にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
人物に注目! 合言葉は「仕事を楽しむ」
先輩社員登場!
株式会社トラスト

システム開発部
長谷川 卓哉

わたしの仕事を一言で表すと?:

「面倒を簡単にする」
人間から見たら無限に近いような膨大なデータも一瞬で望んだ形のデータ変えてしまいます。
こうして面倒なことが簡単になります。
面倒なことが簡単になると余裕が生まれます。
余裕ができればクオリティーが良くなりったり、また新たなことができる様になります。
こうして暮らしが豊かになっていくのかなぁと思います。
人々の暮らしが豊かになるちょっとしたお手伝の仕事でしょうか。

現在の仕事について

詳しい仕事内容

プログラムの仕様書作成、コーディング、テストなどをしています。
大きなプログラムで長くかかる案件やちょっとしたバグ修正対応と色々種類があります。

標準的な一日のスケジュール

昨日の作業実績報告、本日の作業予定確認

プログラム製造
(仕様書作成、コーディング、テストなど)
または保守作業
(不具合の調査、修正、機能の改善など)

作業日報作成

嬉しかったこと

バグを見つけたときです。
プログラムはバグを起こらない様に作られていますが、それでも不具合が起こってしまいます。
そういったときバグは思わぬところに隠れていたりするので見つけるのが大変です。
時間を掛けてやっと見つけたときはとてもうれしくなります。

魅力・面白さ

プログラミングは製造でありながら間違っても良いという点です。
どんなに上手く作ろうとしても必ずといっていいほどバグが出ます。
バグは間違いではありますがその部分のソースをちょこっと書き換えればそれでおしまいです。
たとえば食品加工の会社の製造では、こうはいきません。間違った物を作ったら原料がまるまる無駄になってしまうわけです。
プログラミングでは間違うことが前提なので最終的な納品物にバグがないようにさまざまなテストを行う事がスケジュールに組まれているわけです。
また間違った操作でデータが失われないようにバックアップやログを残して復旧を可能にしています。
間違った物が簡単に直ったり、なくなったものが元にもどる。まるで魔法の様で面白くはないでしょうか。

苦労・難しい点

保守作業です。
ユーザーからの不具合の報告でバグの修正対応に苦労することがあります。
嬉しかったことでも書きましたがバグが起こらないように作られているのでバグが見つけづらいこともあります。
ユーザーの起こった現象の再現にすらなかなかたどりつかないこともあります。
その様な場合はさまざまなデータや条件を変えて一つ一つ可能性をつぶしていかなければならないのでとても苦労します。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

人を大事にしてくれる会社だと思いました。
人を蔑ろにする会社に居ては自分がつらいだけではなく、人がとどまらないので技術や記憶の蓄積がなくなってしまいます。
そんな会社の今後の発展は望めないでしょう。

職場の雰囲気について

上司や先輩の方々はみな優しく教えてくれるので
難しい部分があったりしてもスムーズに解決できました。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

IT業界と言えばいわゆるブラックなイメージがありましたが 残業などはほとんどなく定時で帰れています。

作業の面ではコードをひたすら書いたりするイメージがありましたが
アプリケーションの作成はコーディングだけはなく、仕様書作成やテストなどコーディング作業ではない部分も多くあるということです。
コーディング作業でも奇抜なコードを書くのではなく、ある程度のルールに則って書いていくので作業を進めやすいですし、ルールに則って書いているので保守作業がしやすいです。

就職活動中の学生さんへメッセージ

プログラムはバグとの戦いです。
上手く動くだろうと思って作ったものでもテストをするとバグが見つかったりします。
そんなときでも失敗はあるものだと思いトライ&エラーを繰り返して目的のプログラムを作ります。

就職活動においても同じだと思います。
1つの会社に落ちても別の会社がたくさんあります。
たとえ希望の会社に入ったとしても自分と合わないこともあります。
そんなときはさっさとやめて別の会社にいけばいいです。

採用試験に落ちないことが偉いわけではないですし、
会社を辞めないことが偉いわけではありません。

自分が何をしたいかが大事で会社はその媒体でしかないので
失敗を恐れずトライ&エラーの気持ちで就職活動をがんばってほしいと思います。
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです
人物に注目! 合言葉は「仕事を楽しむ」

他にこんな企業も見てみませんか?