先輩社員座談会
先輩社員座談会

今や企業にも個人にもITは欠かせません。それを支えるIT業界は、常に最先端の技術に触れながら新たなスタンダードをつくり続けています。でもITと一口に言っても、そこに携わる企業によって事業や得意分野は様々。どのような仕事をしている会社があるんだろう、やはりコンピュータの知識が豊富じゃないと務まらないのかな、といった疑問や不安を持つ人もいるでしょう。

そこで、新潟のIT企業で活躍する先輩社員3人の座談会を開催しました。それぞれの仕事内容、やりがいや大変なこと、業界に向いている人物像などをたっぷり語ってもらいました。

座談会参加メンバー

藤巻 圭介

藤巻 圭介

株式会社ベーシック
システム部門

小嶋 貴明

小嶋 貴明

株式会社ユニテック
ソリューション企画部

椛沢 直樹

椛沢 直樹

株式会社アイビーシステム
システム部

相手の思いに沿ったシステムづくりを大切にしたい

テーブルトーク
ippo君

応援団:
最初に、皆さんの仕事について教えてください。

staff

藤巻:当社はITを使ったシステムづくりの全般を事業として展開しています。私は現在、実際のモノづくりから少し離れ、プロジェクトマネージャーとして各プロジェクトの進捗、品質、課題などを横断的に管理しています。ただ必要なときはサポートに入るほか、お客様との調整や折衝も行うため、言わばプレイングマネージャーのような役割でしょうか。また新しい技術を使っての課題解決を提案するなど、新規の取引につなげるための活動も重要なミッションです。

staff

椛沢:主にスマートフォンやタブレットを使った企業向けのシステムを開発しています。例えば最近では、商品カタログや学校の教育支援に使用するアプリケーションなどを手がけました。またソフトバンクのロボット「Pepper」のソフト開発なども。私は基本的にプログラミングの作業を担当していますが、それに加えてお客様とのやりとりやプロジェクトの管理も担っています。

staff

小嶋:建設業を営む「株式会社 植木組」の子会社として、自社開発の建設業向けERPソフトウェアパッケージの販売や受託システム開発を行っています。その中で私は、お客様のホームページやイントラネットで使用する業務系Webアプリケーションの設計と開発を担当しています。プログラミング言語はJavaやPHPなどの一般的なものが多いですね。またAIなどの新しい技術を社内で展開できるよう、調査・検証を行うのも仕事の一つです。

staff

藤巻:Web系は新潟のお客様が中心ですか?

staff

小嶋:東京が多いですね。当社は東京本社のほうが人数も多いので、首都圏中心のお客様からいただいたお仕事を東京と新潟で分担して開発する、という形が主体なんです。

ippo君

応援団:
どのようなときに仕事のやりがいを感じますか。

staff

小嶋:やはり、お客さまの期待に応え開発したものが正しく動作したときでしょうか。またお客様と仕様を詰め、設計段階から関わったものは「前より良くなったね」と言われるとやりがいを感じます。イントラネットではなく外部に公開されるシステムは、公開時は緊張しますが、多くの人に利用されてアクセス数が上がっているとうれしくなりますね。

staff

椛沢:一から一人で取り組む仕事もあるのですが、それがどんどんできあがっていくのは、プラモデルを組み立てるような感覚で楽しいですね。自分の書いたプログラムが実際に動き、人々の役に立っているところを見ると、頑張って良かったと思います。

staff

藤巻:仕様を検討したり費用を決めたり、お客様と会話することが多いので、求められたものに対して明確な提案ができてご満足いただいたときにやりがいを感じます。システムはつくって終わりではなく、お客様に使われて初めて真価を問われるもの。「ベーシックに頼んで良かった」と高い評価を受けたときはうれしいの一言ですね。

ippo君

応援団:
では、大変さを感じるときは?

staff

小嶋:システムは「動いて当たり前」が前提ですよね(笑)。だからテストで不具合が見つかるとけっこう大変です。また、お客様ごとに業種が異なるのはもとより、必要とするシステムの種類や規模も違うため、あらゆる技術に取り組まなければなりません。既存システムと共存させるなど、様々な課題がある場合も多いので、そこに苦心することはありますね。

