にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 ~災害対策のトータルソリューションカンパニーを目指して~

プロテックエンジニアリングは斜面で発生する災害の対策をはじめ、様々な災害対策の製品を開発、設計、製造、工事のプロフェッショナルとして、全国の防災事業に携わっています。

■落石対策
落石発生の危険がある場所は、道路や鉄道、民家裏、森林・山地など、実に幅広い範囲に及びます。
斜面上の石を固定して、落石の発生を未然に防止したり、斜面中腹や斜面下に製品を設置して、落石から保全対象を防護したりします。

■崩壊土砂対策(土砂崩れ対策)
山間部の道路や民家裏の急傾斜地などは、特に崩壊土砂発生の危険性が高い場所です。
斜面の風化・侵食の抑制、安定化などを施し、斜面崩壊を未然に防止したり、斜面中腹や斜面下に製品を設置して、土砂を受け止めたりして保全対象を守ります。

■雪崩対策
豪雪地ではあらゆる場所で雪崩が発生する危険性がありますが、特に道路や民家などに隣接する斜面では、雪崩対策を講じる必要があります。
雪崩の発生区に製品を設置して、発生を未然に防止したり、雪崩の走路や堆積区に製品を設置して、発生した雪崩を受け止めたりします。

■土石流対策
長雨や集中豪雨などによって、山腹の土砂や石が水と一緒に流れてくる土石流。
上流からの土石流を食い止めて、下流への流出を軽減したり、流木を捕捉したりする製品で対策をします。

■モニタリング事業
ウェブカメラや観測機器を用いて、災害の情報を確認できるシステムを開発しています。
除雪作業の判断、雪崩対策製品の状態確認、河川増水時の避難の判断に適応されています。

~高い安全性と品質を実現するために全工程を自社で管理する一貫体制を実現~

開発・設計・製造・工事までの全工程を自社で管理しています。
一貫体制があることで、斜面災害対策の現場と工事方法を熟知した担当者が工事に携わり、営業担当や設計担当へのフィードバックを行うことで、工事現場にとって最適な災害対策の提案ができるようになります。

また本社と工場が自社敷地内で隣接しているため、営業担当がお客様の要望を直接、製造部門にタイムリーに伝えることができ、製品仕様に迅速に最適化されます。

なお、技術者が実際の工事現場に赴き、斜面の状況を自分の目で確認したうえで設計することもあり、これにより精度が高い対策が実現されます。
設立 1998年5月21日
資本金 9970万円
売上高推移 26億円(2015年3月期)
25億円(2016年3月期)
30億円(2017年3月期)
代表者 代表取締役 野村 利充
従業員数 108名(男性81名/女性27名)
本社所在地 新潟県北蒲原郡聖籠町蓮潟5322-26(東港工業地帯)
事業所 ■本社・新潟東港工場/新潟県北蒲原郡聖籠町
■東京支社/東京都港区
■関西支店/兵庫県尼崎市
■北海道営業所/北海道札幌市
■東北営業所/宮城県仙台市
■北陸営業所/石川県金沢市
■長野営業所/長野県長野市
■九州営業所/福岡県福岡市
■新潟事務所/新潟県新潟市
■韓国ソウル事務所/韓国ソウル市
沿革 1998年 株式会社プロテックエンジニアリング設立
1998年 補強土落石防護擁壁(ジオロックウォール)の開発と実物衝撃実験実施  
1999年 建設業富山県知事許可(般-10)第12558号を取得
2000年 PC防災構造物の自動設計プログラムを開発 
2001年 日本道路公団大阪技術事務所と補強土壁協会の共同研究による補強土落石防護擁壁のモデル衝撃実験を開始     
2003年 建設業国土交通大臣許可(般-15)第20230号を取得
2004年 岐阜大学工学部と実物落石実験を実施
2004年 新潟県胎内市(旧中条町)に実験場を開設
2007年 新潟県聖籠町に本社事務所を新設移転、同敷地内に新潟東港工場を開設
2008年 イタリア企業と業務提携し、同社の製造する落石対策用製品の、日本国内における独占販売に関する契約を締結
2010年 本社に隣接する新潟東港用地10500平方メートルを追加取得
2011年 新潟県聖籠町、本社敷地内に新潟東港第二工場を開設
2013年 ISO9001:2008(品質マネジメントシステム)認証取得
      JICA委託事業によりトルコで雪崩対策事業を実施
2014年 本社事務所棟(B棟)を増築
2015年 「ARCフェンス」「ジオロックウォール」「ARCフェンスSタイプ」が「Made in 新潟 新技術普及・活用制度」のプラチナ技術に選定
2016年 本社に隣接する新潟東港用地20,438.6㎡を追加取得
      「ジオロックウォール」が「NETIS平成28年度準推奨技術」に選定