にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
仕事・社風に注目! 一から学べる会社がある!

魚沼でバルブづくりを一から学べる会社です!

一からバルブについて学べる会社がある

 当社は社名の通り、バルブをつくる会社です。バルブとは、配管を流れる気体や液体を止めたり、流量を調節する役割を持つ機器のこと。水道の蛇口が最も分かりやすい例でしょう。当社が手がけるバルブは、金属製の大きくて堅牢なものが主体。石油精製プラントや水力・火力発電所など様々な場所で使われています。それらの製作を一貫して行うのが、私たち中村バルブ製作所です。

どんな難題にも応える技術者集団

 強みは、これまで培ってきたバルブ製造の確かな技術と豊富なノウハウ。製品仕様の検討から設計、材料調達、加工、溶接、組立、検査に至るまで、全工程を高レベルで担うことができます。コツコツと重ねてきた実績が信頼を呼び、他社ではお手上げとなった難題が持ち込まれることも。それを意気に感じ、実現に向けて取り組む技術者がそろっているのは当社の誇りです。
 私たちが製作したバルブは、主に石油精製プラントや各種発電所などに使われています。それら産業インフラの発展に貢献することで、皆さんの安全・安心、便利な暮らしを支えたい。その信念をもとに、私たちは縁の下の力持ちとなって技術の向上に日々努めています。

チームワークの良いアットホームな職場です

 バルブづくりに欠かせないのはチームワーク。それは営業や設計、製造の担当者がそれぞれしっかりと連携し、協力することでより良い製品は生まれるからです。つまり、全員が一丸となってモノづくりに取り組むことが最も重要なのです。  当社は社員同士の仲が良く、職場はとてもアットホーム。新入社員の皆さんもすんなり溶け込むことのできる雰囲気です。仕事を離れても、連れ立って釣りをしたりお酒を楽しんだり、和やかな交流をはかっています。  オンとオフがきっちりと分けられているため仕事に集中でき、誰もが働きやすいと感じる充実の環境づくり。それも私たちが力を入れていることの一つです。

製造部 田村 郁実 2016年入社
人々の生活に役立つやりがいのある仕事です

 バルブのボンネット部分の加工を担当。NC旋盤を使って中を削り、内径の仕上げまで行っています。材料や形によって加工条件が異なるため、そのたびに覚えるべきことがあり、経験を重ねることが学びにつながっています。喜びを感じるのは、あれこれ考えながら加工したものが、計画通りの工程を経て目指していた形になったとき。失敗もありますが、手順や安全の確認をしっかりと行いながら少しずつ成長していきたいと思っています。今はまだ一つの機械しか任されていないので、ゆくゆくは多くの機械を一人で動かせるようになるのが目標。先輩方を見習って、どんな加工でも必要なときにさっと担当できるくらい力を高めたいですね。

苦労したこと、
それをどう克服しましたか?

 様々な形状のバルブがあり、中には機械に乗せることができず加工が不可能なものも。最も頭を悩ませるのは、そういう製品に取り組むときです。まずは自分で考えたり調べたりした上で、それでも解決法が分からなかったら先輩や上司に相談。すると丁寧に教えてくれるので、それを学びの機会ととらえて知識を蓄えるよう努めています。

仕事のこだわり、
大切にしていることは。

 まずは安全第一。当社で製造するバルブは大きなものが多く、それを回転させて加工するため、一歩間違えたら危険につながる場合もあります。また入社後、初めて一人で加工を行ったとき、段取りのミスで大失敗をした経験があるため、しつこいくらい手順を確認してから仕事を進めるよう心がけています。

どんな人と
働きたいですか?

