新潟の業界リサーチ 新潟の業界リサーチ 新潟の業界リサーチ

生活基盤関連(電力・ガス・エネルギー/交通・運輸/介護・福祉/教育・スクール)
複雑な産業構造・人口構造を根底から支える。
新潟の、日本の未来を照らすのは
この業界群かもしれない。

電力・ガス・エネルギー

新潟のエネルギー産業なくして 日本中の“当たり前”は存在しない!?

新潟県では古くから原油・天然ガスの開発が行われています。生産量は全国1位で、シェア率は原油が国内生産の66.4%、天然ガスが国内生産の78.2%。また、発電所の数も多く、柏崎刈羽原子力発電所、東新潟火力発電所などで発電された電気の50%以上が、県外に送電されています。県内のエネルギー産業は、日本全国でも重要な立ち位置にあるのです。

応援団ナビに掲載中でこのジャンルに属する企業の多くは、生産された各種エネルギーが安定供給され、滞りなく機能するよう多方面から支える事業を運営しています。私たちが当たり前のようにエネルギーを利用できる理由。それを支える仕事の意義深さ。ぜひ感じ取ってください!

交通・運輸

全国・世界に向け縦横無尽に駆け巡る! 日本海側有数の輸送拠点、新潟

このコンテンツではあらゆる業界やその仕事について紹介していますが、そのどれをとっても、モノやサービスの「流れ」が生じない限り、利益は上がりません。その「流れ」を司る交通・運輸業界各社の存在は、産業全体に大きく影響しているのです。

陸・海・空と輸送ルートが充実している新潟ですが、中でも新潟港・直江津港を拠点に海外取引を交わす県内企業は少なくありません。中国、韓国、台湾やマレーシアなどアジア圏をはじめ、各国を相手に輸出入が行われています。日本海側を代表する貿易窓口として、県内経済の発展を根底から支える当事者として、業界全体に若い人材の確保と育成は急務となっています。

介護・福祉

現代になくてはならないサービス。どこでも通用する経験と資格を手にするなら!

2016年10月時点、新潟県における65歳以上の人口は697,071人。これは総人口の30.6%で、全国平均(27.3%)を上回る数値です。人口高齢化の傾向は今後も続く見込みで、介護サービスの充実を求める県民の声は増える一方。介護・保育を融合させた総合福祉サービス、建設など全く主業種の異なる企業による介護サービスなど、新潟では個性的な事業者も増えています。関連施設として病院があるケースなどは、連携体制を活かしたケアを提供しているようです。

資格取得や研修受講に対する優遇制度が整っているので、キャリアUPを図りたい方には魅力的な業界。まずは施設見学にトライしてみてはいかがでしょうか? 福祉系以外の学部学科でも受け入れてくれるケースがほとんどです!

教育・スクール

子どもの数が減る中、何を提供できるのか? 教育業界は今、真の実力を発揮する

ここ10年、出生率が下がり続ける新潟。高齢者が増える一方で、教育を必要とする子どもの数は減少しています。公立学校でも統合が進む現代、生徒数の確保に課題を感じる教育機関は少なくありません。

とりわけ新潟は、大学・短大への進学希望者のうち県内校への進学を決める学生が47.7%。半数以上は県外へ進む現状があります。一方、専門学校人気は高く、進学率26.5%で全国2位。各校とも学生からの人気UPに向け、カリキュラムや講師、設備の充実と広報戦略の強化に余念がありません。生徒が勉強に打ち込める環境を整える上で、盤石な運営体制は不可欠。競争社会で闘っているのは、生徒も職員も同じです。一層の運営力増強が図られています。