テーブルトーク
staff

藤巻:オーダーをいただいてiOSのアプリケーションをつくることがあるのですが、お客様がITにあまり詳しくない場合、「これでできるならあれもできるでしょ」と、デバイス間の移行をけっこう簡単にお考えになる場合も(笑)。さらに「このくらいの期間と費用がかかります」と伝えると「そんなにかかるの?」と驚かれたり(笑)。最終的には説明してご納得いただきますが、そういった苦労はありますよね。

staff

小嶋:それありますねぇ。実際、システムやOSの移行はそう簡単でもないんだけど(笑)

staff

椛沢:また、お客様は実際にシステムを使ってみないと分からないというところもあるんですよね。ある程度できたものをお見せして、ほぼ1からつくり直したこともあります(笑)。そういう場合はなんとか妥協案を出しますが、対策としては、なるべく早い段階で直しができるよう機能を少し加えるごとにお見せして、お客様との認識をすり合わせています。

staff

藤巻:当社も「リスク管理」と称して、プロジェクトがスタートする前に様々な課題を想定し、その場合はどのような事前対策が必要で、それをいつ実行するのかを考えています。お客様も私たちも人間なので、考えた通りにはならないことがほとんどですが、この取り組みによってプロジェクトの成否が左右されるので、腕の見せどころでもあるんですよね。

ippo君

応援団:
自分の頑張りを実感するのはどんなときでしょう。

staff

藤巻:あまりそう感じる機会はないなぁ。お二人はどうですか?

staff

椛沢:元々プログラムを組むのが好きなんですが、黙々と作業をしていて、気づくとかなり時間が経過しているときなどに、なかなか頑張っているなと思います(笑)。「これは椛沢じゃないとできないから」と上司に頼られたり、「これなんとかならないか」と持ちかけられた問題点をパッと直して誉められたときなども同様ですね。

staff

小嶋:業務には直接関係ないのですが、「IT研究会」という外部の勉強会で12名くらいのグループのリーダーを務めたことがあるんです。メンバーはベンダーだけでなく、ユーザー企業の情報システム部や管理職の方など様々。個々のスキルも全く違う上に、各社それぞれ目的も思惑も異なるためまとめるのは大変でしたが、1年間のその活動はとても良い経験になりました。頑張って良かったなと思います。

ippo君

応援団:
では、この仕事を通じて成長できた点は。

staff

椛沢:最初にアプリをつくったときに比べたら、仕事全体のクオリティーは上がっているように思います。また人付き合いがあまり得意ではなかったのですが、お客様とのやりとりを通して、それも少しずつ改善してきました。

staff

小嶋:お客様の立場で物事を考えられるようになった点でしょうか。それぞれの価値観がある中、常にお客様にとってシステムがどうあるべきかを考えることで、新たな課題も見えてきます。例えば打ち合わせなどで、最初は設計の話をしていたのに、いつの間にかお客様の業務の話になったりすることがありますよね。でも、実は意外とそこに重要な情報やヒントがあったりする。お客様の言わんとしていることを少しずつ拾って設計に取り込むことが、以前よりできるようになったと思います。

staff

藤巻:私も以前より「相手を思うこと」ができるようになりました。扱っているのがITというだけで、お客様も会社のメンバーもみんな人間です。相手がこちらに伝えたいことは何か考え、それを踏まえて会話する。そして相手に聞きたいことがあったら、どうすれば理解してもらえるか考えながら話す。そこが成長したと思うところでもあり、まだまだ足りないと思うところですね。

技術の進化により、ITが担う社会的な役割はますます広がる

ippo君

応援団:
この仕事を志したきっかけは何ですか。

staff

椛沢:高校生のころ、ゲームをつくりたいと思ってプログラムを始めたのがきっかけです。情報系の大学に進み、そのまま自然とこの業界へ。好きなことを仕事にしたタイプです。幸せなのか不幸なのかは分かりませんが(笑)

staff

藤巻:私は相反するタイプです。文系出身でITとは離れたところにいましたが、就活のときにできるだけ多くの業界にドアノックしようと決めて行動したところ、最も分からなかったのがITでした。メーカーや飲食業のように目に見える商品を販売しているわけではないけれど、社会に欠かせない重要なものをつくっている。そこに興味を持ったんです。当時は労働環境が過酷と言われていましたが、でもちょっとやってみようかなというライトな感じで、この業界に入りました。

