にいがた就職応援団ナビ

エントリー
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです
熱と自動化システムで製品と技術を提供!
「人と環境にやさしいものづくり」を目指し、研究開発にも力を入れます。
株式会社タナベ

企業からの最新情報

17/4/13(木)

2018年度新卒採用がスタートしました!エントリー受付中です!

株式会社タナベの採用情報ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当社に興味を持っていただいた方は、ぜひエントリーをしてください。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

17/4/13(木)

【会社説明会お申込み受付中です】全国どこからでも交通費(公共交通機関)全額負担します!

当社の事業内容、会社の事を深く知っていただける会社説明会を開催しています!
皆さんの交通費は、全国どこから来ても当社が全額負担いたします!
興味がある方はお申込みをお願いします。

17/4/13(木)

タナベの事が良くわかる、企業PR動画公開中です!

事業内容が良くわかる、企業PR動画を公開しています!
是非ご覧ください。

企業データ

当社は熱と自動化システムのプロフェッショナルとして、生産設備を提供するメーカーです。各種製造業やエネルギー分野など幅広いニーズに対応しています。
「溶かす技術」と「加熱・焼成技術」の両面で強みを保持。溶かす技術では、製鉄・合金鉄メーカー向けの電気炉、ごみ焼却灰の溶融炉の他、廃棄物の中からリサイクル可能な金属を回収する製錬炉等を提供しています。加熱・焼成面では、自動車部品や電線材料等の熱処理に適した加熱炉、扱いが難しい高機能材料を熱処理できる焼成設備、生産工程で発生した不着物を除去する洗浄設備等を提供しています。また、これらの技術を組み合わせた自動化・省力化機器の開発を通じ、お客様の生産環境の改善に貢献しています。
研究開発にも注力。中でも資源リサイクルに有効な加熱水蒸気を利用した製品開発は評価が高く、(財)にいがた産業創業機構(NICO)のわざづくり支援事業や、(独)新エネルギー・産業技術開発機構(NEDO)の技術開発プロジェクトに参画しています。経産省中小企業庁のものづくり支援事業では、熱処理が難しいリチウムイオン電池原料の連続高温焼成技術開発にも取り組んでいます。
多様化する産業界の製造プロセスの中で、これからも人と地球にとってより美しく快適な環境を実現する技術を提供していきます。
事業内容 熱(工業炉)システムやFA(自動化)システム、の設計・製作・工事・メンテナンス・アフターサービス

※FAシステム:機械や情報システムで工場の作業を自動化する技術
設立 1951年
資本金 6,750万円
代表者 代表取締役社長 田辺 郁雄
社員数 170名
所在地 〒941-8686
新潟県糸魚川市大字大野978
事業所 ◆大野工場
〒941-8686  
新潟県糸魚川市大字大野978
 
◆寺町工場
〒 941-8686
新潟県糸魚川市寺町一丁目9-20

◆東京本部
〒 103-0016
東京都中央区日本橋小網町16-1タナベビル

◆横浜エンジニアリングセンター
〒 221-0822
神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-3-6 コーポフジ202号室
売上高 45億円
関連会社 タナベエンジニアリング(株)
(株)田辺保全社
(株)IVS
沿革 1922年/田辺鉄工所創業
1951年/田辺化工機株式会社設立
1957年/7,000kVA 銑鉄用密閉型電気炉納入
1960年/4,500kVA FeMn用電気炉、15,000kVA CaC2用炉体回転型電気炉納入
1963年/5,400kVA CaC2用電気炉を韓国へ輸出
1968年/50t/d重油焚石灰炉納入
1977年/大野工場完成
1978年/81,000kVA 密閉型FeMn用電気炉6基をソ連へ輸出、81,000kVA 密閉型FeMn用電気炉1基を南アフリカへ輸出
1982年/本社を新潟県糸魚川市大野978へ移す
1984年/
タナベ電子株式会社設立
エナメル線用ガス直燃式光輝焼鈍炉納入
1985年/自動化・省力化機器部門と工業加熱部門を統合し、新たに産機システム事業部と熱システム事業部として発足
1987年/PWTF溶融固化設備(プルトニウム廃棄物処理設備)納入、ロックウール用電気炉をフィンランドへ輸出、ダクロダイズド焼付設備納入
1989年/連続式真空ホットプレス設備納入
1991年/社名を”株式会社タナベ”に改称
1992年/JFE(旧NKK)殿と電気抵抗式灰溶融炉の共同開発開始、UBCデラッカリングプラント納入
1993年/廃石綿等溶融電気炉設備納入
1994年/冷蔵庫用真空断熱材製造ライン納入
1996年/バーナ式廃石綿専用溶融炉設備納入、 核燃料用被覆燃料粒子製造装置納入
1997年/電気抵抗式灰溶融炉を八王子市へ納入、バーナ式灰溶融実証炉を社内実験棟に設置
1998年/自動車用ディスクパッド焼成炉をフランスへ納入
1999年/(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/JFE(旧NKK)殿と中国でCO2削減電気炉省エネモデル事業着工
2000年/タナベ電子株式会社新社屋竣工、バーナ式灰溶融炉設備を鹿児島県日置地区に納入
2001年/創立50周年記念事業・タナベビル(日本橋小網町)に東京本部を移転・ISO9001の認証取得
2002年/春日井市・八街市・富士吉田市等 各所自治体に灰溶融炉設備を納入
2004年/鋳造事業部が船級協会DNV(ノルウェー)の認証を取得
2005年/過熱水蒸気(SHS)利用設備の開発、 (財)にいがた産業創造機構(NICO)殿わざづくり支援事業採択2006年/NICO殿わざづくり支援事業で金属切粉脱脂実証炉を社内実験棟に設置
NEDO殿マグネシウム鍛造部材技術開発プロジェクトに参画
2007年/SHS金属切粉脱脂設備納入
NEDO殿マグネシウム鍛造部材技術開発プロジェクトでリサイクル実証炉を社内実験棟に設置
2008年/鋳造工場増設
2009年/全国中小企業団体中央会殿ものづくり中小企業製品開発等支援事業採択
2011年/創立60周年、ISO14001の認証取得
2016年/新第2試験棟完成(3つの試験棟を有し溶融・溶解から乾燥・焼成等のテストに対応する施設と体制を完備)

連絡先

株式会社タナベ
〒941-8686 新潟県糸魚川市大字大野978
TEL/025-552-1601
E-mail/hitoshi-yamazaki@tanabe-co.co.jp
担当/総務部 山崎
この企業にエントリーするこの企業はエントリー済みです

他にこんな企業も見てみませんか?