にいがた就職応援団ナビ2019

IPPO君がゆく!応援団ルポ
時代の変化に応じたニーズをキャッチ!

“先見性”と“チームワーク”で様々な事業を展開

パルコミュニケーションズの事業内容と働く環境をルポ!

メイン画像PC用

「自然環境の保全と環境に優しい企業活動」を念頭に、電気通信事業やエコ事業を展開。快適で安心できる暮らしをサポートするパルコミュニケーションズ。テレビ放送の地デジ化やLED照明の進化など、社会の動向から生まれるニーズを的確にとらえ、いち早く事業につなげてきた先見性は同社の強みです。また近年では、電気自動車の充電設備工事もスタート。新たな市場の広がりを見据えて、営業活動を強化中です。そこで今回は、同社の幅広い事業とその魅力を探ってみました!

イメージ
時代の変化が手にとるように分かる多彩な事業展開

同社の特徴は、時代のニーズに応じて幅広い事業を展開していること。その始まりとなった電気通信事業では、地デジ放送の導入工事やインターネットのLAN構築、ホテルなどのペイテレビシステムの案内など多様な業務を手がけています。その細かな変遷を見ると、時代の流れが分かって実に興味深いんですよ!「また東京営業所では、ビル陰になってテレビ映りが悪いというケースなど、様々な電波障害のコンサルティング業務も多く担っています。通信に関わるあらゆる要望に対応できること、そして信頼できる職人さんによる丁寧な施工も当社の強みです」と東京営業所の高橋さん。新潟本社と連携しながら、多彩なサービスを全国に提供しています。

同社はそのほかにも、LED照明や太陽光発電などのエコ事業にも注力。最近では人材派遣業もスタートしました。「それぞれの事業を結びつけることで、多方面からお客様の役に立つことができるのは当社のメリット。今後も、皆さんの安心と豊かな暮らしをサポートしていきたいと思っています!」

イメージ
力を注ぐエコ事業の3本柱とは?

「地球温暖化問題や、震災以降の電気の不安定供給など、様々な問題への対応強化が求められている今、当社はエコ事業にも力を入れています」と新潟営業所の所長、杉山さん。社会貢献度の高い事業を数多く展開する部署ですが「LED照明」「太陽光発電」「電気自動車の充電設備」が現在の3本柱です。

LED照明については、ホテルなどの宿泊施設や商業施設、オフィスなどへの導入に対応。「2020年に水銀灯が製造中止となるため、今後ますますLEDの需要が高まるのは必然です。テレビがアナログからデジタルになったときと同様に、照明の分野でも時代の境目に関わることができるのは、当社ならではのちょっとした面白みですね(笑)」。

太陽光発電では、住宅用からメガソーラーの設置まで広く対応し、点検やアフターフォローも万全に。また、新たな事業として電気自動車(EV)の分野にも!「日本は出遅れていると言われますが、これからはEVが急速に普及するでしょう。そのためにも、まずはEVの充電設備を増やし、環境を整えることが最優先に。その設備工事は今後大きく伸びる分野だと思いますよ」。

イメージ
電気自動車メーカー「テスラ」の指定工事店に!

さて、同社が電気自動車充電設備の分野に進出するきっかけとなったのは、アメリカの電気自動車メーカー「Tesla(テスラ)」との出会いでした。「走り出しからスムーズで何より快適。多種の制御装置が充実していて、大きなタッチパネルでほぼ全ての設定ができるのがテスラの車です。テスラはメーカーでありながら、自動車を売ることより、環境に配慮した持続可能な社会づくりを最も大切に考える会社なんです。そこに当社の社長が共感し、いち早くアプローチして指定工事店となりました」。そう教えてくれたのは電気工事士の資格を持つ本間さん。その知識と技術を生かして、現場の施工を担当しています。

電気自動車の普及を支えるのは、やはり設備の充実。現在は、高速道路のサービスエリアや道の駅、大きな商業施設などに充電スペースができているものの、まだまだ足りないのが現状です。「充電の機械はメーカーから支給されるため、お客様の負担が比較的軽いのはテスラの特徴です。その利点をアピールしながら、電気工事士としてはお客様の安全と安心をしっかりと守り、信頼につなげていきたいと思っています」。

イメージ
和やかでアットホーム、事業部を超えたフォロー体制も万全!

少数精鋭で様々な事業に取り組む同社。職場はどのような雰囲気なのでしょう? 総務部の伊達さんを直撃しました。「とても和やかで働きやすい環境です。現場作業に行く社員も多いので全員が集まることは少ないのですが、事業部を超えたフォロー体制も築かれていて、しっかりとコミュニケーションはとれています。話しやすい先輩が多く、困ったときは的確なアドバイスもしてくれます」。

経理や労務関連の手続きなど、幅広い業務に携わる伊達さん。「プライバシーマーク」や「エコアクション21」のマネジメントも担当しています。「2年に一度の監査では膨大な資料を作成します。なかなか大変なのですが、担当者と綿密に準備し、一緒に乗り越えています」と伊達さん。同社のチームワークの良さを物語るエピソードです。

向上心、協調性、そして創造力を大切にするのがパルコミュニケーションズの心。「機械を使うからこそ、人として仕事にどう取り組むかが大切」と社長が言うように、自ら考え、自ら取り組み、フィールドのトップランナーを目指して全員が力を合わせています!

イメージ

IPPO君の独り言

入口で出迎えてくれるのはロボットのペッパーくん。そして応接室には、ハロウィンやクリスマスなど季節に合わせた可愛らしいディスプレーが。そんな遊び心も同社ならではです。多彩な事業を展開していますが、その共通点は地球や環境に優しいこと。理念に共感して指定工事店となったテスラの充電設備をはじめ、全ての取り組みが持続可能な社会づくりにつながっていることを感じました。そこに全力で取り組む少数精鋭のチームワークも、同社の大きな魅力です!

イメージ