にいがた就職応援団ナビ2020

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2020年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

弊社の武器は「時代の最先端を創造する技術力」と「高品質」!単体部品からアッセンブリーまで、広範囲な加工設備、技術、品質管理の総合力を活かして一貫生産します。
株式会社TOWA JAPAN

企業からの最新情報

企業データ

自動車・航空機・産業車両・建設機械・農業機械・工作機械の部品や、次世代エンジンに搭載される精密製品の開発から生産まで手掛ける弊社。ハードな条件下でも常に『安全』『正確』『快適』に機能を発揮し、信頼性を満たすための『精密』『緻密』『正確』を厳しく追求します。
総合品質管理の進歩に功績のある企業が授与する経営学の賞、「デミング賞」の受賞経験があり、品質に対する取り組みはお客様から高く評価されています。さらに2014年には環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証も取得。環境経営システムの仕組みを作って改善していくことにより、環境面だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等の、経営面での効果UPにも取り組んでいるのです。
今後も、数多くの部品や製品の中でも特に高精度を要求されるものについて試作から量産まで対応できるよう、日々技術の研鑽を積んでいきます。
事業内容 ◆自動車、船舶、建設機械、農業機械及び産業機械等の精密油圧製品の研究開発、試作及び量産加工
◆自動機の設計製作、メンテナンス
◆工業用ボビンケースの製造、販売

ハイブリット車のブレーキ部品や産業用ディーゼルエンジンに搭載される精密製品の開発〜量産など、時代の最先端の『ものづくり』を行っています。生産品目の中にはオンリー1の製品もあり、社員一同誇りを持って仕事に取り組んでいます。開発技術に加え、量産技術と海外展開技術を併せ持つ当社は、万全な人材(技能士)力と設備力を背景に、技術・品質・管理の生産技術の総合力で各大手メーカーより高い信頼を受けています。
創業 1949年
資本金 2500万円 (2018年4月現在)
売上高 38億円 (2018年3月実績)
従業員 81名 (2018年3月)
代表者 代表取締役 渡邉 豊
本社所在地 〒957-0017 新潟県新発田市新富町3丁目2番17号
TEL 0254-22-3430
事業所 本社/ (株)TOWA JAPAN (新潟県新発田市)
工場/ TOWA INDUSTRIAL(VIETNAM)Co.,Ltd.
営業所/ 東和製作(上海)商貿有限公司
業界に認められた品質管理能力!  当社は単体部品からアッセンブリーまでを、広範囲な加工設備、技術、品質管理の総合力を活かして一貫生産することができます(TOWAトータルプロダクションシステム)。NC旋盤・マシニングセンター加工、熱処理、マイクロデバリング、洗浄、溶接、精密測定、研磨、研削、組立・調圧といった加工分野を網羅しているだけでなく、現在約400台を超える自動機を自社で設計製作及びメンテナンスまでを行っています。
 また、本社で培った生産技術力を単独資本で設立した海外子会社に展開できるのも当社の特徴の一つです。
 
 これらの技術力の要である品質管理においても当社は創業以来研鑽を積んで参りました。品質管理における産業界屈指の栄誉賞である『デミング賞』受賞(1960年:中小企業では全国で2番目)に始まり、ISOの認証取得はもちろん、各大手車両メーカーの指定認定工場など徹底した管理体制をとっています。現在では歴史が証明する品質の『信頼性』が『高技術力』と並んでTOWA JAPANの最大の強みとなっています!
つねに時代の最先端を創造する、TOWAの技術力!  当社は創業以来アパレル関連製品である工業用ボビンケースを生産して参りました。これは現在でも生産品目・生産量ともに世界最大のメーカーに位置付けられておりますが、1980年代以降は精密油圧製品の分野に進出し、今日の売上金額ではアパレル関連部門を大きく上回っています。

 精密油圧製品を具体的に見ると、船舶、建設機械、農業機械、産業機械、の試作〜量産など、つねに時代の最先端の『ものづくり』に関わっております。

 金属加工という以外で全く性質の異なる2つの分野でそれぞれ成功を収めてきた理由はそれぞれの分野に独立したビジョンを描いたところにありますが、これに慢心することなく研鑽を積み、つねに時代のニーズに目を向けて第3、第4の柱を模索することが今後の当社の課題です。万全な『設備力』と『人材力(技能士)』を背景に先見の明を持って当社はこの課題に取り組んでいます!
about TOWA◆1 〜ミクロン精度の金属加工技術を追い求める理由〜

 現在、当社は自動車油圧部品をはじめ、建設機械・農業機械・産業機械用油圧バルブ、船舶部品、原子力・火力発電プラント用圧力制御バルブといった、幅広い分野の機械部品の開発・生産に力を注いでいます。

