応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ 応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ 応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ
  • 就活は何から考えたらいいんだろう?

    応援団:長谷川
    みなさん、はじめまして。応援団 長谷川です。
    企業さんに採用の方法や媒体を提案したり、
    企業内研修のプログラムをご提案したりしています。
    これから長い?お付き合いになると思いますが、よろしくお願いします!

    さて、就活は何から考えるのか。
    様々な切り口がありますよね。たとえば、、、

    ■やりたいこと、やらなくてはならないこと、やれること
    ■将来の収入、将来の働き甲斐、仕事の内容
    ■ライフスタイル、家族との同居、などなど

    今は自分の思いつくがままに、将来に想いを馳せていけばいいと思います。
    確かに首都圏中心に、インターンが受験の第一歩というところもありますが、
    軸がないことには受けたいインターンも決まらないでしょう。
    徒労に終わって疲労感を募らす前に、漠然からでいいと思うので、将来を考えてみましょう。

    やれることに縛られすぎると拡がりがなくなり、考えること自体が退屈になると思うので、
    最初は縛られすぎない方がいいと思います。

    また、紙に書いたり他者と会話することで、考えを俯瞰したり整理したりすることができます。
    ぜひやってみてくださいね。

    これから1年間近くのプロジェクトです。焦らずじっくりいきましょう!


    応援団 長谷川

    就活アドバイス | 2017.06.30 11:57
  • いろんな先輩の就活を分析する。

    応援団山田
    こんにちは、応援団山田です。

    「就活って何をするんだろう?」と
    準備の早いみなさんは、最初の疑問として思う所でしょう。

    多くの方は、人気企業の内定をもらった優秀な先輩に
    聞きにいき、アドバイスや経験談をもらいます。

    ここに落とし穴があります。

    上手くいった先輩は、基本的に能力が高いという事。
    能力の高い先輩は、自然に必要な事をこなしている人が多いという事。
    (名選手が名監督にならないのと同じ理屈があるかもしれません。)

    一番厄介な事は、
    武勇伝といいましょうか「就活そんな大変じゃないよ」
    「俺は入りたいと思った3社位しか受けていない」
    「そんなに早くから取り組まなくても、全然内定採れるよ」
    などの楽勝自慢。

    先輩に聞くタイミングが秋を超えれば、
    9割以上の先輩が内定を持っているので、
    落ちまくった先輩も、1つ位は内定を持っていますので、
    敗戦経験という恥ずかしい話は、横において、
    唯一の勝利体験を語りがちです。

    これからの皆さんに大切なのは、
    勝利体験よりも、勝利へのプロセスと敗北へのプロセスを知って、
    手遅れにならないように備えることです。

    飾らない生の情報が獲れるのは、先輩の就活が終わったばかりの今、
    どの内定を受けようか迷っている今、
    思い通りに内定がもらえず、就活を継続している今の先輩に
    いつ頃、どんなこと、どのくらいのボリューム行ったかなどの
    プロセス情報を集めて、自分なりの勝利へのプロセスを計画することです。

    メディアも、周りの大人も売り手市場と騒いでいます。
    細部を見ずに、短絡的に「より大手」の受験を勧める大人も少なからずいます。

    しかし売り手市場とは、求人総数と求職総数の単純比較でしかなく、
    個々には、書類が通らない、一次面接で落ちるという悲鳴が
    たくさん聞こえています。

    偏った意見を鵜呑みにせず、多角的に情報を採って
    正しい道を見つける。
    できる社会人はみんなやっている事です。

    せっかく早くから動くのです。
    今しかできない情報収集してみましょうよ。

    就活アドバイス | 2017.06.28 09:00
  • 新潟っていいよね

    応援団 えだ
    みなさん初めまして。
    にいがた就職応援団のえだです。

    さて、まずは軽く自己紹介から。

    新潟生まれで新潟育ちです。
    私の故郷は自然豊かな田舎なのですが
    多少?!不便なところはありましたが
    なぜか進学や就職で新潟県外に出たいと思ったことがありません。

