にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 ◆建築資材総合卸販売の会社です

みなさんの住空間に深く関わりのある建築資材の卸売と加工・工事をおこない、多彩に住まいづくりをバックアップしています。

「ガラスだけ?」ではないのです。

建物の表情を決めるガラスや外壁、
快適な風景や空間を演出するアルミサッシ、キッチンやユニットバスなど、
あんな家に住みたい、という夢や希望をカタチとして見せていく
トータルハウジングの「スミック長岡硝子」です。


□建築用板硝子
□住宅用サッシ・ビル用サッシ
□住宅設備機器(システムキッチン/ユニットバス等)
□複層ガラス
ほか

取扱メーカー商品の卸売販売と加工・工事
設立 ◆創業112年の歴史のある老舗です

1905(明治38)年
資本金 1億円
売上高 46億円(2017年3月現在)
代表者 代表取締役社長 上村寛男
従業員数 105名(2017年4月現在)
所在地 本社
〒954-0197 新潟県長岡市中之島3837
TEL 0258-61-2255
事業所 ◆新潟県内で活動しています

本社・長岡支店/新潟県長岡市中之島3837

受注センター /新潟県長岡市中之島3837

新潟支店   /新潟県新潟市東区竹尾766-1

上越営業所  /新潟県上越市高土町1-6-6

六日町営業所 /新潟県南魚沼市大杉新田1046
取扱いメーカー 旭硝子(株)、(株)川口技研、クリナップ(株)、(株)コロナ、タカラスタンダード(株)、タキロン(株)、立川ブラインド工業(株)、TOTO(株)、日本電気硝子(株)、(株)ノーリツ、パナソニック電工(株)、(株)パロマ、ビニフレーム工業(株)、文化シャッター(株)、トクラス(株)【旧:ヤマハリビングテック(株)】、リンナイ(株)、(株)LIXIL【トステム(株)・(株)INAX・新日軽(株)・サンウエーブ工業(株)・TOEX(旧東洋エクステリア(株))】など
どんな雰囲気? 創業112年というと、古くて堅苦しいというイメージを持たれがちですが、言いたいことが言える風土である風通しの良さは当社の自慢のひとつ。これは、現場好きの社長の姿勢からきているのかもしれません。社長はとても身近で、常に情報や新しい知識を取り入れている行動派です。

こうした環境の中、社員同士のチームワークも自慢のひとつ。
新しいことにも社員みんなで取り組み、意欲を持ってすべてに挑戦し続ける会社です。
親睦会での交流 ◆「とまとの会」という親睦会があります!


社会やお客様との良好なコミュニケーションを実現するには、社員同士のチームワークが欠かせません!
私たちは、そのために「とまとの会」という社員の親睦会を作り、さまざまな交流の機会を育んでいます。部活動、サークル、新入社員歓迎会、国内外を含めた社員旅行、忘年会などのイベントを通して、社員たちは互いにコミュニケーションの和を広げています。

さまざまな活動を、ホームページ上でご紹介しています。

ぜひ、私たちの雰囲気を感じてみてください。
スミック ホームページ http://www.smic-n.co.jp/
スミックPR動画(YouTube) ▼4分にまとめたスミックの日常をご覧いただけます。

https://www.youtube.com/watch?v=zclgIaRfj88

社名の由来 ◆社名にある「スミック」には・・・

“住まいを通じで社会とコミュニケーションをする” “スマイルを通じてお客様とコミュニケーションする”という私たちの想いが込められています。言い換えれば、お施主様・工務店様・販売店様のみなさまとの交流を大切にすることで、より良い住空間の創造に力を尽くしていこうという私たちの姿勢を伝えるものです。
社名に込めたポリシーとともに、これからも私たちはお客様のニーズを満たしていくよう努力を続けてまいります。スミック長岡硝子に、どうぞご期待ください。
企業理念 【1】明日を拓く扉へ挑戦し続けます。
常に先を見ながら、意欲を持ってすべてに挑戦し続ける人としての姿勢を表明

【2】社会のWANT'Sに鋭く応えます。
ニーズにお応えするだけでなく、WANT'Sを掘り起こしながら対応するビジネスの在り方を表明

【3】住空間の創造企業を目指します。
企業としての在り方、目標像を示唆し、住空間を創造する積極的な姿勢を表明
ISO認証取得 ISO 9001:2008

顧客満足の更なる向上を目指す為、法令を遵守し、
マネジメントシステムの継続的な改善に取り組みます
沿革 1905年(明治38年) 上村家四代目当主、上村清次郎、洋品雑貨商より硝子食器・ランプ類の販売を分離して硝子店を開業、長岡硝子組合と称した。

1905年(明治末期) 板硝子の販売を開始。

1916年(大正 5年) 柏崎に硝子工場を設置、ガラス食器の製造を開始。

1917年(大正 6年) 長岡硝子合名会社を設立。資本金1万円。

1921年(大正10年) 日米板硝子株式会社(現日本板硝子株式会社)特約店となる。

1937年(昭和12年) 旭硝子株式会社 特約店となる。

1965年(昭和40年) 株式組織に改組。長岡硝子株式会社となる。資本金1,000万円。

1976年(昭和51年) 一般建設業(ガラス工事業・建具工事業)新潟県知事許可。

1976年(昭和51年) トーヨーサッシ株式会社(現LIXIL)特約店となる。

1979年(昭和54年) 長岡硝子株式会社 一級建築士事務所を開設

1981年(昭和56年) PF事業所を開設。
省エネ断熱複層硝子「ホームペヤ」の製造を開始。

1983年(昭和58年) 複層硝子の日本工業規格表示許可を取得。
許可番号 第383137号

1986年(昭和61年) イタリア製大型硝子加工機導入。

1989年(平成元年) CI導入。商標「スミック」

1994年(平成 6年) 韓国製 複層ガラス製造ラインを導入。
新商品「スミックペア」の製造を開始。

1994年(平成 6年) 株式会社スミック長岡硝子に社名変更。

1996年(平成 8年) 複層ガラス「スミックペア」の自動製造ラインを1ライン追加。

1999年(平成11年) ドイツレンハルト社製 シーリングロボット(複層ガラス製造)導入

2001年(平成13年) 営業所間の通信回線を光ケーブルで構築

2001年(平成13年) 複層ガラス自動製造ラインをドイツレンハルト社製に刷新。
新商品 断熱ガス入り「スミックペアLS-G」の製造開始。

2003年(平成15年) スイスビストロニック社製 LOW-E硝子エッジ膜取処理装置付き自動硝子切断機を導入。

2005年(平成17年) 増資、資本金1億円

2012年(平成24年) ISO9001:2008の認証を取得