にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです

賃貸事業部&BM事業部の仕事紹介

日生不動産販売株式会社 不動産流通事業部第二課

坪谷 亜佳奈 (2015年入社)
不動産流通事業部の仕事とは?

物件を売りたい人と買いたい人
双方を仲介する仕事です

 不動産流通事業部は名前の通り、不動産の売買を行う部署です。物件としては、土地、一戸建て、マンションほか、投資用の一棟マンションなども取り扱っています。お客様となるのは、それらを探している人、そして売りたいと思っている人。双方を仲介するのが私たちの仕事です。
 同事業部の第一課は土地と一戸建て、第二課はマンションを担当。第二課に所属する私は、その中でも主に中古マンションの売買を行っています。店頭でお客様に応対したり、メールでの問い合わせに応えたり、また物件案内や契約書作成など、引き渡しに至るまでの一連を担います。物件の広さや立地、価格帯など、お客様が漠然と抱いている理想を具現化し、最良の提案を行うことが、私たちに求められている役割だと考えています。


建築、地理、会計など
得意分野の知識を活用できる醍醐味

 当社の場合、事業規模が大きい割には一人ひとりの裁量に任せる部分が多く、マンツーマン指導の後は「やってごらん」と挑戦させてくれる風土があります。また最初の問い合わせから物件探しや案内、契約、引き渡しまで、一人のお客様を一貫して担当するので、幅広い業務を習得でき、一つひとつの案件への思い入れも増します。お客様の希望に沿った提案を心がけ、満足のいく売却・購入に導いた結果、「任せて良かったよ」と喜んでいただけるのは、この仕事の面白みだと思います。
 不動産の仕事は複合的な要素で成り立つため、業務を通じて幅広い知識を得ることができます。同時に、大学時代に学んだ会計をはじめ、昔から好きだった建築や地理など、これまで蓄えてきた知識を駆使して仕事ができるのは、大きなやりがいにつながっています。


より伝わりやすい指導の工夫や
女性が働きやすい環境づくりにも注力したい。

 現在は中古マンションを主に担当していますが、今後は新築マンションの売買にも携わっていけたらと思っています。また、後輩の指導係も私の大切な仕事の一つ。これからも多くの新入社員を迎えると思うので、業務をより伝えやすくするための工夫や、それぞれが学びやすい環境の整備にも、できるかぎり注力したいと考えています。
 不動産販売の事業部において、私は初の女性社員です。今後さらにたくさんの女性に安心して入社してもらえるよう、結婚、出産を経てもイキイキと働き続けられる職場づくりにも努めたいと思っています。

一問一答!Q&A

会社の魅力は?

 当社のようにデベロッパーとして大規模開発を手がける地元企業は珍しく、不動産の仕事に就きたかった私にとって、それは大きな魅力でした。また、新潟で唯一新築分譲を行うなど幅広い事業を展開しているため、それぞれの分野のプロフェッショナルがそろっています。マンションの構造や耐震、防音など、様々な知識を身につけられる環境が整っているのは大きなメリットだと思いますよ。

仕事で難しいと感じたことは?

 仲介業である私たちにとって、物件を売りたい人と買いたい人、どちらもお客様です。そのため、双方の意向がなかなか折り合わないときは苦労します。どちらの意見も丁寧に伺いながら、時にはお客様の意に添わないことも話さなければならないのが大変な部分でしょうか。

仕事をする上で大切にしていること・こだわりは?

 素直さと丁寧さ。私たちの仕事はご年配者や主婦の方、企業の経営者など、様々な方と一歩踏み込んだやりとりをしなくてはなりません。相手の話を真剣に聞き、最善の提案をするために欠かせないのは素直さです。そしてかゆいところに手が届くような、丁寧な対応を常に心がけています。

どんな人と一緒に働きたいですか?

 例えば、街並、地理、建物やその間取りなど、不動産にまつわるものを一つひとつバラしていったとき、その中に興味を持てるものがある人。店舗の新築工事を見かけたら、何が建つんだろうと関心を持ち、ビジネスにつながらないかと考えることのできる人。何か一つを学んだら、さらに一歩進んで追求できる人と一緒に働きたいですね。

とある1日のスケジュール

8:15

出社
メールチェックとその日のスケジュール確認。


8:30

朝礼~課内ミーティング
物件の動きや、新規案件の状況について課内で情報共有。

9:00

デスクワーク
お客様にメール。契約書作成やネット情報の更新を行う。

11:30

定時ではないが休憩は約1時間。大好きな韓国料理などランチは外食がほとんど。

13:00

物件案内
問い合わせのあったお客様を2つの物件に案内。


16:00

デスクワーク
帰社し、案内した物件の売り主に状況報告。

17:00

打ち合わせ
購入希望者が来店。契約についての打ち合わせを行う。

17:30
帰宅
夫とともにジムで汗を流し、一杯飲んでリフレッシュ。


 

 

 

日生不動産株式会社 BM事業部

金子 正浩 (2012年入社)
BM事業部の仕事とは?