    住環境の好みは人それぞれですから
    私の好みと言ってしまえば、それまでなのですが
    新潟はとても住みやすい所だと思うのですね。
    食べ物も美味しいものが充実していますし
    時折、全国各地を旅するにもそう不便ではない。

    振り返れば、わざわざ住む場所を変えたくなるほどの思い
    わが生まれ故郷の新潟での生活に
    そう大きな不満がなかったということなのかなと思います。

    故郷だから無条件で受け入れてしまう所もありますが
    年を重ねる毎に、新潟の良さを再確認する機会が多くなっています。


    みなさんのこれからの洋々たる未来に向けて
    故郷新潟の良さも交えながら
    少しでも、みなさんが前進するためのヒントになるような発信を
    心掛けていきますね!

    良かったら、ぜひ、応援団日記を覗いてみてください。
    よろしくお願いします!



    フリーテーマ | 2017.06.26 19:06
  • 新潟 × スポーツ!!

    応援団/野瀬山
    こんにちは。応援団 野瀬山と申します。

    業務は、学校や学生にみなさんの対応がメインなので、
    これから、様々な場面でお目にかかります。
    毎週のメールニュースも、私から配信しております。
    どうぞ、よろしくお願い致します。

    さて、私は、スポーツ観戦が大好きです。
    新潟は、「アルビレックス」を冠にするプロスポーツがいくつかあります。
    代表格は、サッカーなのですが、ちょっと元気なくて、心配です・・・

    先日終了した、プロ野球交流戦にて、新潟人がひそかに湧いた試合がありました。

    横浜DeNA - オリックス

    横浜     飯塚投手 ・・・日本文理高校卒業2年目
    オリックス  金子投手 ・・・既に球界を代表する投手

    新潟県出身の両投手が、先発したのです!!

    新潟出身の選手は、少ないことに加え、交流戦というまたとない機会です。

    飯塚投手は、これまたひそかに、地元当番があるのではないかと、期待しています。
    7月4日 横浜DeNA - 阪神(ハードオフスタジアム)


    今後も、このコーナーでは、新潟で気になったことや、お勧め情報、スポーツ情報など
    個人的にお送りしていきます!!

    みなさんも、新潟のチーム、新潟出身選手を、ぜひ応援しましょう!!
    新潟のオススメ情報 | 2017.06.23 09:00
  • 新潟の夏は、美味しい夏

    応援団佐藤(ま)
    応援団 佐藤と申します。
    生まれてから、ずっと新潟市暮らし、
    変わりゆく新潟、変わらない新潟を見続けて○十年のベテラン新潟県民です。

    お役に立つかどうかは、分かりませんが、徒然綴っていきますので、
    どうぞ宜しくお願いいたします。

    さて昨日、スーパーのチラシを見ていたら、
    トウモロコシやスイカなど、夏の美味しい食材が目に入りました。
    えだまめも店頭に並び始めましたし、今から本格的な夏が楽しみでなりません。

    新潟の夏の野菜やくだものは、本当に美味しい。

    全国各地に出張や旅行に行く機会がありますが、
    どこへ行っても思うのは、新潟の食べ物はとても美味しいということです。
    普段、当たり前と思って食べているものでも、実は非常にレベルが高いのですね。

    これは、とても贅沢で、幸せなことです。

    あるお取引先の営業の方(新潟県以外のご出身)がこんな話をしていました。

     「以前の赴任地は、ごはんが美味しくなくて耐えられなかった。
     何を食べても美味しくなくて。
     それで、営業成績が上がったら、ごはんの美味しいところへ配属して欲しいと
     頼み込み、成果を上げたので新潟営業所に来れたのです」

    彼は、新潟営業所に在籍していた2年間で、すっかり太りました。
    何を食べても美味しい上に、お酒が美味しいので、ついつい食べ過飲み過ぎに
    なってしまうのだとか。

    人によって、価値観は異なるとは思いますが、
    毎日の食事で、新鮮で美味しいものを、リーズナブルに食べることができる、
    それだって新潟で暮らす理由になるのですね。

    私も、食べ過ぎて太らないよう注意しながら、夏の食材を楽しみたいと思います。





    フリーテーマ | 2017.06.21 12:46