テーブルトーク
staff

小嶋:元々モノづくりが好きで、大学の工学部からこの業界を目指しました。当時はスマホの出始めだったこともあり、「最先端の技術に触れることができる!」というイメージ先行だったかもしれません。業界研究をしていく中で、ITが様々な分野で活用されていることを知り、さらに興味が深まりました。

ippo君

応援団:
自社の特徴や強みは何でしょう。

staff

藤巻:当社は元々、高速道路にある情報板の制御システム開発からスタートしたこともあって、制御系の開発が得意です。お客様がつくりたいと思うモノに対して、多種多様な方法から最適なものを選び、どのような構造を組み立てるのかを検討する。つまり、モノの仕組みをどうやって形づくるかを考えて提案するアーキテクチャに強い会社だと思います。

staff

小嶋:当社は植木組の電算部から独立した経緯があるため、建設業界の知識が豊富です。パッケージをカスタムして導入するケースも多く、様々なお客様の業務フローに対応できるのも強みでしょう。また当社は元々、オフコン系のシステムでERPソフトウェアをつくっていたので、その知識を持つ社員が多いのも特徴だと思います。

staff

藤巻:そのあたりの技術者は減る一方ですが、システムはオープンに切り替わっても決してオフコンはゼロにはならないから、逆にニッチになってくるかもしれませんよね。

staff

小嶋:すでにかなりニッチな世界です(笑)。昔の「AS/400」が今は「IBM i」に名前が変わったんですが、まだちゃんと動いています。しかも完全上位互換なので、どんなにバージョンが新しくなっても25年前に書いたプログラムを保証してくれるんですよ。だから銀行などの基幹系システムにとても強いんです。

staff

椛沢:当社は社長が新しもの好きなので、IoTなど様々なものに挑戦しているところが特徴です。お客様からこんなことができないかと相談されることも多く、それが社長の興味をそそるものなら「やりましょう!」と。そして私たち社員が頑張るという(笑)

staff

小嶋:自社で「Pepper」も何台かお持ちですよね。

staff

椛沢:今、5台います。電源を切るとうなだれるのですが、普段はそれがズラッと並んでいる状態ですね(笑)

テーブルトーク
staff

藤巻:アイビーシステムさんは、本当に新しいことをどんどん手がけているイメージですよね。「新潟BIZ EXPO」でも毎回チェックしていますが、今年は確かPepperくんではなく草刈りロボットが出展されていました(笑)。テレビや新聞に取り上げられているのを目にするたび、新しいことにいち早く飛び込む企業風土はすごいなと感心しています。

staff

小嶋:さっき話した外部の勉強会は、IBMが開発したワトソンという、自律的に考え、学び、理解・行動できる「コグニティブ・コンピューティング・システム」に関わるものだったのですが、当社はそういった新しい技術にも取り組み始めたところです。

staff

藤巻:当社もマイクロソフト社とのパートナーシップを結んでいるので、そのコンサルタントとタッグを組んでコグニティブに関する様々な取り組みを実施しています。一部の先鋭部隊がそこに注力し、それを社内で一般化するといった感じですね。この業界はどんどん進化しているので、お客様の案件に集中していて、あるときふと周りを見渡すと驚くほど世界が変わっているってことありませんか。

staff

小嶋:あります! 最近は特にトレンドの流れがすごく速い。うかうかしていると置いていかれるような危機感があります。会社全体で置いていかれるのはまずいので、社内をもっと刺激していかなくては。

ippo君

応援団:
IT業界が果たす社会的役割は何だと思いますか?

staff

小嶋: ITはもはやインフラですよね。だからこそIT業界の担う役割は、今後さらに拡大していくと思います。

staff

藤巻:これまではお客様が事業を実現する手段としてITを使っていましたが、今はむしろITありきで事業戦略を立てるという世の中になりつつあります。今後、ますます変化のスピードは速くなり、私たちの役割もそのつど変わっていくのではないでしょうか。より社会的責任も重くなると思うので、確かな技術でそれに応えていかなくてはならないと思っています。

staff

椛沢:医療の現場や自動運転にもITは使われていますし、人の命に関わっている以上は責任重大ですよね。

好奇心と探究心が、自分をぐんと成長させる

ippo君

応援団:
この仕事に向いているのはどのような人でしょうか。

staff

小嶋: まずは好奇心が大切だと思います。IoTやAIといった新しいものが次々と生まれる業界なので、そこに興味を持ち柔軟に対応できる人。そしてそれを事業に取り込むためのアイデアを創出できる人。なかなか難しいし、自分もそうなりたいなという願望も含めて(笑)