マンション、オフィスから商業施設まで

様々なビルを管理

 BMとは「Building Maintenance(ビルメンテナンス)」の略。文字通り、ビルをいつも快適にご利用いただけるようオーナー様に代わって維持管理をしています。具体的には清掃、保守点検、修繕などです。

 実質的な作業は上記作業のマネジメントを行いつつ、オーナー様のご要望をお聞きしていきます。停電など緊急の場合は私たちが直接現場に行って対応することもありますね。新潟市中央区を中心に、マンション、オフィスビル、商業施設など管理するビルは多岐にわたります。


オーナー様との距離の近さが

日生不動産の魅力

日生不動産に入社したのは「ビルメンテナンス事業と不動産事業が社内で連携している」という点に興味を持ったからです。不動産業と連携していることでオーナー様との距離が近く、信頼されていると感じる場面も多くあります。

 また、直接お話しすることでオーナー様のご要望を業務に反映しやすいメリットもあります。例えば修繕が必要になった時はコストと修繕条件をすり合わせて、できる限りオーナー様の希望に沿った提案をします。その後オーナー様から「お願いしてよかった、ありがとう」と喜んでいただけると非常にやりがいを感じますね。


築年数に関わらずビルの価値を

維持・向上させたい

 一般的に、建物は築年数が経過し古くなるほど価値は下がってしまいます。しかし、古くても清潔さや快適さが保たれているビルは築年数だけで価値を判断されることはありません。細部まで行き届いた清掃や保守点検といったメンテナンスが重要です。

 「いつ行っても何となく気持ちのいい建物」ってあると思いませんか? それは古い・新しいは関係ないんですよね。必要なメンテナンスをしっかり行っているかどうか。資産価値の維持・向上や資源の有効活用を通して、自分の携わった仕事が少しでも社会貢献に繋がればと思いながら日々業務に取り組んでいます。

一問一答!Q&A

仕事のやりがい・一番楽しい瞬間は?

 お客様から「日生不動産さんだからお願いする」と言っていただける時が一番嬉しいですね。でも、日々淡々と業務をこなしているだけでは信頼はいただけません。日頃のメンテナンスから停電・故障などの緊急対応まで、様々な問題にスピード感を持って対処することが重要です。

仕事で難しいと感じたことは?

 点検の結果や突発的な故障などで高額な修繕が必要になった場合、オーナー様との折衝は毎回難しさを感じます。オーナー様はできるだけ修繕費を抑えたいわけですが、特に安全面で必要な補修はしっかりしなければなりません。
 コストは抑えつつも必要な修繕ができるよう、修繕条件や期間、資材の選定などで調整します。



仕事をする上で大切にしていること・こだわりは?

 ビルメンテナンス業は日々進化しています。また、法令改正で作業内容が大きく変わることもある業界ですので常に勉強していかなければなりません。
 そのためには初心を忘れず、幅広く情報をキャッチする意欲を持ち続けること。経験を重ねても「自己成長」の心を持ち続けたいと思っています。



どんな人と一緒に働きたいですか?

 つらい時こそ前向きに頑張れる人がいいですね。就職活動中のマナーや振る舞いは、社会人になった時のお客様への接し方と同じです。就職活動にもつらい時があるかもしれませんが、「社会に出るための準備運動」と思って前向きに取り組んでください。いろんな会社や人に接するまたとないチャンスですから、多くのことを吸収してください。

とある1日のスケジュール

8:30〜9:30

出社後、メールチェックと書類整理。部内ミーティング。


9:30〜12:00

管理物件にて作業の管理立ち会い。


12:00

昼食


13:00〜15:00

お客様先へ訪問し、管理させていただいている物件の月次報告及び修繕提案を行う。


15:00〜17:00

管理物件にて、協力会社と修繕提案に向けた現地調査。


17:00

帰社


17:00〜17:30

見積書・報告書・契約書などを作成し、明日に向けた準備を行う。


17:30

帰宅



この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?