にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 チェーンストア事業およびそれに関連する事業を営む会社の株式を保有することによる当該会社の事業活動の管理
設立 1958年7月
※2015年10月1日付で「株式会社バロー」より商号変更
資本金 119億1,600万円
代表者 代表取締役会長 兼 社長 田代 正美
グループ従業員数 社員5,913名、パート等16,833名<1日8時間換算>
(2017年9月30日現在)
本店 〒509-7201 岐阜県恵那市大井町180番地の1
本部 〒507-0062 岐阜県多治見市大針町661番地の1
名古屋本部 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目16番21号(名古屋三井物産ビル3階)
店舗数 778店舗(2017年9月30日現在)

※新潟県内では、上越市にスーパーマーケットバローを3店舗運営。
 (上越寺店、下門前店、上越店)
 地域の皆さんの毎日の健康・安全・安心を支えています。
上場市場 東京証券取引所市場第一部、名古屋証券取引所市場第一部
<証券コード:9956>
主要株主 農林中央金庫 2,542千株(4.82%)
(株)十六銀行 2,536千株(4.81%)
公益財団法人伊藤青少年育成奨学会 2,400千株(4.55%)
田代正美 1,571千株(2.98%)
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 1,495千株(2.84%)
(2016年9月30日現在)
売上高 5,205億3,000万円(2017年3月:グループ連結)
【地域密着の店舗展開】と【効率的な物流システム】が強み 当社では、特定地域に集中的に出店することで地域への浸透を図る「ドミナント戦略」という方針のもと、新規出店を続けています。これは、エリア内のお客様にとってバローがより身近な存在となることで、確実に地域内のシェアを確保することを目的としています。現在は東海・北陸エリアを中心に約150店舗を展開していますが、今後は隣接する静岡、長野、また関西エリアへの出店も加速させていきます。店舗を点から線に、そして線から面に強化することでドミナントエリアを深耕し、さらなる物流効率の向上やスケールメリットの拡大を目指しています。
加えて、お客様の利便性を高めるために、スーパーマーケットやホームセンター、ドラッグストアなどを一か所に集積したNSC(近隣型ショッピングセンター)という業態の開発も進めています。このほか、チラシ特売を行わずに厳選した低価格商品だけを提供するEDLP(エブリデイ・ロープライス)型スーパーの出店や、高齢社会や脱車社会に対応して、市街地や駅前に空き店舗が増えている地域への出店試行など、地域の特性や要請に応じた店舗づくりも行っています。地域に密着した店舗展開、そして他社に先駆けて構築した柔軟で効率的な物流システムとともに当社の強みとなっているのが、独自の商品開発力です。
関連会社 (株)バロー/スーパーマーケット事業
(株)タチヤ/スーパーマーケット事業
(株)食鮮館タイヨー/スーパーマーケット事業
(株)公正屋/スーパーマーケット事業
中部フーズ(株)/食品加工業
(株)ダイエンフーズ/食品加工及び倉庫業
(株)主婦の店商事中部本社/食品卸売業
(株)福井中央漬物/食品加工業
(株)Vソリューション/食品卸売業
(株)中部大誠/食品卸売業
中部ミート(株)/食品卸売業
(株)飛騨小坂ぶなしめじ/きのこ類栽培及び販売業
(株)郡上きのこファーム/きのこ類栽培及び販売業
東邦産業(株)/きのこ類栽培及び販売業
(株)北信州きのこファーム/きのこ類の栽培及び販売業
(株)バローファーム海津/トマトの栽培及び販売業
VARO Co., Ltd./スーパーマーケット事業及び食品卸売業
(株)ホームセンターバロー/ホームセンター事業及びペットショップ事業
(株)師定アグリ/園芸用資材卸売業
中部薬品(株)/ドラッグストア事業
V-drug International Co., Ltd./ドラッグストア事業
V-drug Hong Kong Co., Ltd./ドラッグストア事業
(株)アクトス/スポーツクラブ事業
中部流通(株)/食品、雑貨及び資材の卸売業
中部興産(株)/物流事業
メンテックス(株)/設備メンテナンス業
(株)セイソー/店舗清掃業
(株)VMC/自動販売機管理業
(株)V Flower/花卉類卸売業
上海巴栄貿易有限公司/食品、雑貨及び資材の卸売業
(株)岐東ファミリーデパート/衣料品等の販売及び不動産賃貸業
(株)中部保険サービス/保険代理業
(株)コアサポート/経営管理業務の受託事業