応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ 応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ 応援団スタッフBlog LOVE★ニイガタ
  • 対策が重要

    応援団:井上
    こんにちは。高校時代まで野球部だった応援団:井上です。

    早速ですが、一昨日、新潟県内で一大ニュースがありました。

    夏の高校野球の県予選で、強豪・日本文理が新潟高校(けんたか)に敗れました。日本文理と言えば甲子園で準優勝やベスト4にも輝いて今や全国的にも強豪校とみられています。一方のけんたかは、新潟の方ならご存知の通り、県内一の進学校。最近はけんたかも野球の成績がいいとはいえ、下馬評では県内で32連勝中だった文理が間違いなく勝つと思われていたし私もそう思っていました。

    ところがふたを開けてみると、5-3でけんたかが勝利。記事を読むと、けんたかの選手は自主的に研究を重ねて、最速150キロの文理のピッチャーの速球を想定して練習をしていたそう。万全の対策が実ったんですね。

    文理に慢心がなかったわけではないでしょうが、けんたかに対してそこまで大きな対策もせず、どこかに心のゆるみがあって、初回に点数をとられて焦ってしまったんでしょうか。

    事前の「対策」が明暗を分けた気がします。

    話は変わって、就職活動でも対策は万全に越したことはありません。面接では、自己紹介、学生時代に頑張ったこと、志望理由、入社後にやりたい仕事などは間違いなく聞かれる質問です。敬語の話し方や面接の挨拶なども対策すればできることです。

    説明会や面接に行く企業については、自社のHPをチェックするのはもちろん、にいがた就職応援団ナビの各企業や記事のページでも自社HPには載っていない情報が載っているので、多くの情報を仕入れてエントリーした企業に合う対策を考えましょう!
    就活アドバイス | 2018.07.20 09:00
  • 自分を信じるのも大事

    応援団:桑原
    こんにちは!
    応援団 桑原です。

    皆さんは、自分の意見や提案が他人から否定されたときも、「次はやってやる」と
    頑張り続けることができますか?

    この前みたテレビ番組内で、印象に残った企画があるので紹介します。

    その番組で紹介されていたのは、とあるハンバーガーチェーン店の男性社員。
    現場を経験後、商品開発部に抜擢された人でした。

    男性は開発部に配属後いくつもの商品を提案してきましたが、
    ボツになったものばかり。提案するたび上司から、
    「これは具が多すぎて食いづらい」
    「これはお客様を感動させるのではなく、店の儲けばかり考えている」
    といった指摘があったそうです。

    番組では、“ボツになったメニューを販売しよう!”という企画が
    実施されました。
    男性社員が開発した複数のボツメニューを出演者が試食して1品選出し、
    期間限定で販売されることになったのです。

    最後に男性社員が言ったのはこの一言。
    「自分の開発したハンバーガーが、初めてお店に出ます!ありがとうございます!」

    開発部に抜擢されたといっても、何年間も自分の提案が受け入れられずここまで来たとのこと。
    苦境を毎度乗り越え挑み続けた結果、ついに提案したハンバーガーが商品になったのです。

    男性は「これからもお客様に感動していただけるよう、開発し続けます!」と言っていました。
    自分を信じて。

    就職活動もまずは行動することが第一ですが、「信じること」も欠かせません。
    1社選考を受け終えたら、まずは信じてみましょう。やれることはやったと!

    期間がかかってもいいです。納得できる未来を選べるのは自分だけ。
    長く歩けば歩くほど、心も成長していきますよ。
    フリーテーマ | 2018.07.19 10:00
  • あなたはどの状態?

    応援団:宇野
    皆さんこんにちは。応援団 宇野です。

    毎日猛暑で大変ですが、体調崩してませんか?
    水分補給としっかり食事を摂って夏を乗り切りましょう!

    皆さん、現在の就活はどんな状態ですか?

    ①やりたいことが決まっていて、そのために何をすればいいかわかっている
    ②やりたいことは決まっているが、そのために何をすればいいかわからない
    ③やりたいことは決まっていないが、とにかく就職したい

    こんなところでしょうか。

    ①の人はおそらく一番少ないのではないでしょうか。
    この人は何も言うことはありません!全力で行動してください!

