にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
先輩社員登場!
NST(株式会社新潟総合テレビ)

NST営業企画本部 新潟営業部副主事
田才 龍章(28歳)
入社年 2011年4月
明治大学 経営学部経営学科卒

わたしの仕事を一言で表すと?:

テレビ媒体を活用した番組・CM・イベントの企画提案

現在の仕事について

詳しい仕事内容

民放は視聴者からの受信料を頂かない為、広告収入を収益源とし成り立っています。
「新商品を発売するので新潟県内の多くの人達に伝えたい」、「会社の認知度や信用度を高めたい」…そういった各企業の広告ニーズに基づき、テレビ媒体を使った効果的な広報・宣伝を企画提案するのが私の仕事になります。基本的にはNSTの電波を通じたCMや番組等の提案になりますが、時にはイベントを企画・実施することもあります。

例:「アウトドアブランドをPRしたい!」
→トレッキングのイベントを企画、CMで告知し集客を図る等

広告代理店・スポンサー企業を訪問し、まずは各企業のニーズを汲み取ることが私の仕事のスタートになります。まず心を開いていただく必要があるため、社内外問わず、相手の気持ちを察し、人間関係を築いていく仕事になります。

標準的な一日のスケジュール

8:00~8:30    出社
8:30~9:30    メールチェック・アポ取り・資料作成・打合せ等
10:00~12:00   代理店・スポンサー各社営業周り
12:00~13:00   昼休憩・デスクワーク
13:00~17:00   代理店・スポンサー各社営業周り
17:00~18:30   メールチェック・企画書作成等デスクワーク
19:00~       接待・懇親会

嬉しかったこと

競合の中で自分の企画が採用され、新たな番組コーナーが開始
「テレビ局の営業」という仕事の魅力の一つとして、関わる仕事の幅広さが挙げられます。
CMのプランニング、スポンサーとのタイアップ番組、イベントのプロデュースなど、自分のやる気とアイディア次第で多くの事が実現可能です。
私が担当するクライアントで、番組と絡めたPRができないかという依頼があり、県内4局の競合状態になったことがありました。前例が無い話だった為、調整も困難でしたが、多くの方の協力が有り、NSTの提案が採用になったときは本当に嬉しかったです。同時に、社内外の方から協力して頂く事の喜びと、相手に感謝することを学ぶことが出来ました。今後もこの時学んだことは忘れないでいきたいです。
結果として、自分がテレビ番組のレギュラーコーナー新設に関われたことは、貴重な経験でした。

魅力・面白さ

少数主義の会社なので全員と密なコミュニケーションを取りやすく、また、社員の平均年齢も若い為、NSTまつり等一つの目標に一丸となって向かうエネルギーは他局に負けないと思います。

苦労・難しい点

営業として致命的ですが、人見知りでコミュニケーション能力が低いので、最初は非常に苦労しました…。笑
でも裏返していえば私のような人見知りの方にとっては、成長できる環境だと思います。

入社動機・この会社を選んだ理由は?

少数精鋭で若い時から戦力として活躍できる、成長できる環境
私は社会人になる上で、「強い組織に身を置くことで自分自身の成長につなげたい」と考えていました。
NSTでは内定後のアルバイトがあり、その際に各部署を一通り経験することになるのですが、まず感じたのは若い先輩が非常に多いこと。そして、自分と年齢もあまり変わらないような先輩たちがバリバリと活躍されていることでした。「NSTは県内で一番少ない人数で、一番の結果を出す」、実際にそんな環境で働いている諸先輩方を見て、私もそうなりたいと強く感じ入社の意思を強くしました。

職場の雰囲気について

仲良い中でも、厳しく、お互いを高め合う社風だと感じております。

入社する前と後で会社・仕事に対してイメージが変わった点は?

社員の皆さんも、お得意様も、新潟県人は本当に気さくな方が多いです。

就職活動中の学生さんへメッセージ

就職活動には正解が有りません。受験のように数値化できる指標や、「こう答えれば受かる」なんてことも有りません。だからこそ不安になりますし、内定が出ないときは自己否定をされたような気持になると思います。でも、諦めなけれず自分を選んでくれる会社に必ず出会います。会社だって偏差値もなければ、「この企業に入社したら正解」といったものはありません。大切なのは、最終的に自分がした選択や、置かれた環境を自分自身の力で正解にしていくことだと思います。
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?