にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
仕事・社風に注目! あらゆるニーズに対応する「モノづくり集団」

先輩社員インタビュー

あらゆるニーズに対応する「モノづくり集団」

最新設備と確かな技術、そして社員一人ひとりの創意工夫により高品質・高精度なモノづくりに取り組んでいる中村ターンテック。優れた熟練技術者「にいがた県央マイスター」と入社4年目の先輩社員をご紹介します。

第二機械課
小島 大介 2012年入社
信条/向上心を持ち続ける
畑違いの農学部から製品加工の世界へ。 先輩からの指導で一人前に。
様々な製品づくりに挑戦できるのが、技術者としての醍醐味です。

 私が所属する第二機械課は、主軸移動型のNC旋盤を使って製品を加工しています。モノづくりの工程の中では、棒材を切断し、製品の元となる最初の加工を担当しています。私は社内で一番小さな機械を使用し、直径12mm以下の比較的小型の製品を中心に手がけています。柔らかい素材だと細かい部分が折れたり曲がったりすることもあるので、製品の管理には細心の注意を払っています。
 多品種・小ロットに対応してお客様のニーズに応えるのが当社の特長。そのため毎回違う製品づくりに取り組むことができるのは技術者としての面白みです。

畑違いの世界に飛び込み、頼れる先輩たちのおかげで一人前に。

 農学部卒なので、入社当初は加工についての知識が全くありませんでした。機械の動かし方も分からなかったため、最初は先輩方が加工した製品の寸法測定などを主に担当していました。その経験により業務の流れが把握できたように思います。加工の仕事を覚えるために様々な学びの機会を利用しましたが、最も役立ったのはやはり現場の先輩や上司からのアドバイス。当社は、経験豊かなベテラン社員と若手社員が組んで作業するスタイルのため、分からないことはためらいなくその場で聞ける環境が整っており、それも大きな助けとなりました。

意欲的に取り組むことで、どんどんスキルアップできる好環境。

 この仕事は、5割が次の仕事の準備、3割が検査、2割が雑用です。きちんと事前の準備を整えておくことがスムーズな進行のカギとなります。自分の成長を感じたのは、より難しい加工ができるようになったとき。そして新しく導入された機械にも対応して、より複雑な加工も可能になったときです。当社には、新しいことにチャレンジさせてくれる風土があるので、意欲次第でどんどんスキルアップできるのが一番の魅力。これまで自分が先輩にしてもらったように、後輩が困っていたら手を差し伸べてあげられるような技術者になるのが今後の目標です。

一問一答!Q&A
仕事のやりがい、一番楽しい瞬間は?

 より複雑な加工ができるようになるなど、以前は不可能だったことが可能になり、自分の成長を実感したときにやりがいを感じます。またそれぞれ常に複数の図面を抱え、その作業の進め方や加工法などは個々の裁量に任されているため、自分の考えを反映し、図面どおりの加工ができたときにもこの仕事の面白みを実感しますね。

仕事で難しいと感じたことは?

 大学では農学部に在籍して全く違うことを学んでいたので、周りの工学部卒の人たちに比べると圧倒的な知識の差がありました。それを克服するために、加工や工具に関する外部講習会に参加したり、分からないことは先輩や上司に相談したり、とにかく「聞いて聞いて聞きまくる」という方法で知識を蓄えるよう努めました。

仕事をする上で大切にしていること、こだわりは?

 最も心がけているのは、図面通りに美しくつくること。時間に余裕のあるときは、加工条件や工具をあれこれ試し、より速く、よりきれいに仕上げる方法はないか探っています。また先輩の加工を見せてもらったり、工具カタログの技術資料などに目を通すのも有効な学びにつながるので、空いた時間をそれに充てています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

 明るくて元気なことが一番ではないでしょうか。当社は社員が協力しあって仕事を進めているので、協調性があり、周囲と仲良くできることも大切だと思います。また、機械も工具も常に新しいものが出てきて加工もどんどん変化します。そのため新しいことへの挑戦ができる人、変化に対応できる人が望ましいと思います。

第一機械課
林 正栄
にいがた県央マイスター
1978年入社
座右の銘/継続は力なり
「にいがた県央マイスター」として
若手技術者の育成に力を入れる。
中村ターンテックから 「にいがた県央マイスター」が選ばれる!

