にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 食品全般、日用雑貨、衣料品、医薬品、酒類、住関連品の販売
設立 1962年10月
資本金 3億4,320万円
代表者 代表取締役社長 本多 伸一
売上高 696億円(2017年3月期実績)
従業員数 4,567名(2017年4月)
事業所 本社(新潟市)、緑店、中央店、東新町店、住吉店、コモ店、信濃店、河渡店、女池店、神道寺店、大学前店、松浜店、デッキィ401店、村上東店、村上店、中条店、岡山店、サムズ水原店、五泉店、豊栄店、見附店、巻店、吉田店、長岡店、興野店、新津店、要町店、北山店、蓮潟店、葛塚店、柏崎店、牡丹山店、鳥屋野南店、東新保店、中野山店、桜木店、亀田店、馬越店、次第浜店、魚沼店、内野店、ファッションユー、新潟総合物流センター、城北センター、新崎センター
プロフィール 現在、ウオロクは毎日全店で10万人以上のお客様からご利用いただいています。2017年にスーパー開業55周年を迎え、県内有数のスーパー・チェーンとして、下越・中越地区に40の店舗を持つに至りました。

現在ウオロクでは、600坪、450坪、300坪の3タイプを店舗の基本フォーマットとしています。2017年には未出店だった魚沼エリアへ進出しました。今後も年1~2店舗の出店を目標としています。ウオロクはこれからもお客様のニーズに合わせた新しい店舗づくりを行っていきます。

ウオロクは、常に時代の変化に対応すべく新業態の開発を行いながら、地域のお客様に親しまれる店舗づくりを目指しています。向上心のある若い社員にどんどん責任ある仕事を任せますので、やる気のある人はいろいろな仕事にチャレンジでき、「仕事の面白さ」や「やりがい」を感じることができます。
企業理念と社長の言葉 ウオロクは、お客様に叱られ愛され親しまれ、誠実と挑戦を行動の基準とし、お客様の新鮮な生活を創造しながら、お取引先、株主、社員と共に発展します。

ウオロクは単に物を商うという考えだけではなく、「おいしく楽しい食卓と便利で豊かな生活」を提供することを使命と考え、地域のお客様から愛されるお店づくりを目指しています。
鮮魚商当時から商いの基本は「真心」と「感謝の気持ち」を大切にすることと考え、今日まで変わらない姿勢で商売を続けてきました。これからもお客様と心を通わせながら、地域になくてはならない店と多くのお客様から言っていただけるよう、努力していきます。