にいがた就職応援団ナビ2019

この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです
  • 選抜式の若手社員研修を実施することになりました

    浅田
    こんにちは、このところ毎日まじめな話をしている浅田です。

    マコーでは、また新しい研修制度を設けて、社員の育成を行うことになりました。一昨年から、幹部候補生として中間管理職研修に10名を選抜、昨年は将来のマネージャークラス育成のための若手社員研修へ14名を選抜、そして今回「続・若手研修」として将来主任~マネージャーと期待できそうな若手社員をさらに14名を選抜し、6月から数か月に渡って実施します。テーマは「主体性」の強化、組織・実務を引っ張って行ってくれそうな人材を育てます。

    マコーは、本気になるとお金の掛け方が半端ないです。今回の研修もウン百万円を投資します!そして、なんと言っても実力主義ですから、できる人には選抜して投資していきます!

    これらの研修は、毎年ではなくとも、今後制度として続けます。もしマコーに入社したら、皆さんも選抜されるよう頑張って欲しいです。
    人事TOPICS | 2018.03.27 16:57
  • 評価制度と給与制度

    浅田
    ついに、マコーの会社見学会も今週28日がラストとなってしまいました。
    もう明後日ですが、まだ申し込み受付していますので、お早目にお申込みください。
    さて、先日初任給アップの話を掲載しました。初任給はいいけど入社後もちゃんと給与は上がるの?と思う人も多いと思います。今日は、評価制度と給与制度についてお話しします。

    ①評価制度により、自身の成長、成果をしっかりと客観的に評価してもらう機会があります。
    ②成長・成果にともなって、しっかりと給与もアップします。そんな給与制度が整っています。

    マコーでは、「評価制度」により年2回の上司との面談、それに加え年度末には全社レベルでの「評価委員会」を通じて上司の主観だけではなく他部署から見た評価を加え、社員一人一人を客観的に評価する仕組みがあります。これによって、次年度の給与が決定仕組みです。

    給与制度は、役割と果たすべき責任が明確になった「評価区分」毎に賃金テーブルが決まっており、上記の評価と役割によって賃金が決まる仕組みです。そしてなんと言っても「実力主義」です。成果を上げられる実力を持った人は、評価されどんどん給与も上がっていきます。逆に、成長しない人は上がりません。

    とお話ししましたが、勘違いしないで欲しいこととして、評価制度は給与を上げる仕組みではありません。評価を通じて各自が成長する仕組みです。成長により成果を上げる、この結果給与が上がるという仕組みです。この制度によって、社員に「あるべき姿」を明確にし、それと自身を比べ課題を発見し成長していく、このサイクルを各自でまわすことが大切です。

    マコーは、入社してしまえば学歴は関係ありません。高専卒が大学院卒を抜いてしまうなんてことはザラですし、若い人が役職者へ抜擢されることもザラです。

    ここまで厳しいお話をしましたが、この話から自身がこんな会社なら挑戦してみたい!評価されたい!と思うようでしたら、ぜひマコーに来てください。マコーには、そんな人たちが活躍できる「場」があります。

    人事TOPICS | 2018.03.26 10:40
  • 初任給アップと「評価制度」「給与制度」

    浅田
    こんにちは、マコー浅田です。
    昨日、初任給アップの記事をアップしました。突然のお知らせでしたが、背景として業績が好調であること、これから入社する皆さんの生活が充実しさらに意欲的に仕事のできる環境を作ること、それからマコーは地域No.1企業を目指していることがあります。

    2万円という大幅アップとなりますが、一時的なものではありません。今後、これを維持できる基盤があり、さらに成長していくための戦略があるということです。

    マコーには、社員へオープンにされた「評価制度」と「給与制度」があります。
    これによって、社員が成長し、成果を上げ、それが給与へ反映され昇給する仕組みがしっかりとあります。
    また後日、これについて詳しいお話をします。

    人事TOPICS | 2018.03.23 09:32
  • 求人内容一部変更のご連絡(初任給アップ)

    小倉
    皆さんこんにちは!
    マコー採用担当小倉です。

    2019年度新卒採用の求人内容について、3月22日付で一部変更することになりましたので、ご連絡いたします。

    【変更内容】
    初任給金額を、当初ご案内していた金額から、一律「20,000円」アップいたします。

    ○変更前
     大学院了/基本給 220,000円
     大学卒/基本給 210,000円
     高専卒/基本給 200,000円
    ○変更後
     大学院了/基本給 240,000円
     大学卒/基本給 230,000円
     高専卒/基本給 220,000円

    突然のご案内になり恐縮ですが、ご了承くださいますようお願いいたします。

    今後とも当社をよろしくお願いいたします!

    ----------
    マコー株式会社
    総務部 人事担当 小倉
    0258-47-1729
    (お気軽にお問合せください!)

    採用ホームページ:http://www.macoho.co.jp/recruit/fresh
    人事TOPICS | 2018.03.22 17:10
  • 若手社員成長のための教育プログラム

    浅田
    こんにちは、マコーの浅田です。
    そろそろ合同説明会も一旦ひと段落して、ターゲットの企業の企業説明会へ軸足を移していくころでしょうか。

    さて、皆さんからよく質問いただくことの一つとして、「教育プログラムはどうなっていますか?新入社員教育はどのように行いますか?」という内容のものがあります。今日は、このマコーの教育プログラムを少し紹介します。

    マコーでは、教育にかなり力を入れていまして、恐らく一人当たりの教育費用も、他社に比べて多く掛けています。内容としては、階層別の教育や、職種別の教育、特定の人を選抜して行う教育などさまざまな方法で取り組んでいます。

    そんな中で、3月5日に3ヵ月に渡る「若手社員研修」が一旦終了しました。外部から講師を招き、ウン百万円を投資しての教育です。社内選抜された次期マネージャー候補の14名を対象に計6日間の研修を行い、またこの3月からさらに3か月間、講師から個別コーチを受けながら更なる成長を目指します。


    テーマは、「主体性」。マコーの社員は、主体性を発揮しなければなりません。どの職種でも必ず求められることであり、自分で課題を発見し、自分で考え、解決策を見つけ、そして自ら行動するという、この一連の動きが重要になります。もちろん指示待ちではいけません。誰かが道筋を作ってくれると思っていてはいつまでも成長できません。自分で考えて、自ら行動する行動力が大事です。

    つまり、このような働き方をしたい!という方に、ぜひ入社いただきたいと思っていますし、会社も社員に対してそのような働き方を望んでいます。それを知ることができるのが、マコーの1dayインターンシップです。ぜひご参加いただいて、仕事に対する考え方、自分の望む働き方であるのか、を知って欲しいと思っています。

    席は残りわずかです、お早目にお申込みください。
    人事TOPICS | 2018.03.12 18:54
この企業にエントリーこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?