 これらの部品すべてに共通することは、どのようなハードな条件のもとでも、「確かな安全性」と、「正確性」が求められるということです。そこに活かされているのが、創業当初から半世紀以上にわたって製造を続けてきた工業用ボビンケースの精密加工技術であり、培われてきた研究・開発力です。ボビンケースも、油圧関連部品も、円筒形の金属部品を利用した加工製品であり、どちらもつねに正確でスムーズな動きを実現しなければなりません。ことに油圧関連部品は、車のブレーキ制御部品をはじめ、安全と安心を届けるという重要な役割を担っており、2ミクロンから5ミクロンの範囲内の精度を保つ必要があります。

 このようなミクロン精度の金属加工技術を日々、追求してきた結果、今日、各分野から厚い信頼を寄せられ、自動車関連部品のニーズが飛躍的に成長するまでに至ったのです。
about TOWA◆2 〜独自開発の機械や生産システムが導いた、自動車部品の急成長〜

 ひとつの部品を試作段階から量産へと導くには、研究開発にはじまり、広範囲な加工設備と技術、品質管理までの総合力が求められます。そこで当社では、部品製造に必要な専用機械の開発に力を注ぎ、独自の機械と生産システムを創造することによって、多種多様の部品を世に送り出してきました。

 たとえば産業車両の金属加工におけるバリは、車両のブレーキ性能を左右するほどで、金属加工業にとって悩みのタネといわれていますが、当社では独自に微小バリ取り技術“マイクロデバリング”を開発し、バリのない部品づくりを現実のものにしました。このように金属の切削から最終的に熱処理によって硬度を高めるまでの間に、さまざまな工夫を重ねることで、より高品質な部品をスピーディーに対応できる体制を整えています。

 他社にはない独自の生産体制は当社の大きな強みとなり、これまで以上に大手自動車メーカーからの依頼が増加しました。油圧部品の受注・生産は飛躍的に伸び、自動車のシフトやサイドブレーキ関係の部品などの新規開発も増加中です。
about TOWA◆3 〜技術開発拠点の日本と量産拠点のベトナムで世界規模の企業へ〜

 工業分野において、日本人は世界でもトップレベルの研究心と開発力を兼ね備えており、日本には世界に誇れる技術がさまざま存在します。当社においても、その素晴らしい能力を活かすフィールドは日本がベストであると考え、新発田にある工場がすべての技術・開発の“コア”と位置づけています。また当社独自の資本によって誕生したベトナム工場は、大きなマーケットである中国はもちろんのこと、東南アジア諸国やヨーロッパ、アメリカなど、世界と結ぶ拠点として位置づけ、量産体制を整えています。

 したがって、試作品づくりからしっかりとした生産ラインの確立までは新発田にある当社の責務であり、大変重要な役割を担っています。一方、ベトナム工場は、当社と同じ生産システムを導入しており、日本からのスタッフが技術や生産管理の指導にあたり、より効率的に量産することでコスト削減を実現し、高品質でリーズナブルな製品を世界へと提供しています。ベトナムを含むアジア諸国の中で、このような高度加工技術を持つ企業は少なく、当社の技術はトップレベルとの評価をいただいております。
about TOWA◆4 〜企業を成長を促すポイントは、事業ビジョンと人の可能性〜

 企業の将来性は、基礎体力となる“技術力”や“生産力”はもちろんのこと、企業自体の成長要素となる“事業としてのとらえ方”や“将来ビジョン”といったことも大きく関係してきます。当社における最大の成長要素は、ベトナムに単独資本の工場を設立したことです。国内の工業分野が低迷していた円高の時代に、当社は海外へと視野を広げて、逆転の発想で海外投資を英断しました。中国へと出る企業が多い中で、日本人同様に勤勉な国民性のベトナムへ目を向け、その才能を活かすべく、緻密な精密加工部品づくりへと導いてきました。今でこそベトナムに工場を出す企業が増えていますが、ベトナム進出第一陣のメンバーであったため、新規開拓地ならではのさまざまな問題を乗り越えて、日本同様の生産体制を整えるまでに成長したのです。

 また当社の基礎体力を支えているのは、どのような仕事にも向上心や追求心を持って立ち向かい、創意工夫を重ねてきた日本の実力派スタッフたちです。個を尊重しながら、仕事の積み重ねによって成長できる社内環境が、大きなパワーを育んできました。今後さらなる成長を目指し、新たな分野を切り開くためにも、人材の可能性に期待しています。

連絡先

株式会社TOWA JAPAN
〒957-0017
新潟県新発田市新富町3丁目2番17号
TEL/0254-22-3430
E-mail/kogata@towa-mfg.co.jp
担当/小形