テーブルトーク
staff

藤巻:探究心や好奇心を持っている人は成長のスピードが速いですよね。また仕事でもプライベートでも、情熱をもって何かに取り組むことで成果は大きく変わります。楽な仕事ではないし、仕事である以上は途中で諦めるわけにいかないので、我慢強く、時には泥臭く一所懸命になれる人が向いているように思います。そして逆境を楽しめる人。当社にも一人いるのですが、たとえピンチでもその境遇を楽しみ、その経験を糧として生かせたらもう怖いものなしですよ(笑)。

staff

椛沢:理論的に考えられることも大切だと思います。例えば、バグを直そうとして見当違いなことをしてしまう場合ってあるじゃないですか。そこを直しても確かに動くけど、根本的な問題がほかにあるというような。だからこそ、一つひとつ理論立てて考え、実行できることが重要なんです。また物事の本質を適切につかめる人、問題の切り分けや整理ができる人は、この仕事に向いていると思いますよ。

ippo君

応援団:
新潟で働くことの魅力は何でしょう?

staff

小嶋:生まれ育った場所なので、これまでの交友関係を保てること。生活スタイルを変えずに暮らすことができるのはメリットです。首都圏へのアクセスも良いので、都内の勉強会やセミナーにも気軽に参加できます。

staff

椛沢:デメリットは感じませんよね。ITの仕事はインターネットがつながっていればどこでもできるので、ほかの業種と比べて地方であることのマイナスはないように思います。

staff

藤巻:私は横浜に10数年住み、毎日1時間半かけて東京の会社に通勤していたので朝の通勤ラッシュがないだけで天国です(笑)。子どもが3人いるのですが、ディズニーランドのようなテーマパークがなくても、その分自然が豊かで暮らしやすいのも魅力。通勤時間が短いから家族と過ごす時間も増えました。また仕事に関しても、新潟に限らず地方と東京では市場の大きさが全く違いますが、内容に格差を感じたことはありません。

テーブルトーク
ippo君

応援団:
これから就活する人にメッセージをお願いします。

staff

小嶋:ここに3社集まっただけでも業務内容が全然違うように、一口にITと言っても会社ごとの得意分野は様々です。そこは面白みでもあるので、いろんな会社を見ながら積極的に情報収集を。自分がどのようなことをやりたいのか見極めるためにも、それはきっと有効ですよ。また、会社説明会だけでは職場の雰囲気は分かりません。なるべく多くの企業を訪問して、自分に合ったところを見つけてください。

staff

椛沢:スマホのアプリをつくりたくてIT業界を志す人は多いと思いますが、会社説明会に来た学生さんに聞くと、興味はあるけどプログラムを書いたことがないという人がほとんどです。パソコンがあればできることなので、ぜひ一度プログラムを書いてみましょう。実際に手を動かしてみると、いろいろ見えてくるものがあると思いますよ。

staff

藤巻:ITの仕事は、建設業や通信業など様々な業界の人と関わることができます。でももっと多くの業種に触れることができるのが、実は就職活動期間なんです。興味のある仕事を、利害関係なく覗くことができるのは長い人生においても今だけ。だからIT以外にもたくさんの業種を見聞きし、貴重な体験を積み重ねてください。

ippo君

応援団:
本日はありがとうございました!

座談会を終えて…

最先端技術が次々と誕生し、IT業界は目まぐるしく進化しています。ITに携わる企業それぞれの個性や得意分野もより明確に。今回集まってくれた3人を見ても、会社が手がけている事業はもちろん、個々の業務内容やITとの関わり方も全く異なっていました。扱っているのは形のない技術やサービスですが、3人が同様に大切にしているのは、行間にあるお客様の思いを読み取り商品や提案に生かすこと。今や社会に不可欠なITは、こうした誠実な努力よって支えられているのだと改めて感じました。

さて、実際に見てみなくてはなかなか分からないのがITの仕事。会社訪問やインターンシップなどを活用して、ぜひ積極的に現場に触れてみてください。