にいがた就職応援団ナビ2019

IPPO君がゆく!応援団ルポ
お客様の安全を守ることで、地域社会に貢献

本社から新潟空港まで!警備の“現場”を間近で見学できる

新潟綜合警備保障の社内見学会をルポ!

メイン画像PC用

お客様の身の安全や大切な財産を守るため、さまざまな警備業務を行う新潟綜合警備保障株式会社。1969(昭和44)年の設立以来、警備のエキスパートとして県内全域で活躍し、企業や個人のお客様から多くの信頼を得ています。

今回、応援団ルポでは、同社がちょっとユニークな社内見学会で学生からの注目を集めているという情報をキャッチ。さっそく取材に行ってきました!

イメージ
各部署一丸となってお客様を守る「チームワーク」がすごい。

お話を伺うのは、人事部の荒井さんです。よろしくお願いします! 「はい、よろしくお願いします。当社の見学会は、本社や近隣の現場をまわり、実際に社員が働いている姿を見れるところがポイントです。「警備の現場」ってなかなか想像しにくいですが、このツアーでばっちり見ていただくことが出来ます! 仕事内容は、警備・営業・技術の3つの職種に分けられ、警備職の中には、防犯センサーから異常信号をキャッチした時に現場に駆けつける『機動』と、それを指揮する『管制』、新潟空港などの施設で常に現場で警備にあたる『常駐』、現金などの貴重品を輸送する『警送』があります。 営業職はお客様との契約・その後のフォローをするための架け橋となり、技術職は警備機器の設置工事やメンテナンスを行います。

それぞれ違う仕事のように見えて、実はすべてのお客様に3つの職種が関わってくるので、部署の垣根を越えたチームワークがとても大切なのだそう。本人の希望や会社の状況に応じて部署異動もあるとのことです。

では、見学ツアースタート!まずは本社をのぞいてみたいと思います。

イメージ
社内研修でスキルアップ&資格取得をサポート!

社内見学会では、まず新潟市東区の本社にある講堂に集合します。入ってみると床は板張りで、まるで体育館のような…?
「ここでは毎日、朝礼を行っているんですよ」と荒井さん。本社以外にも、もう少し大きい講堂があり、社員研修の会場になっているんだとか。入社後に行う6日間の新人研修では、講義と実技の両方を行い、警備業の基礎を身につけるのだそうです。
「全社員が半年毎に受ける定期研修もあります。研修はスキルアップのためであり、また資格取得のバックアップという側面もあります 」。
 お客様の安全を守るべく、定期的に研修を受ける姿はさすがです。

また、さまざまな警備関連の国家資格があるそうですが、同社の合格率は全国平均の6割を大きく上回り、8割近くに達しているとか。これも、プロのインストラクターや指導教育責任者を講師に招いていたり、充実した研修制度を行っている成果ですね。

イメージ
暮らしに身近な警備業を見学してみよう。

講堂を出てガードセンター(管制室)へ、その後、近隣の新潟支社で営業・技術・機動を見学した後は、いよいよ会社を飛び出して新潟空港へ!
「新潟空港で見学する仕事は、手荷物検査、ボディチェック、インフォメーションです。ここは女性警備員が多く活躍していますよ。もちろん男性警備員の存在も欠かせません。ビルの常駐警備でカメラを監視したり、敷地内を巡回したりしています」。

インフォメーションでは、一般のお客様へ飛行機の発着時刻や、新潟の名所などのご案内もしていました。どのような質問に対しても、親切丁寧に対応しているのがとっても印象的です。

次は河渡のショッピングセンターへ。この一角にあるセキュリティショップは、防犯カメラやセンサーといった同社のホームセキュリティ商品を体験できるお店。それに加え、駐車場に設置された監視カメラの映像を24時間体制でチェックする常駐警備の場でもあるのです! 今はこうした大きなショッピングセンターが増え、警備のニーズが高まっているのだそうです。
 こうして一日見学をしてみると、日常のあらゆる場面を守っていただいていることに感謝するとともに、とっても身近な存在に感じました。

イメージ
ズバリ質問!「会社の雰囲気はどうですか?」

見学会に参加した学生からは「もっと体格が良い人ばかりかと思っていたけど想像と違った」「話しやすかった」などの声が多く聞かれるそうです。たしかに、笑顔で気さくな人が多いように感じました。荒井さんも、「社内の雰囲気はいいですよ。社員同士の信頼関係も無くてはならない仕事ですし。特に新人研修は6日間寝食を共にするので、同期の絆は強くなります。打ち上げはかなり盛り上がりますよ(笑)」とのこと。柔道、剣道、バスケなどの部活も盛んで、各種大会で好成績を挙げているそうです。社会人になってもスポーツを続けたい人にもうれしい環境といえますね。
 見学会では仕事を見るだけでなく、業務に支障のない範囲で現場の社員から直接話をしてもらえます。ガイダンスだけでは分からない、現場の空気を感じる絶好のチャンス! 同社に興味がある人は参加しない手はありませんね。

イメージ

IPPO君の独り言

今回は実際の見学会と同じコースを体験させてもらったのですが、女性も多く活躍していたり、社内の雰囲気がとても和やかだったりと、いろいろな発見がありました。
 同社の事業はお客様の信頼があって初めて成り立つもの。荒井さんの「何かあってからでは遅い、できて当たり前の仕事」という言葉が印象的でした。地道にコツコツ継続してこそ、お客様の安全を守ることができる。とても誇り高い仕事だと改めて感じました。

イメージ