 ちゃんと自分で考えて行動できる人。製造現場では腰を落ち着けて考えなくてはならない場面も多々あるため、どんな案件と向き合っても前向きに思考できる人は好ましいと思います。また自分だけででなく、次の工程を担当する人ともコミュニケーションをとり、気兼ねなく何でも話せる関係性を築くことができるとなお良いと思いますよ。

一日の流れ
▼7:50

出社。作業着に着替え、前日に追加された作業を確認。

▼8:10

ラジオ体操。その後、月曜は全体朝礼、それ以外の日は部署ごとの朝礼へ。

▼8:30

作業スタート。担当する工程の機械を管理。声がかかれば他工程のヘルプに入ることも。

▼10:00

休憩。お茶を飲んで一息つく。

▼10:05

作業再開。同様に担当機械の加工を見守る。

▼12:10

昼休み。食堂で持参した弁当を食べる。「朝ごはんの残りを詰めた簡単なものですが」。

▼12:55

作業スタート。午前中の続きを行う。

▼15:00

休憩。午前と同様にほっと一息。

▼15:05

作業再開。最後にその日の作業内容を記録する。

▼16:55

作業終了。帰宅後は趣味のプラモデルづくりやジョギングを楽しむ。

技術部 品質保証課 佐藤 凌 2016年入社
細やかな視点で会社の信用を支える仕事。

 バルブが図面通りにつくられているか、寸法は正しいかなど、求められたスペックを満たしていることをチェックし、品質を保証するのが私の仕事。また非破壊検査や、それらに伴う書類の作成も大切な業務の一つです。  私たちが間違いを正しく見つけることは、会社や製品に「マイナス」を生まないことにつながります。だからこそ常に第三者の目線で製品と向き合い、会社の信用を守ることが使命だと感じています。目標は直属の上司。常に工場全体の動きを把握し、どんな質問にも的確な答えをくれる姿に、品質保証はこうあるべきという理想を見ています。私は少々大ざっぱなところがあるので、細やかな気づきを大切に、少しでも近づけるよう努力したいと思っています。

苦労したこと、
それをどう克服しましたか?

 時には、三次元測定機のようなものを使わないと測定不可能なものを測れと言われることも(笑)。それでもなんとかするのが品質保証。無理難題に直面したり板挟みになることも多い部署ですが、普段から他部署との連携や信頼関係づくりに気を配って対処しています。またどんな問題が起きても深刻になりすぎないよう、常に笑顔でいることも心がけています。

仕事のこだわり、
大切にしていることは。

 加工したものを測定し、間違いがあったら指摘する仕事なので、独りよがりや勘違い、見誤りがないよう重ねて確認しています。また、写真と文章で構成する修理品の報告書などは、お客様に分かりやすいよう、きれいに整えて提出することもテーマの一つです。まだ入社2年目なので、あまりこだわりを持ちすぎず、教えてもらったことを素直に吸収するようにしています。

どんな人と
働きたいですか?

 他人を思いやる心を持った人。品質保証は様々な立場の人とやりとりする部署なので、コミュニケーション能力や協調性のある人が向くと思います。製造の現場を見ると、一つのバルブをつくるために多くの人の手が加わっていることを実感できると思いますよ。さらに、ピンポイントではなく広い視野をもって仕事に当たる姿勢も大切だと感じています。

一日の流れ
▼8:00

出社。「地元出身なので実家から通っています」。

▼8:10

ラジオ体操。上司とその日のスケジュール確認と簡単な打ち合わせを行う。

▼8:20

メールチェック。

▼8:30

検査。工場へ出向き、寸法の測定など。

▼10:00

休憩。

▼10:05

検査の続き。日によって書類整理などのデスクワークを行うこともある。

▼12:10

昼休み。自宅が近いので帰宅して昼食をとる。

▼12:55

書類作成。報告書の作成や各種書類の整理などデスクワーク中心。

▼15:00

休憩。

▼15:05

打ち合わせ。設計担当と打ち合わせ。その後、再び工場で計測などを行う。

▼16:30

日報作成。

▼16:55

業務終了。帰宅後は趣味を楽しむ。柏崎まで海釣りに出かけることも。

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
仕事・社風に注目! 一から学べる会社がある!

他にこんな企業も見てみませんか?