応援団ピックアップ企業
理工系発見!高技術企業
応援団ピックアップ企業
理工系発見!高技術企業

株式会社大原鉄工所

バイオガス発電機など多分野に事業を展開。
社会的ニーズに応える雪上車のトップメーカー

1907年、石油掘削用機械部品の鋳造メーカーとして創業した株式会社大原鉄工所。日本で初めて雪上車の量産に成功したことをきっかけに大きく飛躍し、これまで社会的ニーズの高い製品を多く開発してきました。近年では、廃棄物処理施設やリサイクル施設で使われる機械設備などの環境分野へと事業を拡大し、着々と実績を築いています。時代を読む力と、長年にわたり培ってきた確かな技術力。それによって開発された数々の製品は各業界で高く評価されています。同社の強みや最近のトピックス、今後の戦略などを紹介していきます。

基本データ

  • 創業/明治40年10月
  • 資本金/4500万円
  • 本社所在地/新潟県長岡市城岡2-8-1
  • 連絡先/0258-24-2350
  • 社員数/170名(2018年1月現在)
  • 売上高/37億7500万円(2016年度)
採用情報を見る
この記事のPDFファイルを取得 Adobe Readerのダウンロードはこちら

「車両事業」と「環境事業」を2本柱に新分野へチャレンジ

イメージ
イメージ

石油掘削用機械部品に始まり、掘削用泥水ポンプ、水門設備、下水処理機器、廃棄物処理機器など、常に時代を読み、社会的ニーズの高い製品を開発してきた大原鉄工所。現在は、車両事業と環境事業を2本柱に展開しています。

車両事業は、1952年に国内で初めて雪上車を量産化して以来、同社の根幹を支える事業として位置づけられています。中でも、スキー場のゲレンデ整備車においては日本唯一のメーカーとして国内シェアの40%を獲得。今年、これまでの経験とアイデアをもとにフルモデルチェンジした新型車を発表し、ますます注目を集めています。また、防衛省に納める自衛隊用雪上車及び南極観測隊が使用する雪上車は、そのほとんどを同社が製造しています。

環境事業では、1959年に着手した屎尿処理における化学処理装置の開発・製作で第一歩を踏み出しました。リサイクル分野にも進出し、容器包装リサイクル法の施行に伴って、容器を粉砕して材料ごとに分別する機械を開発。それをプラント受注につなげてきました。近年はこれら環境インフラに焦点を当て、国の方策でもあるリサイクルや再生可能エネルギー関連の事業に開発投資を集中させています。

同社が取り組む事業は多岐にわたり、時とともに変化し拡大していますが、その成長を支えているのは、時代を読む力と、その変化を好機ととらえ、積極的にチャレンジしていく姿勢にあると言えるでしょう。

バイオガス発電設備でも着実に実績を構築

イメージ
イメージ

特に注力しているのが、環境事業における「バイオガス発電設備」です。これは生ゴミや食品残渣、下水汚泥、家畜糞尿などから発生するメタンガスを使った装置で、これまでに30kWh、60kWh、90kWhの小型発電機を開発。今も長岡技術科学大学と共同でバイオガスを利用した多様な環境システムの研究・開発を進めています。

さらに機械を販売するだけでなく、再生可能エネルギーの買取制度を利用し、売電して事業を運営するスタイルを主に自治体に向けて提案。同社が設備投資し、収益の一部を自治体に還付するPFI事業を推進し、既に栃木県佐野市では昨年4月よりスタートしました。その後も、埼玉県、宮城県への事業展開が決定。公共インフラ維持継続の担い手としてバイオガス発電設備を盛り込んだ新たな市場創生は着実に実を結んでいます。

「市場開拓は国内にとどまりません。FS調査(新規事業などプロジェクトの事業化の可能性を探る調査)をフィリピンからスタートし、今後は5年以内に東南アジアを中心とした販売網を確立したいと考えています」と小坂井営業部長。バイオガス分野で先行しているヨーロッパ諸国においては、現地メーカーとのライセンス契約がさらに拡大しています。

ほかの再生可能エネルギーに関しては、数年前から長岡市と連携して県内初の小水力発電機、地熱発電の一種である温泉発電機への取り組みも開始。それらは規制が緩和されつつあるため、今後期待できる分野です。ここにも同社らしい先取の気質とチャレンジ精神が見てとれます。

再生可能エネルギーの総合メーカーを目指して人材育成にも注力

イメージ
イメージ

同社の特徴は、スケールメリットを出すことが難しく、大手が参入しにくいニッチな分野に特化した製品を開発し続けていること。安定した事業基盤を保ちつつ、常に新しいマーケットを模索しています。「ニッチ分野にスポットを当て、他社と価格競争にならない、ある程度独占販売できる可能性をもった市場を狙っています。言わばベンチャー集約企業のような会社ですね」と小坂井営業部長。またやみくもに事業規模を拡大するのではなく、ある程度の規模まで育てて十分な資金を確保し、より社会貢献度の高い製品開発に投資しようというのも同社のポリシーです。それを着実に推し進め、再生可能エネルギー分野の総合メーカーを目指しています。

同社の多様な事業を支えているのは精鋭の技術者集団。設計を担当する技術部は常にスキル向上に努め、製造を行う生産統轄部は、ある時は雪上車を、ある時はバイオガス発電機を一貫製造する体制を整え、フレキシブルな技術力を身につけています。そんな同社にとって、人材育成はまさに極めて重要な課題。「もちろん学生時代に身につけた技術や知識を持った人はアドバンテージがありますが、創造力や行動力があれば文系でも問題ない。現に営業職で活躍している文系出身者もいます。大切なのは前向きであることです。当社は様々な分野への挑戦を続けているため、柔軟性があり、変化に対応できる人であることが望ましいですね」。

また若手やベテランに関わらず、社員一人ひとりに与えられる裁量が大きいのが同社の社風です。「それにより技術者の探求欲が満たされるのは確実です。のびのびと力を発揮して自らの成果を確認し、さらに技術を高めるという意味では大手企業よりもやりがいに満ちているのではないでしょうか」と小坂井営業部長。

例えば、南極観測隊には雪上車の運転や整備を担う同社の社員1名が同行するため、「南極へ行きたい!」という動機で入社する人もいるのだとか。モノづくりに興味のある人、チャレンジ意欲のある人にとっては、やりがいを実感できる好環境です。真摯に取り組めば、必ずその道の「スペシャリスト」になれるはずです。

採用情報を見る
この記事のPDFファイルを取得 Adobe Readerのダウンロードはこちら
応援団PICK UP企業 一覧へ戻る