にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。
2018年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 モータ、ポンプ、制御機器、空気圧縮機、変圧器、インクジェットプリンタなど各種産業機器ならびにシステムの製造、販売、保守・サービス、システムソリューション
設 立 2002年4月1日
資本金 100億円(株式会社 日立製作所の100%出資)
代表者 取締役社長 荒谷 豊
従業員数 3,600名(連結ベース7,000名)
事業所 ●本社・ソリューション部門
 東京都千代田区神田練塀町3番地 AKSビル

●国内製造拠点/8ヵ所
 中条事業所:新潟県胎内市富岡46番地1
 習志野事業所:千葉県習志野市
 勝田事業所:茨城県ひたちなか市
 清水事業所:静岡県静岡市
 海老名事業所:神奈川県海老名市
 相模事業所:神奈川県綾瀬市
 土浦事業所:茨城県土浦市
 多賀事業所:茨城県日立市

●営業拠点/10ヶ所
 本社、北日本支社、北海道支店、福島支店、北陸支社、中部支社、関西支社、四国支店、中国支社、九州支社

●サービス拠点/31ヶ所
 北海道、青森、秋田、宮城、福島、新潟、長野、栃木、茨城(ひたちなか市、土浦市)、群馬、埼玉、千葉、東京都(江東区、八王子市)、神奈川、富山、愛知、静岡、滋賀、京都、兵庫(尼崎市、姫路市)、岡山、広島、島根、山口、香川、福岡(福岡市、北九州市)、鹿児島
売上高 1,740億円(2016年3月 連結)
1,684億円(2015年3月 連結)
1,539億円(2014年3月 連結)
1,428億円(2013年3月 連結)
事業連結会社 ●国内/4ヶ所
(株)日立産機中条エンジニアリング
(株)日立ケーイーシステムズ
(株)日立産機ドライブ・ソリューションズ
(株)産機テクノサービス

●海外現地法人/24カ所
 中国(北京・上海・香港・広州・南京・杭州)、タイ、マレーシア、ミャンマー、ドイツ、イタリア、アメリカ(Irvine, CA・Elk Grove Village, IL )、メキシコ 等
製品ラインナップ ●電力を安全・確実にお届けする変圧器
●機器の高精度化、高密度化に寄与する精密金型
これらの社会・産業インフラを支える産業電気製品は、
永年の伝統的技術をベースとして最先端のエレクトロニクス技術を応用し、
常にお客様のご期待に応えられるよう、不断の研究・改良が加えられています。
生産品目の紹介1【変圧器】 【変圧器とは】
発電所でつくられた電力は、効率良く電気を送る為に非常に高圧になっています。
この高圧電力を使用できる電圧まで自由に電圧を変えることができる機械、それが変圧器です。

【国内トップシェア】
当社の変圧器は国内トップシェア、また日立グループの外部販売第1号製品であり、100年以上の歴史を持つ伝統ある製品です。

・省エネルギーと小形化を追求した〔油入変圧器〕
・厳しい品質管理でその信頼性が認められた電力向〔柱上変圧器〕
・防災設備に最適な〔モールド変圧器〕

FAの先端をゆく最新鋭の設備のもと、省エネルギーをはじめとする 時代のニーズにマッチした、
信頼性の高い優れた変圧器(5,000kVA以下)を生産しています。
これらの各種変圧器は国内のみならず広く海外にまで、高い評価を得ています。

変圧器はあらゆる産業用、家庭用の電力を日夜休みなくお届けしています。
また、皆さんのご家庭に最も近い〔柱状変圧器〕だけをみても、日本国内の設置台数は約950万台といわれています。
私たちはこうした広く社会・産業インフラを支える歴史ある変圧器事業を通じて、環境・省エネに貢献しています。
生産品目の紹介2【精密金型】 【日本の製造業を支えています】
私たちが使う自動車、家電製品などは様々な部品で構成されていますが、
それらの部品を、寸分違わず安定的に生産する為に必要なモノ、それが金型です。

当社では最新設備と卓越した技術により、光ディスク、半導体封止、
医療機器用等あらゆる分野の超精密金型を提供しています。
品質保証 当事業所が皆様にお届けする製品は、QF(Quality First)思想のもとに、
原材料受入から出荷検査に至るまで、幾多の厳しい基準に合格し、品質が保証されたものです。
その成果が認められ、国際的な品質システムであるISO9001を認証取得いたしました。
研究開発体制 「最新技術を駆使して、顧客ニーズに応える優れた製品を生み出そう」をモットーとし、
新鋭コンピュータに支援された近代的装備を持つ研究開発体制をとっています。
さらに(株)日立製作所の各分野にわたる関連研究所があり、
これら研究所と当事業所との密接な連携による総合研究開発体制により作り出された技術の結晶、
それが当事業所で生まれる製品なのです。
省エネ・環境保全 当事業所は、工場緑化率53%の自然環境の中、最新鋭の排水処理施設、
アモルファス変圧器等各種省エネ機器による地球にやさしい生産運営を行っています。
また、燃可塑性樹脂のマテリアルリサイクル化による廃棄物削減や生分解性緩衝材梱包等、
製品設計においても環境保護を心がけています。
国際活動 当事業所をはじめ日立の製品は、世界中の人びとに愛され、高い信頼をいただいています。
さらに製品輸出だけにとどまらず、私達がこれまで蓄積してきた技術や生産のノウハウの提供、
外国人技術者教育など、技術交流拡大、資材国際調達など、多面的国際活動を推進しています。
こうした海外活動を通じて、日立は、世界の国々の産業や社会の発展に貢献しています。
事業所沿革 1907年
東京・佃島に久原鉱業所の付帯事業所 東京佃島器械製作所として発足

1920年
日立工場と共に久原鉱業所により分離独立、株式会社日立製作所 亀戸工場設立

1974年
亀戸より移転、中条工場となる

2000年
株式会社日立製作所産業機器グループ中条事業所から製造機能を分社、株式会社日立中条テクノロジーに。

2002年4月1日 
(株)日立製作所産業機器グループおよび各支社の産業機器グループ製品担当の営業部門と、(株)日立東サービスエンジニアリング、(株)日立西サービスエンジニアリングと、(株)日立ドライブシステムズ、(株)日立中条テクノロジーを統合。(株)日立産機システムとなる 。

2005年4月
日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション(株)(旧多賀工場)からホイスト、モートルブロック、産業用インクジェットプリンタ事業を当社に移管。

2007年4月
(株)日立プラントテクノロジー海老名事業所を当社空圧システム事業部に移管。

2009年4月
(株)日立製作所オートモティブシステムグループ相模事業所を当社空圧システム事業部に移管。

2016年4月
株式会社日立製作所から産業分野向け受変電制御機器事業の設計・製造・品質保証部門及び大型空気圧縮機事業の設計・製造・品質保証・販売・アフターサービス部門を会社分割により当社に移管
株式会社日立パワーソリューションズの受変電制御機器事業の設計・製造・品質保証・販売部門を会社分割により当社に移管