覧ページ」には
    2月末までに200件近くもの企業インターンシップが
    登録されています。これは昨年よりも多い水準ですね。
     ▼
    http://www.niigata-job.ne.jp/2018/intern/list_date.html


    企業側にしてみれば、就活スタートが近い時期に自社への理解を深めてもらって、
    できるだけ3月からのエントリーにつなげたい意図もあるので、
    1〜2月末はインターンシップ開催の一つのピークになります。

    しかし、そんな企業側の動きには相反して、
    学生側からのインターンシップの申込みはやや鈍いようです。
    イベント会場で話を聞いていても、今年の学生さんは
    ややのんびりしている印象が否めません。

    インターンシップは、企業の仕事や雰囲気を体験できる
    この時期だけの絶好の機会です。
    いざ就活が始まってしまうと、説明会や選考が間髪入れず
    一気に押し寄せてくるので、なかなか企業理解に時間を割くヒマがありません。
    時間的・心理的に余裕を持って企業のことを探したり、研究するのは
    2月末までではないでしょうか。

    3月からのスタートダッシュを決めるためにも、
    今はぜひインターシップに積極的に参加しましょう!


    インターンシップ情報 | 2017.01.18 16:00
  • インターンシップに参加するメリット

    応援団:長谷川
    みなさん、こんにちは。応援団 長谷川です。
    新潟もめっきり涼しくなってきました。
    休みの日など、自転車に乗るととても気持ちいいです。
    新潟は自然が豊かですから、そういった意味からも楽しめますよ。

    さて、夏・秋・冬と、インターンシップを受け付けている企業がたくさんあります。
    皆さん、もう参加しましたか?
    まだの方はぜひ参加してみてください。
    私のころはこんなに普及していなかったので、うらやましいくらいです。

    参加するメリットは、こんな感じです。

    ①就活でその企業を受けるとき、仕事や会社がよくわかるので、
     志望動機を自分の言葉でしっかり語れる。

    ②会社とは?働くとは?が、知識や印象レベルから、もう少し理解が深まる。
     ⇒ 業界研究、企業研究のレベルが上がる。

    ③ひとつの会社を知るということは、別の会社に相対した際に、
     比較対象があることで、評価の基準ができる。
     (この会社は比べて明るい雰囲気だな、など)

    結構いいことだらけですよ。
    私は新卒時、合説での10分間の話だけ聞いて、あとは選考会。
    仕事や社風のこと、会社のこと、ほぼ全部、妄想で面接に臨みました。
    それで就職して長続きしなかったわけです。
    もちろん皆さんにはおすすめしません。

    せっかくの機会なので、インターンシップに気軽に申し込みましょう!


    インターンシップ情報 | 2016.09.30 10:30
  • 未来の可能性を広げる鍵!それはインターンシップ!

    応援団/たいち
    はじめまして!応援団のたいちです。

    簡単に自己紹介します!

    今年26歳になる社会人4年目です。
    趣味でバンドをしています。ギターを担当しています。
    最近、おなか周りが本当に太ってきていて真剣に悩んでいます。


    そんな私ですが、よろしくお願いします。


    趣味のバンドは大学時代の同級生と組んで今も続いています。
    大学3年生の時、私は大学卒業して1年しないうちに
    バンドが売れて今頃、夏フェス出演や
    武道館単独ライブをしている予定でした(笑)


    そういう未来予想図でしたので、大学3年の夏はひたすら
    バンドバンドバンドバンドバンドでした。


    そんなわけでインターンシップなんて一度も行きませんでした(笑)


    しかし、振り返るとインターンシップ言っておけばよかったと思います。


    インターンシップの良いところは何と言っても
    実際に自分自身が仕事の体験を通じて
    自分のやりたい仕事かどうかを判断できるからです。

    自分が本当にやりたいことも見えやすくなってきます。


    選り好みをせずに、とりあえず興味がある会社のインターンシップに参加してみてください。
    はじめは軽い気持ちでも大丈夫です!行けば何かが見えてくるようになるはずです!

    インターンシップ情報 | 2016.07.08 09:00
  • そうです。インターンシップに行けばよいのです。

    応援団 すずき
    皆さん、こんにちは。はじめまして。
    にいがた就職応援団の鈴木です。

    これから、どうぞよろしくお願いします。

    わたしたち、にいがた就職応援団は、
    新潟県に就職したい学生さんと新潟県の企業のご縁を一つでも多く生みたい、と
    そんな思いで何とかやっております。

    思い起こせば、2000年代初期、わたくしは就職活動に振り回されておりました。

    断腸の思いで髪の毛を黒くし(当時は、茶髪全盛期でしたから…)
    知っている大手就職サイトに何社も登録しましたが、
    最後に「にいがた就職応援団ナビ」にたどり着き新潟市に就職をしました。


    やりたい仕事もありましたが、努力して挑戦する前から諦めており、
    やっとこさIT系の企業に内定が決まったものの、
    とりあえず就職できればいいか、とナメた考えで仕事をしていたので、
    転職した時にすごく苦労しました。


    今になれば、社会に出る準備が整っていない、未熟者過ぎる自分が情けないですが、
    そうとしかできなかったのが事実。
    これが、わたしの実力だったわけです。


    今日現在、無事に仕事ができているので、今までの壁は越えてきたのか
    見えないふりをしてきたのか、遠回りしたのか様々ですが、
    なんとか進んできたというわけです。

    と、こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします。


    きちんとした立派な社会人になるためにも、インターンシップに行きましょう。
    就職活動のため、というより、立派な社会人に近づくためでもやるべきです。


    というわけで、三日連続インターンシップ推しの投稿でしたね。
    それだけ、インターンシップに行くことを真面目に考えて欲しいということです。
    インターンシップ情報 | 2016.06.29 09:00
  • インターンシップ参加しましょう!

    応援団 山田
    はじめまして!応援団 山田です。

    新潟出身48歳のおじさんです。
    転勤と転職で、新潟・茨城・新潟・福島・宮城・新潟・長野・東京・新潟とあっちこっち行っていました。
    そして、最近の15年くらいは、新潟で落ち着いております。
    どこで、働いても楽しいですし、直ぐ慣れます。
    しかし、生まれ育った地元が一番かな・・という結論に落ち着いています。

    では、挨拶代わりに、面白いインターンシップの取組みをご紹介します。
    新潟では有名な「鉄の総合商社」 藤田金屬(ふじたきんぞく)さんが音頭をとって、
    3業界を知る事のできる4日間のインターンシップがあります。

    公的機関や、学校、就職支援会社ではない、民間企業の有志で企画したもので、
    新潟県では、あまり例がありません。

    参加学生さんは、短期間で一気に視野が広がりますし、
    違うタイプの社会人と触れることで、自分自身の軸を発見するヒントになると思います。

    他2社は、セキュリティ大手のセコム上信越さんとITのシアンスさんです。

    時間のある3年生夏の4日間を有効に使ってみませんか。

    申込は、こちらです。
    http://www.niigata-job.ne.jp/2018/c/p_intern_detail.html?cmp_id=220&cmp_event_id=13595


    もっと詳しく知りたい!!という方は、藤田金屬の今井さん(学生と本気で向き合う素敵なおねえさまです。)に
    直接聞いちゃってください。

    周囲の動きばかり気にしていても、何も自分のためになりません。
    「これは良いな」「チャンスかも」「チャレンジしてみようか」という時に自分で決断できる人になりましょう!

    その第一歩がインターンシップ。
    前のめりにチャレンジしてみてください。



    インターンシップ情報 | 2016.06.24 09:00