にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

事業内容 レトルト食品、冷凍食品、瓶詰、缶詰、無菌米飯など簡単・便利でおいしく食べられる食品の製造と開発をしています。
設 立 1960 (昭和35)年8月
資本金 2億934万円
売上高 155億円(2017年3月期)
従業員数 622名(2017年11月現在/男306名・女316名)
平均年齢 41.7歳(2017年11月現在)
代表者 代表取締役社長 斎藤 弥寿夫
事業所 【本社・本社工場】
 〒957-0356 新潟県新発田市岡田1578-4
【第一工場】
 〒957-0026 新潟県新発田市下内竹483-4
子会社・関連会社 日東ベスト株式会社
主要取引先 丸美屋食品工業株式会社
カゴメ株式会社
日東ベスト株式会社
認証取得 ◇ISO9001 (2000年版の認証取得)/2002年取得
◇ISO14001(2004年版の認証取得)/2009年取得
会社紹介 新潟から安全・安心でおいしい商品を全国へ。
日東アリマンは多様なニーズに応える食の創造企業です。

1、新潟県新発田市にある食品製造・開発をしている会社です。
当社は創業以来、人と社会が豊かになれる数多くの商品を食卓へお届けしてきました。
多岐にわたる商品の開発力と製造能力。そして、材料の調達力。
これらの強みを活かして、レトルト食品、冷凍食品、瓶詰、缶詰、無菌米飯など、500種類以上の製品を作っています。
2、「日東アリマンの商品」は店頭に並んでいません。
当社は自社ブランド商品を製造していません。
製造したものは「国内大手食品メーカーの商品」として店頭に並びます。
そのため「日東アリマン」の社名を店頭で見ることはほとんどありません。
ここでは具体的な商品名は出せませんが、数々の「ヒット商品」「ロングセラー商品」があります。
3、「ものづくり」に力を入れています。
自社ブランドを持たない当社は、商品を販売するための営業部門がありません。
”売る”部分はそれが得意なメーカーにお願いし、自らは”作る”ことに特化してきました。
徹底した品質管理はもちろん、袋、瓶、缶、整形容器など多様な形態の製品を作ることができる技術、これらを磨き続けることで国内大手食品メーカーとの信頼関係を築いてきました。
新商品の企画・開発にも積極的に取り組んでいます。
沿革 1960年
 日東ベスト(株)の関連会社、日東缶詰(株)として設立
1961年
 果実缶詰製造を中心に操業開始
1965年
 透明袋を使用したフルーツみつ豆を製品化し、中身の見える缶詰として大ヒット
1969年
 当社独自に真空包装製品の釜飯の素を開発
1982年
 レトルトパウチ食品の製造を本格化
 自社ブランド製品の製造・販売から撤退
1986年
 新発田食品工業団地に工場を新設し、本社を移転
 瓶詰製造ラインを導入し、瓶詰めパスタソースの製造を開始
1987年
 電子レンジ食品など成型容器を使用した食品を開発
1989年
 社名を日東アリマン(株)に変更
1992年
 冷凍食品工場を新設し、冷凍食品の製造を開始
1998年
 ウェットタイプのふりかけを製造開始
1999年
 無菌食品工場を新設し、無菌セット米飯の製造を開始
2002年
 ISO9001:2000年版の認証取得
2007年
 高栄養流動食の製造を開始
2009年
 ISO14001:2004年版の認証取得