    ②、③の人が一番多いのではないでしょうか。
    特に②の人は、何をすればいいのかがわからないだけなので、色々な人に話を聞いてみましょう!

    人間は自分で経験してきていないことに対して正確なジャッジをするのが難しいと思います。
    であれば経験したことがある人や知っている人、見たことある人、聞いたことある人に
    聞くのが一番です。

    OB、人事担当、家族、友達…たくさん情報を得て、それをヒントに道筋をみつけましょう。


    7/29(日)は就職縁日です。
    企業ブースに行って、人事担当者にどんどん聞いてみましょう。
    応援団も気軽に相談できる、就活ヘルプ★デスクもやっています。
    就活のプロが就活相談を受け付けていますので活用してください!
    就活アドバイス | 2018.07.18 13:10
  • 夢を味方に

    応援団:堀
    こんにちは。応援団/堀です。


    昨日は「海の日」でしたね。
    早速、海水浴を楽しんだという人もいるのでは?
    全国的に今週も暑い日が続くようです。
    体調管理をしっかりして、就活に、遊びに、
    今年の夏を満喫しましょう!


    今日は、私の知人であるA先輩の話をしようと思います。
    かつて一緒に仕事をしていたA先輩は、
    周囲の信頼も厚く、常に明るくパワフルな憧れの存在。


    そんなA先輩の毎日は「目標」を中心に動いています。
    毎朝「小さな目標」をたてて、就寝までに必ずやり遂げる。
    新年には「大きな目標」を書き留め、常に目にする場所に掲げる。
    目標はあまり無理せず、努力次第で手が届きそうなものにする。


    日々、毎年、コツコツと少しずつですが
    確実にレベルアップできる方法を体現しています。


    目標は、うんと大きいほうがやる気になるという人もいれば
    A先輩のように目標をたてるという人もいますよね。
    大事なのは、目標達成に向けての取り組みだと思います。
    夢の実現に向けて、自分に合った努力を続けて行きましょう!
    フリーテーマ | 2018.07.17 10:00
  • 原体験

    応援団:星
    こんにちは!応援団:星です。

    昨日は久しぶりにエアコンをつけず
    窓を開けて夜風を感じながら眠ることができました。
    これからますます厳しい暑さに見舞われることと思いますが
    皆さん、体調に気を付けて乗り切りましょう!



    さて。昨日、ある看護師の方に取材をしました。
    今年の4月に就職したばかりというその方に
    なぜ看護師を目指すことになったのかを尋ねると
    きっかけは高校生の時の就業体験だったそうです。

    就業体験で看護の現場を選んだ理由は
    友達に誘われたから。
    ご本人いわく、そこには全く自分の意思はなかったそうです。


    迎えた体験の日。
    その方の容姿をみて、ある患者さんが言いました。

    「あんたみたいな看護師さんがいたら、頼りになるわ~。」


    今考えると
    運命の瞬間は、その時だったそうです。


    昔からスポーツが好きで、健康にだけは自信があったと語る彼女。
    確かに、看護師さんって、病棟の中を忙しく動き回っているし
    患者さんを移送したり何人分もの食事を運んだり、体力を使います。

    責任感の強い方がと言われればそうでもない。
    細かいことを覚えるのも、得意かと言われればそうでもない。

    それでも。
    『患者さんが自分をみて、頼ってくれる。』

    紛れもない現実と、それに対してほんの少し動いた自分の心を信じて
    看護の道に進むことを決めました。

    専門学校での難しい勉強も
    厳しい実習先での指導も
    国家試験も
    緊張で手が震えた初めての点滴も
    つまづきそうになる時は必ず
    あの患者さんの言葉を思い出すそうです。


    失敗したらどうしよう。
    こんな悪いことが起きたらどうしよう。
    マイナスの要素も頭に浮かべてしまうのは
    人の性だと思います。

    それでも、小さな小さなきっかけを頼りに
    その先も厳しい現実を乗り越えられることがある。
    そんな人生ドラマに触れることができました。



    あなたにもそんな原体験、ありませんか?
    思い返してみてください。
    次の一歩を決めるヒントになるかも?
    フリーテーマ | 2018.07.13 12:20