 「にいがた県央マイスター」とは、燕・三条地域において継承すべき優れた熟練技能を持つ技術者のこと。2005年に当社の林正栄が選出されました。「これからも技術を磨くとともに難しい加工に挑戦し、お客様のあらゆるニーズに対応していきます」と、さらなる技術の向上に意欲を見せています。

定期的に行っているにいがた県央マイスター塾の作品。マイスターならではの技術が光ります。

切削工具や、測定工具がなければ自ら作り、難測定にも対応し、作業の効率化を図ります。

加工のための工具づくりから手がける、こだわりのモノづくり。

 長いバー材を切断し、製品の元となる最初の加工を担当しています。入社した40年前は、コンピュータではなく手動の機械を使い、大量生産に対応していました。実家が工場だったため、子どものころから工作機械に馴染みがあったことも功を奏して、その専用機や特殊な切削工具をつくることから自分で行い、コストを抑えることにも成功したりもしました。そのような考えは「つくるための機械をつくる」という中村ターンテックの「創意工夫」に取り組む姿勢が生まれるきっかけにもなりました。
 この仕事の魅力は、同じものを大量生産せずに、毎月1000種類を越える部品類の製造に携われること。常に前向きに挑戦し、「作り出す喜び」を感じています。

優れた熟練技術者の証、「にいがた県央マイスター」に。

 20数年前から国家資格の取得を目標に加工技術を磨き、短期間で技能検定の1級を2つ取得。資格という形で技術を表わすことに成功し、2005年には「にいがた県央マイスター」に選ばれました。これは「燕・三条地域の継承すべき熟練技能を持つ技術者に与えられるもの」とのことで、大変光栄に思っています。
 何よりうれしいのは、その功績が会社の信用アップにつながり、「マイスターがいるから」との理由で取り引きしてくれる企業があること。ゼロからの取り組みでしたが、それによって自らの価値を創出できただけでなく、会社に寄与できたことを誇りに思っています。

持ち得る技術の全てを伝えたい。後継者の育成が今後のテーマ

 現在の最大のテーマは後継者の育成です。例えば、特殊な形状の加工には特殊な刃物が必要になるため、それをつくることから仕事が始まります。その点が他社との差別化につながる当社の強みなので、必要となる技術は全て後輩に託さなければなりません。中には数値化できない微細な仕上がりを求められるものもあるため、それらをどれだけ正確に伝えられるかが今後の課題です。
 そのためにもあまり手を出しすぎず、難加工や使用機械のトラブルなどの相談に対して、そのつど的確な指示やアドバイスができるよう努めたいと思っています。

一問一答!Q&A
仕事のやりがい、一番楽しい瞬間は?

 当社の仕事の3割は新規製品。常に新しいことを考えなければ対応できないし、中には一筋縄ではいかない難しい加工もあります。それも含め、当社の特長である「難易度に関わらずオーダーメイド品に応える」という部分は、技術者としてのやりがいに直結します。

仕事で難しいと感じたことは?

 難しい加工に取り組み、様々な創意工夫を施してようやく成功した矢先に受注がストップ。とても残念な思いをしたことがあります。でもしばらくたって、やはり当社の技術が評価され、再発注をいただくことに。大変な思いはしましたが、磨いた技術は決して無駄にならないと改めて実感した出来事でもあります。

仕事をする上で大切にしていること、こだわりは?

 多品種・小ロットで新規製品も多いので、これまでの経験を生かして「機械」「刃物」「加工法」のベストを探り、後輩とよく相談しながら仕事を進めることですね。

どんな人と一緒に働きたいですか?

 この仕事は経験がものを言うので、特別な才能や能力は必要ありません。大切なのは、先輩の指導を素直に聞く力。独自の路線で何かやってやろうと意気込むより、まずは着実に基礎を身につけることが先決です。素直に学びながら、それぞれの作業に意味があることを知り、先輩に追いつけ追い越せで頑張ることのできる人がいいですね。

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
仕事・社風に注目! あらゆるニーズに対応する「モノづくり集団」

他にこんな企業も見てみませんか?