にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

PRコメント 当社はペンチやニッパー等の作業工具、爪切りをはじめとした理美容道具を製造・販売しており、ペンチ・ニッパー類メーカーでは国内最大級規模を誇っています。2014年には創業90周年を迎え「人づくりと物づくりの調和」を企業理念として事業を展開しています。
事業内容 作業工具の製造

【主な製品】
プラスチック用ニッパー、マイクロニッパー、強力ニッパー、各種ニッパー、 ラジオペンチ、ペンチ、ミニチュア工具、ワイヤーストリッパー、ピンセット、 他エレクトロニクス関連工具、爪切り、キューティクルニッパー


【世界に誇る二つのブランドを展開】

◇KEIBA
ペンチやニッパーをはじめとした作業工具ブランドです。
「走る機能美に満ちたサラブレッドのように、
機能とデザインに優れた道具を生み出したい」という願いが込められています。

◇MARUTO
ニッパー型爪切りを中心とした理美容製品ブランドです。
指先の健康が重要さを増している今、卓越した技術力をベースに、
美と健康をサポートする製品を提案しています。
設立 昭和18年(1943)5月
資本金 1000万円
代表者 代表取締役社長 長谷川 直哉
従業員数 129名 (2017年11月現在)
事業所 ■本社・工場
〒955-0831 新潟県三条市土場16番1号
売上高 13億4200万円(2016年12月期実績)
取引銀行 大光銀行三条支店
商工中央金庫新潟支店
日本政策金融公庫新潟支店
三条信用金庫島田支店
第四銀行三条支店
企業理念 人づくり ---------------
一人ひとりが輝く人づくりで
つながりと感謝の心を育みます

物づくり ---------------
世界を駆けめぐる物づくりで
縁ある全ての人を幸せにします
社風・風土 当社は「会社と社員は一心同体」的な社風があり、会社と社員との信頼関係はもちろん、社員同士の団結力も強いのが特徴です。と同時に非常にアットホームな雰囲気も併せ持っており、親子・兄弟・夫婦が一緒に働いていることも珍しいことではありません。
一方で仕事に対する情熱は熱く、開発に際しては「最初からあきらめるな」「できることは精一杯やる」を合い言葉に、お客様のニーズに応えるために、日々新しいことにチャレンジしています。
沿革 1924年
 個人経営にて締ハタおよび小農具、大工道具等の製造を開始。創意工夫により新製品を数多く開発。
1936年
 規模拡充のため三条市島田177番地に移転、工場を拡充。作業工具各種の生産を開始。ペンチ・スパナ・レンチ類十数種に及び、新潟県下の先駆けとして常に新分野の開拓に傾倒。創意工夫により新製品を数多く開発。
1943年
 大東亜戦争峻烈となり国家の緊急要請に応えるために法人組織化。株式会社マルト長谷川工作所と改め、陸海軍のペンチ納入を主とする等、軍需用品の製造に従事。
1945年
 終戦と同時に平和産業に切り換え、ペンチを主力製品とする傍らで喰切、締ハタを製造。
1951年
 日本工業規格(JISマーク)表示制度の実施と同時に、ペンチ類に一級表示許可。
1964年
 東京営業所を開設。
1969年
 全容を三条市東本成寺1911に移転、本社を移す。
1970年
 強力ニッパーにJIS表示許可。
1974年
 無事故(無災害)記録連続130万時間を樹立、労働省労働基準局長賞を受賞。
1976年
 ドイツ ケルンハードウェアショー出展。(以後毎年参加)
1980年
 全日本中小企業総合見本市にて「同軸ケーブル用ワイヤーストリッパー」が優秀出品として中小企業庁長官より表彰。この年より各種コンペ参加・受賞を重ねる。
1982年
 年間総生産4,128,000丁達成。
1986年
 鍛造用ロボットを導入、鍛造の自動化を実現。
1996年
 MPS(マルト生産システム)活動キックオフにより、現場の改善活動開始。
2000年
 自家発電日立製190kw(出力)×3台設置。
2000年
 年間無災害記録達成。
2001年
 第三工場購入。
2002年
 鍛造段取替え世界記録(6分40秒)を達成。
2003年
 理・美容業界への進出を図るため首都圏で新作発表会を開催。
2006年
 近接地購入(第四工場)、医療機器製造業許可。
2008年
 中小企業モノ作り300社に選ばれる。第四工場可動。
2009年
 創立85周年、MPIキックオフ
2013年
 企業理念制定
2014年
 創立90周年。新洗浄システム導入。商工中金「グローバルにッチトップ企業」に選ばれる。
2015年
 ロンドン営業所開設。