にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
先輩社員登場!
三条信用金庫

栄支店 木村 昌弘
【入庫年:2015年入庫 出身大学:日本大学経済学部 趣味:釣り】

わたしの仕事を一言で表すと?:

お客さまに感動して頂けるような仕事を心掛けています。

現在の仕事について

詳しい仕事内容

営業担当として、法人、個人事業主、個人のお客さまへの渉外活動を行っています。預金や融資だけでなくお客様のライフサイクル応じたニーズに合わせて保険や、投資信託の提案も行っています。

標準的な一日のスケジュール

8:40 
朝礼後のミーティングでは担当しているお客さまの情報を営業担当全員で共有し、課題や問題点についての解決策について話し合います。
9:30 
新規訪問先も含め法人のお客さまを中心に訪問します。
12:00 
午前中に預かった現金や書類を整理してランチタイム。
13:00 
午後からは個人のお客さまを中心に訪問します。
16:30 
お客さまとアポイントを取って翌日以降の訪問予定を立てます。
また、当日の情報は上司に報告してスピーディーな仕事を心掛けています。
17:20 
終業時刻。お疲れさまでした。

嬉しかったこと

お客さまと向き合った結果、お客さまとの信頼関係を築き喜びを共有できたことです。以前よりも一歩踏み込んだ内容の話ができた時、私の提案を真剣に聞いてもらった時は特にこの仕事を選んで良かったと思います。

魅力・面白さ

お金を貸すことだけが仕事ではないというところが信用金庫の魅力です。お客さまの将来のことを一緒に考えて寄り添っていくことが、やりがいにもつながり、信用金庫職員としての醍醐味です。

苦労・難しい点

様々な知識を身に付けなければいけないという点では苦労していますが、自主参加の研修もあり、学ぶ環境は充実しています。私は、定期的に開かれる土曜セミナーを活用して知識の修得に励んでいます。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

私は、金融機関のなかでも地域の発展に重きを置いている信用金庫で働き、地域のお客さまにとって一番近い存在になりたいと思って就職活動をしていました。そのなかでも製造業を中心に多くの中小企業が集まる三条・燕地域を拠点としていること、企業説明会や職員との座談会などから三条信用金庫で働きたいと強く思ったことが入庫動機です。

職場の雰囲気について

仕事の話はもとより、趣味の話まで、なんでも打ち明けることのできる職場です。また、オンとオフの切り替えがしっかりしていてメリハリがあります。仕事は仕事、休日は休日、飲み会は飲み会といった感じです。ちなみに私の休日は、仕事のことを忘れ、釣りや野球をして気持ちをリフレッシュしています。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

想像していた金融機関の堅いイメージはなく、風通しの良さを感じます。業務面では、お客さまのお金や個人情報に触れる機会が多いことです。仕事の内容を理解していくにつれて仕事に対する責任感が強くなってきています。

就職活動中の学生さんへメッセージ

就職活動は、企業を知る良い機会なので、自分の興味のない業種でも説明会などに足を運んでみると良いと思います。金融機関に勤めるうえでも他業種について知っていることも役に立ちます。その中で、三条信用金庫で人として成長したい、やりがいを見つけたいという方は、お客さまのため、地域の発展のために私たちと一緒に頑張りましょう。
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?