にいがた就職応援団ナビ2019

ここに掲載している企業情報は、企業研究のために掲載しているものです。

2019年度採用活動を実施することを確約するものではありませんので、あらかじめご了承下さい。

PRコメント 当社は、1947年に段ボール原紙などの製造を目的として創業した段ボール中芯原紙のトップメーカー、セッツ株式会社(1999年4月レンゴー株式会社と合併)の段ボール部門の分社化により、1999年3月に設立しました。
広範囲のグループネットワーク、板紙専業のトップメーカーとして半世紀に及び培ってきたノウハウと最新の段ボール製造技術を誇る、業界屈指の総合パッケージメーカーです。
事業内容 1.段ボールシート及び段ボールケースの製造販売
2.包装用資材及び包装用紙器の製造販売
創業 1947年
資本金 4億円
売上高 447億1000万円(2017年3月実績)
社員数 738名 (2017年3月末)
代表者 代表取締役社長 丹羽 俊雄
新潟工場所在地 〒959-0016 新潟県燕市新興野12-66
本社所在地 〒664-0845 兵庫県伊丹市東有岡5丁目33番地
事業所 本社/兵庫県伊丹市
東京本社/東京都港区
工場/新潟、栃木、茨城、埼玉(八潮市、熊谷市)、東京、愛知(小牧市、新城市)、福井、大阪、兵庫(伊丹市、小野市)、山口
主な取り扱い製品 ・段ボールシートケース
・防虫抗菌ケース
・封繊材
・軟包装
・耐水/防水
・重量物包装/段ボールパレット
・鮮度維持/保冷/抗菌
・プレプリント段ボール/グラビア印刷段ボール
・印刷紙器
沿革 1999年 3月
セッツ(株)の段ボール部門を分社化し、セッツカートン(株)を設立
 ※セッツ(株)
  1947年創業、段ボール中芯原紙のトップメーカー。
  東京・大阪証券取引市場第一部上場。同年4月レンゴー(株)と合併

2000年10月
関連子会社であった新潟カートン(株)、利根段ボール(株)、東海紙工(株)、立花段ボール(株)、越前段ボール(株)、中央紙業(株)、山口段ボール(株)、(株)マルサンパッケージを合併

2006年 9月
新宇都宮工場 操業開始

2008年 4月
東京支社(秋葉原)開設

2012年 4月
本社を大阪市から兵庫県伊丹市へ移転
伊丹工場リニューアル

2013年11月
ベトナム・ドンナイ省にSETTSU CARTON VIETNAM CORPORATIONを設立

2014年11月
SETTSU CARTON VIETNAM CORPORATION 生産開始

2016年 8月
新東京工場開設

2017年 3月
東京本社 開設(東京支社 移転)