にいがた就職応援団ナビ2019

先輩社員登場!
菊水酒造株式会社

営業部
齋藤 健太(営業職)
【入社年:2016年 出身校:拓殖大学卒】

わたしの仕事を一言で表すと?:

“良い酒”と“楽しい時間”の提供

現在の仕事について

詳しい仕事内容

訪問先の酒販店様より商品のご注文をいただく他、商品の情報提供、お客様のニーズに応じた商品のご提案をさせていただいています。また、販売会では大勢のお客様へ商品のご紹介をさせていただきます。

標準的な一日のスケジュール

朝礼後、自らが立てたスケジュールに沿って地元の酒販店様を訪問し、商品の受注やその他ご依頼に対応します。帰社後は一日の振り返りと進捗状況に応じたスケジュールを見直しを行い、翌日の営業活動に備えます。

嬉しかったこと

販売会の際、日頃よりご愛飲いただいているお客様からお褒めのお言葉をいただいた時や、まだ菊水の酒に馴染みがないお客様に対し商品の魅力をお伝えし、購入していただける時には喜びを感じます。

魅力・面白さ

お酒は全社員が協力し、一生懸命つくりあげるもの。それをお客様へ販売するという責任は大きく、緊張感は常にあります。しかし、販売を通じて「いつも飲んでいます!」「また買いに来ます!」といったお言葉を聞くことができた時にやり甲斐を感じます。

苦労・難しい点

商品の魅力の伝え方は非常に難しいです。お客様に菊水の日本酒を飲んでみたい、と思っていただけるよう常に工夫しながらお伝えしています。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

地元新潟で生まれ育った私は、幼いころから「新潟といえば日本酒、日本酒といえば菊水酒造」というイメージを持っていました。就職活動をする中で、日本文化としての日本酒を守り広げるために挑戦する企業の姿に強い憧れを抱き、「ここで働きたい!」との思いから志望しました。

職場の雰囲気について

家庭的な雰囲気がある職場です。先輩は優しく、親身になって仕事を教えてもらっています。お昼休みには全社員が食堂に集まり、会話を楽しみながら昼食を食べています。部署を超えた関係の良さを感じます。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

入社前後で会社に抱くイメージに大きな変化はありませんが、幼いころから抱き続けてきた「新潟といえば日本酒、日本酒といえば菊水酒造」というイメージをより多くのお客様にお伝えし共有したいという強い気持ちを持つようになりました。

就職活動中の学生さんへメッセージ

今ある時間を大切に活用してください。後悔のないように、精一杯就職活動に取り組んでください!

他にこんな企業も見てみませんか?