にいがた就職応援団ナビ2019

  • 夏の募集を継続です

    担当 横川
    本年度新入社員は
    全員めでたく店舗研修を終え、
    6月28日に配属式を行いました。
    7月1日より勤務をスタートします。

    名札から「研修中」の文字が消え、
    お客様から見ても「社員」となるわけですね。


    実質的には
    研修期間中は広く浅く業務を体験していたものが
    一つ一つの作業、仕事について
    身に付くレベル、できるまで取り組んでゆく段階になります。

    個々の能力は同じではありませんから
    これからは取り組みによって差がつくところなのかもしれませんね。


    とはいえ、新入社員研修が終わったわけではありません。
    今後も集合研修はあります。
    次は9月11日に集合です。


    一方、来期の採用活動は
    夏の採用シーズンに突入です。

    いわゆる2次募集、
    夏の採用が本格スタートです。

    また、高卒については
    職場見学が始まります。



    募集・採用のお知らせ | 2018.06.30 16:25
  • 店舗リニューアル

    総務 横川

    大規模改修


    5月17日から6月6日まで
    新潟駅前の「壱勢新潟店」のリニューアル工事を行っていました。

    今回は
    客席ホールの内装(壁・床・天井)を張り替えて
    ドリンクコーナー、ストックスペース、洗浄機コーナーのレイアウト変更
    座敷をひとつ更衣室の拡充とスタッフルームに改築
    女子トイレの増設と、個室席二部屋の新設などを行いました。

    営業している店舗が古びてきたら、きれいにするのはいつものことで
    毎年どこかしらの店舗で行っています。
    お客様も新しくきれいなお店で食事されるほうがいいですものね。

    ただ今回の工事はもう一段踏み込んだ工事で
    新規オープンの一歩手前くらいの規模で行いました。
    コンセプトは「働き方改革(?)」です

    もともと大きな店なので
    スタッフの歩行距離が長かったので
    動きを見直しました。(これを動線と呼びます)

    開店時の設計が客席数を最大限に増やすことになっていたのを
    通路を増やし、曲がり角をなくし
    調理・ドリンク・提供など各ポジションを最短距離で結ぶようにしました。

    合わせて客席を一部更衣室と休憩室(コミュニケーションコーナー)に改装し
    働きやすさ、環境の改善につながる空間を確保しました。


    きれいで清潔感のある内装のほかに
    最短距離で作業が行えて、しっかり休める空間のある店を目指してみました。



    あれれ?
    飲食業らしくない内容になってしまいましたか?

    意外に知られていませんが
    飲食店は常に生まれ変わってゆく
    リニューアルし続ける業界なのですよ。

    これを怠ると古びて人気がなくなり
    事業継続が困難になりますからね。


    付け加えますと
    改装した「壱勢新潟店」では
    新しい店舗に合わせて
    オペレーション改善を続けています
    「人の動き」を最適化しているわけです。

    ハコが新しくなっても人が新しくならないと意味がありませんから。


    本当はこれからが「働き方改革」になるのかもしれません


    ではまた
    飲食業よもやま話 | 2018.06.15 13:21
  • 夏採用スタート

    担当 横川

    まだまだこれからです


    6月1日に採用試験が解禁になりました。
    現実にはその前から説明会や面接を行う企業も多いようで
    6月1日は1次募集の内定解禁日のようになっているようです。

    昨年と比べても学生さんの内定率は上昇とのこと
    就職活動を終えられた方も多いのでしょうか?
    例年と比べ5月以降の合同企業説明会に
    参加される学生さんの数が少ないような気がします


    終わっちゃった???


    皆様、希望の企業から無事に内定を獲得できましたか?


    弊社は終わっていません。
    これから夏採用です。

    まだ決まっていない方
    内定はあるけど就活を続けている方
    お気軽にご連絡、ご相談ください。


    6/15ハイブ長岡
    「やっぱ長岡就職ガイダンス2019」
    会場にて

    ではまた


    募集・採用のお知らせ | 2018.06.15 13:09
  • ゴールデンウィーク

    横川です

    年に3度の繁忙期

    ご無沙汰しました。

    ゴールデンウィーク期間中は各店舗とも書き入れ時なので
    採用活動もお休みしていました。

    「書き入れ時」とは商売上の用語で
    「帳簿にたくさん書き入れる時」ということで「稼ぎ時=繁忙期」という意味です。

    飲食業では
    ・年末年始
    ・ゴールデンウィーク
    ・お盆
    の3回が主な繁忙期になります。
    これらはどの地域でも必ず忙しくなる時期で、
    お祭り、イベントなども地域ごとに書き入れ時となります。

    共通して言えるのは
    連休があり、季節の催事があり、皆様がお出かけになるということで
    やはりたくさんのお客様が来店されます。
    「飲食業」は別名「外食産業」ですから
    お出かけには欠かせませんよね。


    ゴールデンウィーク中は
    私も店舗応援(ヘルプ)に出ていました。
    今年は居酒屋に3回、レストランに2回
    営業参加してきました。

    あ、社長をはじめ本部社員は皆ヘルプに出ていました。
    書き入れ時ですからね(^^)v


    次はお盆に頑張ります。


    飲食業よもやま話 | 2018.05.09 13:44
  • 計数実務研修④

    担当 横川

    神回でした


    新入社員研修を終えてすぐに「計数実務研修」の第4回bがありました。

    <計数実務研修とは>
       主に業務で「必要な数値の裏付け」をテーマとし
       実際に行われている管理業務の理解と実践的な習熟を目指す
       全社員が参加可能な希望制研修。年6回シリーズ。



    今回は4回目ということで本来「数値予測」を解説する予定だったのですが
    来期の予算を作成するためのスケジュールに変更があり
    (予算作成担当者が複数参加しているため)

    ・日々の売り上げ予測から来期の年間売り上げ予測へ
    ・コストバランスの検討とビジネスモデルの策定
    ・達成のための年次計画の作成方法

    などなど、本来3コマで行う講義を一回で解説しなくてはなりませんでした。


    なかなかな荒行だったと思います。
    ただ、本来関連する事柄を基本から積み上げてゆくのではなく
    一気に関連付けて解説したことで
    参加者の理解が急激に深まったような手ごたえがありました。
    (研修のたびにレポートを提出してもらっています)


    どうやら・・・
    参加者のレベルを読み間違えていたのかもしれません。

    開催時のアンケートでは「数字は苦手」が多数を占めていたのですが
    実際の業務に必要な数値については
    「分かりたい、生かしたい」という熱意の方が上回っているようです。

    今回は良い回だったと振り返っています。


    自分自身ももっとレベルアップしなければと気を引き締めました。




    船栄のあれこれ | 2018.04.18 18:01

他にこんな企業も見てみませんか?